調査のチカラ TOP > タグ一覧 > その他製造業

「その他製造業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年6月29日大阪商工会議所フィードバック数:0社会/政治

第66回経営・経済動向調査

2017 年 6 月 14 日記 者 発 表 資 料大阪経済記者クラブ会員各位公益社団法人 関西経済連合会大 阪 商 工 会 議 所「第66回経営・経済動向調査」結果について関西経済連合会と大阪商工会議所は、会員企業の景気判断や企業経営の実態について把握するため、四半期ごとに標記調査を共同で実施している。今回は5月中旬から6月上旬に 1,627 社を対象に行い、うち 401 社から回答を得た(有効回答率 24.6%)。【調査結果の特徴】1 国内景気について ―3期連続のプラスとなり、先行きも明る

JCC 2015年下期 日系企業景気動向調査(概要)

盤谷会議所(JCC) 経済調査会JCC 2015 年下期 日系企業景気動向調査(概要) JCC 会員企業を対象に年 2 回、景況や財務状況(売上、損益、設備投資)、時々の関心事項などについて実施。1971 年以来 45 年続いている調査で、タイで事業を展開する日系企業の動向を包括的に把握することのできる唯一の調査 調査期間(調査票発送日:2015 年 11 月 24 日 提出期限:2015 年 12 月 23 日) 調査票回収状況(発送数:JCC 会員企業 1,669 社 回答企業数:51

2015年6月28日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ビジネス

円安と原油安の影響です。

円安・原油安の影響に関する調査(全国中小企業動向調査(中小企業編)2015年1-3月期特別調査)

ニュースリリース2 0 1 5 年 6 月 2 6 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所中小企業の4割が、円安は業績に対し「マイナスの影響」が大きいと回答~「プラスの影響」が大きいとする割合は1割、輸出比率の高い企業では、その割合は高い~円安・原油安の影響に関する調査結果  (全国中小企業動向調査(中小企業編)2015年1-3月期特別調査) ○ 2014年秋以降の円安が中小企業の業績に与えた影響についてみると、「マイナスの影響」が大きいと回答した企業割合が42.3%となり、「プラ  スの影響」が

2015年6月18日経済同友会フィードバック数:0社会/政治

2015年6月(第113回)景気定点観測アンケート調査

2015年6月17日公益社団法人 経済同友会2015年6月(第113回)景気定点観測アンケート調査結果調査期間:2015年6月3日~6月12日調査対象:2015年度公益社団法人経済同友会幹事、経済情勢調査会委員、その他委員会登録の計589名経営トップマネジメント(518名)および各地経済同友会代表幹事(71名)集計回答数:257名(回答率=43.6%)〔製造業91名、非製造業166名〕〔公益社団法人経済同友会会員208名、各地経済同友会代表幹事49名〕*本調査は年4回(3月、6月、9月、12月)

埼玉県内企業2014年度冬季ボーナス支給予定調査

●調査レポート埼玉県内企業 2014 年度冬季ボーナス支給予定調査調査対象:県内企業 573 社調査方法:アンケート方式 (11 月上旬郵送回収)有効回答企業:216 社(回答率 37.7%)業種別内訳:製造業 127 社非製造業 89 社要旨○2014 年度の冬季ボーナス支給方針は、全産業でみると、消費増税後の反動減からの回復に力強さが欠けていることなどから、「昨冬とほぼ変わらず」が 51%と過半となっているが、製造業の加工組立型を中心に、「昨冬より増加」も 20%を占め、僅かな改善の動きも見

2014年8月6日日本政策投資銀行★フィードバック数:0ビジネス

日本政策投資銀行の調査です。

企業行動に関する意識調査 2014年6月

平 成 2 6 年 8 月 5 日株式会社日本政策投資銀行産業調査特別アンケート企業行動に関する意識調査結果2014年6月Ⅰ.調査要領1Ⅱ.調査結果1.2013年度の設備投資実績22.国内事業環境に係る認識及び事業スタンス33.国内及び海外の事業活動84.成長市場開拓に向けた取り組み165.研究開発活動・無形資産に係る戦略20- お問い合わせ先 -産業調査部 須賀Tel: 03 (6311) 8589 E-mail: icsuga@dbj.jp部Ⅰ. 調査要領特別アンケート 企業行動に関する意識

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

対外資産負債残高から見た対外直接投資

経済@貯蓄~投資(けいざい・あっと・ちょちく から とうし へ)NO.50対外資産負債残高から見た対外直接投資佐久間 啓専務取締役経済調査部長2013 年末の対外資産負債残高が公表された。対系だ外需系だと言われることがまだまだあるが数外対内証券投資、対外対内直接投資等の取引のデ年後にはそういった分類は大きな意味を持たなくータについては経常収支統計として毎月公表されなっている可能性もあるのではないだろうか。ているが、これは証券投資、直接投資等の年末時点の残高を表すデータであり、年1回の公表であるが

2013年3月3日日本政策投資銀行★フィードバック数:0企業情報システム

企業対象の調査です。

九州企業のBCP(事業継続計画)に関する意識調査

「九州企業のBCP(事業継続計画)に関する意識調査」- 事業継続力向上に向けて -2013年2月株式会社日本政策投資銀行九州支店日本政策投資銀行九州支店【要1.旨】はじめに2011 年の東日本大震災および同年秋にタイで発生した水害に加え、九州においては近時台風や集中豪雨による被害が続いており、企業における防災・事業継続への関心も高まってきている。また、2012 年 8 月には、国の有識者会議が「南海トラフ」の巨大地震の被害想定の二次報告を発表し、国や自治体においても震災対策の見直しが迫られること

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ