調査のチカラ TOP > タグ一覧 > みずほ中国経済

「みずほ中国経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年1月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2015年1・2月合併号

[みずほ中国経済情報]2015年1・2月合併号

2014年11月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2014年11月号

みずほ中国経済情報2014年11月号[中国経済の概況][景気動向]◆ 10月の主要指標は内需がやや力強さに欠ける。輸出は回復傾向を維持したものの、EU向けの伸びが鈍化。◆ CPI上昇率は横ばい、PPI上昇率は3カ月連続でマイナス幅拡大。住宅価格指数の前月比は2カ月連続でマイナス幅縮小。◆ マネーサプライの伸びは鈍化。新規貸出額と社会融資総額の増加幅は大幅に縮小。人民銀行は2012年7月以来の利下げを実施。[注目点:2年4か月ぶりの利下げの狙いとその評価]◆ 人民銀行は11月21日、貸出基準金利と

2014年10月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2014年10月号

みずほ中国経済情報2014年10月号[中国経済の概況][景気動向]◆ 2014年7~9月期の実質GDP成長率は前年比+7.3%と、4~6月期(同+7.5%)から減速。不動産投資の減速が成長を下押し。◆ 9月単月の主要指標をみると、内需に弱さが残る一方、外需は堅調。CPIは鈍化、PPIはマイナス幅拡大。不動産価格に先行して変動する傾向のある不動産販売面積の伸びは、小幅ながらマイナス幅が縮小。◆ 銀行貸出残高の伸びはほぼ横ばい。社会融資総額の新規増加額は拡大。人民銀行は、常備貸借ファシリティーによる

2014年5月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2014年5月号

みずほ中国経済情報2014年5月号[中国経済の概況][景気動向]◆ 4月の主要経済指標は、投資、消費、不動産販売など内需中心に弱含みがみられた。一方、外需には回復の兆し。◆ CPIは鈍化、PPIはマイナス幅縮小。住宅価格は伸び鈍化傾向が続く。◆ 銀行貸出残高の伸びは鈍化。銀行以外からの資金調達も含む社会融資総額の増加幅も縮小。人民銀行はレポによる資金吸収を継続するも、流動性は潤沢。[注目点:住宅購入促進策を講じ始めた地方政府]◆ 住宅価格の鈍化傾向を背景に、複数の地方政府が、住宅購入促進策とも解

2013年5月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2013年4月号

みずほ中国経済情報2013年4月号[中国経済の概況][景気動向]◆ 2013年1~3月期の実質GDP成長率は前年同期比+7.7%と、緩やかな回復持続を見込んでいた市場予想に反して小幅に減速。◆ 3月の主要経済指標をみても、工業生産などから回復力の弱さがうかがえる。◆ 銀行貸出は企業向けを中心に増加。銀行以外からの資金調達を含む「社会融資総額」も大幅に拡大。人民銀行は、春節明け以降、レポを主体とした流動性の調整を継続。[注目点:全国35都市が住宅市場コントロール策の細則を実施]◆ 中国政府は、2月

2013年2月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2013年1・2月合併号

[みずほ中国経済情報]2013年1・2月合併号

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ