「きのこ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月11日zuuonlineフィードバック数:0ビジネス

カルビー、オリエンタルランド…「社長の出身大学ランキング(MARCH編)」

社長の出身大学上位50校カルビー、オリエンタルランド…「社長の出身大学ランキング(MARCH編)」(写真=PIXTA) 帝国データバンクが公表した「2016年全国社長分析」によると、社長の出身大学のトップ10は1位の日本大学から10位の関西大学まで、前年度から全く顔ぶれに変化がなかった。注目されるのは11位の「外国の大学出身の社長」で、14位だった前年度より241人増えていることだ。調査は2015年12月末時点の約146万社を収録した企業概要ファイル「COSMOS2」から、株式会社と有限会社の計

2014年11月2日林野庁フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年の特用林産物の生産動向等について

平成25年の特用林産物の生産動向等について林野庁は、平成25年の特用林産物の生産動向等を取りまとめました。 生産動向等について林野庁は、毎年、特用林産物(※)の各品目ごとに生産量と生産額について調査を行い、特用林産物の生産動向等について公表しています。この調査は、農山村の生産活動に大きく寄与している特用林産物について生産量等の変動の実態を継続的に把握し、その調査結果を分析して、需給の安定等に関する施策を推進することを目的としています。生産動向のポイントきのこ類の生産量は、平成25年は前年

2014年9月12日林野庁フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年 特用林産物の生産量(速報・主要品目)

平成25年 特用林産物の生産量(速報・主要品目)について林野庁は、平成25年 特用林産物の生産量(速報・主要品目)を取りまとめました。 生産量(速報値)について平成25年の生産量について、きのこ類では、「生しいたけ」、「えのきたけ」は前年並み、「ひらたけ」、「まいたけ」、「エリンギ」及び「まつたけ」は前年より増加、「乾しいたけ」、「なめこ」及び「ぶなしめじ」は減少となりました。このほか、「竹炭」は増加し、「たけのこ」、「黒炭」及び「竹酢液」は減少、「白炭」、「木酢液」は前年並みとなりまし

2014年5月27日トレンダーズフィードバック数:0ライフスタイル

「夏の体調管理」に関する意識・実態調査

~2014年夏・トレンド予測レポート~ 『菌活鍋』「夏は体の不調・変化が起きやすい」女性の約9割が回答! 体調管理で注意すべき“三大リスク”は「夏バテ」「夏痩せ」「夏太り」 今夏注目の対策法『菌活鍋』とは? クーラーや冷たい食べ物で体を冷やしがちな夏・・・ 健康志向の高まりとともに、夏メニューとして導入する飲食店も登場生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、2014 年・夏のトレンドとして、『菌活鍋』に注目し、レポートいたします。気温・湿度ともに高くなる日本の夏は

2014年2月4日アイティメディア★フィードバック数:0ライフスタイル

レシートデータの分析です。

「きのこの山」VS.「たけのこの里」戦争に決着!? 購買データ分析で“大差”あり

そろそろバレンタインデーですね。バレンタインといえばチョコレート――ということで、全国民を巻き込みかねない「きのこの山」「たけのこの里」“どっち派”戦争について、無料家計簿アプリ「ReceReco」(レシレコ)の購買データ分析を通じて考察してみたいと思います。「ReceReco」とは?スマートフォンでレシート写真を撮るだけで家計簿を作れる無料iPhone/Androidアプリ。ダウンロード数は115万、登録レシート枚数は2000万枚、登録された支出総額は450億円を超えている(2013年11月時

2013年11月2日林野庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年の特用林産物の生産動向等について

平成24年の特用林産物の生産動向等について林野庁は、平成24年の特用林産物の生産動向等を取りまとめました。 生産動向等について 林野庁は、特用林産物(※)の生産量について各品目ごとに毎年調査を行い、特用林産物の生産量、生産額の動向等について公表しています。この調査は農山村の生産活動に大きく寄与している特用林産物について生産量等の変動の実態を継続的に把握し、その調査結果を分析して、需給の安定等に関する施策を推進することを目的としています。生産動向のポイントきのこ類の生産量は平成12年以降増

2013年4月23日Yahoo!★フィードバック数:159ライフスタイル

検索行動からきのこたけのこを見ています。

「きのこの山VSたけのこの里」決着!? 「きのこの山」圧倒的勝利

「きのこの山VSたけのこの里」決着!? 「きのこの山」圧倒的勝利!ネットで長く続いた合戦も、ついに最終決戦へ!? イラスト/藤田マサトシ大人気のお菓子「きのこの山」と「たけのこの里」。ネットでは長きにわたり「どっち派が多いのか」で、論争が続いてきました。そこで今回は、都道府県別の検索数から、どちらがより多く検索されているのかを調査。なんと調査結果からは、「きのこの山の圧勝」ということがわかりました!まずは、北海道・東北地方。秋田県と青森県は「たけのこの里」の方が検索されているようですが、ほかの県

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ