「ゆかた」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年4月17日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

呉服市場に関する調査を実施(2018年)

呉服市場に関する調査を実施(2018年) ~需要は二極化、高価格帯商品が好調の一方、中価格帯商品が苦戦~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内呉服市場の調査を実施した。1. 調査期間:2017年11月~2018年3月2. 調査対象:呉服関連メーカー、呉服関連卸売業、呉服関連小売業等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、郵送アンケート、及び文献調査併用<呉服市場とは>本調査における呉服市場には、正絹のきもの、紬類のきもの、帯類、リサイクルきものの他、和装小物、ゆかた、合繊素

2018年2月19日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

着物に関するアンケート調査(第2回)

■着物着用経験者(子供の頃以外)は全体の約55%、男性3割強、女性8割強。「1回しか着た事がない」が、着用経験者の3割弱、5年に1回以下が5割弱。着用時に不安・困ることは「自分で着られない」「購入すると高い」「機会が少ない」「着付けや準備に時間がかかる」「手入れが面倒」「長時間着続けるのが辛い」が各3~4割。■着物を着たときの準備方法は、「レンタルした」が着用経験者の人の4割弱。「買ってもらった」が4割、「自分で買った」が2割。着物所有者は全体の4割弱、女性40代で5割弱、女性50代以上で8割弱

第277回 夏のお楽しみ“花火大会・盆踊り” 2006.08.03~2006.08.09

花火大会・盆踊りのことならハッピー・ノート.com! ●分析今年は梅雨明けからいきなり夏本番にスイッチ。毎日うだるような暑さが続き、早くもバテ気味の方がいらっしゃるかもしれませんが、夏はお楽しみがいっぱいの季節。中でも花火・盆踊りは夏を代表する催しですよね。今年も全国各地でさまざまな花火大会・盆踊りが開かれ、55192ファミリーも家族そろってお出かけされるのでは?そこでお盆を目前に控えた今週は、「花火大会・盆踊り」をテーマにリサーチ。夏の夜空を彩る花火のように、どど~んと結果発表しちゃいましょ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ