調査のチカラ TOP > タグ一覧 > みなと銀行

「みなと銀行」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月3日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

関西アーバン銀行・みなと銀行・近畿大阪銀行 「取引企業」調査

関西アーバン銀行・みなと銀行・近畿大阪銀行 「取引企業」調査 公開日付:2017.02.23 2月20日、三井住友フィナンシャルグループの関西アーバン銀行(大阪府)、みなと銀行(兵庫県)と、りそなホールディングス傘下の近畿大阪銀行(大阪府)が経営統合を協議との報道がなされた。総資産(2016年9月中間期連結ベース)は、関西アーバン銀行が4兆5,187億円、みなと銀行が3兆5,103億円、近畿大阪銀行が3兆5,809億円で、3行合計では11兆6,100億円となる。東京商工リサーチでは保有する企業デ

2014年12月29日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第12回兵庫県メーンバンク調査

2014年12月22日メガバンクのシェア低下〜 尼崎信用金庫、三桁増 〜 政府、日本銀行が2%の「物価安定の目標」を旗印に、量的質的金融緩和策を続けていることにより、為替は一時1ドル=120円台へと円安が進み、株価も18000円を超えるなど、アベノミクスによる経済効果が顕在化している。しかし、一方では、7月〜9月の実質GDPが年率換算で1.9%減となるなど、日本経済の足元は盤石とは言い難い状況でもある。さらに、一部では量的緩和によって市場には資金が溢れていることから、バブル経済への懸念の声も出

2013年12月23日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第11回兵庫県メーンバンク調査

2013年12月16日盤石の三井住友 11年連続シェアトップ〜 但陽信金がりそなを抜いてトップ10入り 〜 今年3月末に終了した「中小企業金融円滑化法」、アベノミクスによる大規模金融緩和など、2013年は日本経済にとって大きな転換点であった。特に企業と金融機関、とりわけメーンバンクとの関係は今までにない局面を迎えようとしている。これまでのところ、不安視されていた金融機関の融資態度の硬化は表面化していない。しかし、業績回復に時間を要し、追加融資を得られずに倒産する企業も散見されるなど、円滑化法の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ