調査のチカラ TOP > タグ一覧 > みずほ総合研究所予測

「みずほ総合研究所予測」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の実質賃金は1.2%増~中小企業の間でも賃上げの動きが拡大へ~

みずほインサイト日本経済2015 年 3 月 3 日2015 年度の実質賃金は 1.2%増みずほ総合研究所調査本部中小企業の間でも賃上げの動きが拡大へ経済調査部03-3591-1400○ 2015年春季労使交渉の結果、昨年を上回るベースアップが実現する可能性が高い。民間主要企業の賃上げ率は2.35%(ベア率0.6%)と予測○ 中小企業では業績の低迷などが2014年の賃上げの障害となっていた模様だが、2015年は増税後の落ち込みからの景気回復、原油安による収益改善が中小企業の賃上げを後押し○ 名目

2015年2月18日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

経済見通しです。

2014・15・16年度 内外経済見通し~世界経済の回復は勢いを欠くも、日米の成長ペース拡大~

2014・15・16年度 内外経済見通し∼世界経済の回復は勢いを欠くも、日米の成長ペース拡大 ∼2015.2.17Copyright Mizuho Research Institute Ltd. All Rights Reserved.見通しのポイント○ 新興国の成長鈍化や資源国の落ち込みはあるも、先進国の持ち直しが世界経済を下支え○ 昨年後半から原油価格急落。原油輸入国中心に景気押し上げ要因となる一方、資源国経済の不安定化やクレジットリスク高まりなどは世界経済にとって不安要素○ 原油価格下落は

2014年12月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し~原油価格下落が世界経済を下支え、金融面への影響には留意~

2014・15年度 内外経済見通し~ 原油価格下落が世界経済を下支え、金融面への影響には留意 ~2014.12.18Copyright Mizuho Research Institute Ltd. All Rights Reserved.見通し概要 ~世界経済の回復シナリオは維持するも、下振れリスクが残存○ 2014年の世界経済成長率(みずほ総合研究所予測対象の国・地域加重平均ベース)は、+3.2%と概ね2013年並みだが、先進国を中心に回復ペースが強まり、2015年の世界経済成長率は+3.5%

2014年11月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し~「トリプルメリット」が押し上げる日本経済~

2014・15年度 内外経済見通し∼ 「トリプルメリット」が押し上げる日本経済 ∼2014.11.18Copyright Mizuho Research Institute Ltd. All Rights Reserved.見通しのポイント○ 世界経済は先進国中心に緩やかな拡大が続くものの、需要不足の状況は続く○ 世界は下振れリスクを抱えるが、2年前の世界的景気後退期と比べて米国経済の拡大という点で大きく異なる○ リスク要因は、中国や欧州経済の下振れ、地政学問題、バブル懸念など○ 日本経済は消費

2014年4月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(4月14日~4月18日)

経済指標解説2014 年 4 月 11 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測千野珠衣(4/14~4/18)tamai.chino@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1294)内はみずほ総研予想16日 :黒田日銀総裁挨拶(第89回信託大会)、2月の設備稼働率17日 :3月の消費動向調査:内閣府月例経済報告(4月)18日 :2月の第3次産業活動指数(前月比+0.4%、前年比+1.2%)5カ月ぶりの経常黒字8日に発表された2月の経常収支(原数値)は+

2014年4月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2014年4月7日~4月11日)

経済指標解説2014 年 4 月 4 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測千野珠衣(4/7~4/11)tamai.chino@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1294)内はみずほ総研予想7日8日:2月の景気動向指数(CI先行指数109.6、CI一致指数113.4):2月の経常収支(6,017億円の経常黒字):3月の景気ウォッチャー調査:日銀金融政策決定会合(7・8日)、日銀総裁定例記者会見9日 :日銀金融経済月報(4月)10日 :2月の機械受

2014年2月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(2月24日~2月28日)

経済指標解説2014 年 2 月 21 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測齋藤 周(2/24~2/28)amane.saito@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1283)内はみずほ総研予想28日 :1月の鉱工業生産指数(前月比+4.8%、前年比+11.5%):1月の全国消費者物価指数(除く生鮮)(前月比▲0.2%、前年比+1.3%):2月の東京都区部消費者物価指数(除く生鮮)(前月比▲0.1%、前年比+0.7%):1月の小売業販売額(前年比

2013年11月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

主要な経済指標の発表予定と予測(2013年11月25日~11月29日)

経済指標解説2013 年 11 月 22 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測齋藤 周(11/25~11/29)amane.saito@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1283)内はみずほ総研予想26日 :日銀金融政策決定会合議事要旨(10/31分)28日 :10月の小売業販売額(前年比+1.5%)、大型小売店販売額(前年比▲0.5%)29日 :10月の鉱工業生産指数(前月比+2.3%、前年比+6.6%):10月の全国消費者物価指数(除く生鮮

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ