調査のチカラ TOP > タグ一覧 > こども保険

「こども保険」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年11月21日ビー・スタイルフィードバック数:0社会/政治

しゅふJOB総研調査

幼児教育無償化、待機児童解消、少子化対策・・・働く主婦にメッセージは伝わっているか? こども保険「知らない」51.8% 賛成:25.0% 反対:28.2% わからない:46.8%~しゅふJOB総研調査~2017年11月8日(水)株式会社ビースタイル主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦)の調査機関しゅふJOB総研は『こども保険』をテーマに働く主婦層にアンケート調査を行いましたので以下にご報告します。(有効回答数733

2017年6月2日ウェルクスフィードバック数:0大型消費/投資

「こども保険」認知度は5割以下!保育士・保護者の賛否は?

「こども保険」認知度は5割以下!保育士・保護者の賛否は?少子化が進むなか、その対策に必要な財源を確保するために検討が進んでいる「こども保険」をご存じでしょうか。社会保険料を上乗せすることで得られた財源をもとに、未就学児への支給を増やし、将来的に保育・幼児教育の無償化を目指すという「こども保険」。この新たな施策案を巡っては賛否さまざまな意見が出ています。今回は1時間1000円~24時間 即日も予約手配もできるベビーシッターサービス「キッズライン」を運営する、株式会社キッズラインと共同でアンケート調

2017年6月2日キッズラインフィードバック数:0大型消費/投資

「こども保険」について子育てママと保育士の意見を聞いてみた

「こども保険」について子育てママと保育士の意見を聞いてみた。少子化の大きな目安となる合計特殊出生率は、前回調査時の推計の1.35から1.44へと上方修正したが、人口維持に必要な出生率2.07との開きは大きく、人口減少の速度が緩やかになったにすぎずまだまだ課題は大きい。止まらない少子化に危機を覚え現在少子化対策の一案として検討されている「こども保険」について当事者となる子育てママや、子どもと関わる保育士へのアンケートを実施した。【トピックス】※一部抜粋1. こども保険の認知度は半数以下の46%2.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ