「わが国」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ベトナムの保険監督と販売動向-わが国と国民性が類似したベトナムの保険事情

ベトナムの保険監督と販売動向-わが国と国民性が類似したベトナムの保険事情 | ニッセイ基礎研究所 ベトナムの保険監督と販売動向-わが国と国民性が類似したベトナムの保険事情 保険研究部 上席研究員 小林 雅史基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ベトナムは、共産党を唯一の合法政党とする社会主義国で、南北1600キロにわたる細長い国土の面積は32万9241平方キロ(日本

今月の経済・金融情勢2015年6月23日号

2015.6.23今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2015年6月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融【米【日国】本】情 勢 資 料2 0 1 5 年 6 月•6月16~17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0~0.25%)の現状維持を決定した。FOMC後に公表された経済・金利見通しでは、FOMCメンバー17人のうち、15人が年内に1~

2015年6月23日国立環境研究★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度のデータです。

わが国の2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量について

2015年6月号 [Vol.26 No.3] 通巻第295号 201506_295001わが国の2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量について 〜京都議定書の第二約束期間における最初の排出量の報告〜地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 高度技能専門員 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 連携研究グループ長 はじめにわが国は国連気候変動枠組条約(以下、UNFCCC)のもと、国際的な責務として日本国の温室効果ガスの排出吸収量の算定を行っています。国立環

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

「一難去ってまた一難」の韓国経済 ~MERS感染拡大の長期化による悪影響に懸念~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート「一難去ってまた一難」の韓国経済~MERS感染拡大の長期化による悪影響に懸念~発表日:2015年6月16日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 韓国経済を巡っては、中国の景気減速や通貨ウォン高による輸出競争力の低下に伴い力強さを欠いている。昨年は旅客船沈没事故を契機に内需低迷が深刻化したが、その影響が一巡しつつあるなか、足下ではMERS感染の影響が懸念される。政府・中銀は景気対策

2015年6月5日日本政策金融公庫★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ソーシャルビジネスについての調査です。

わが国ソーシャルビジネスの「社会性」と「事業性」

わが国ソーシャルビジネスの「社会性」と「事業性」

今月の経済・金融情勢2015年5月28日号

2015.5.28今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2015年5月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融【米国】情 勢 資 料2 0 1 5 年 5 月•5月28~29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0~0.25%)の現状維持を決定した。利上げ時期やそのペースについての発言はなかったものの、雇用統計が総じて改善傾向にあることなどから、市

今月の経済・金融情勢2015年4月21日号

2015.4.21今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2015年4月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融【米国】情 勢 資 料2 0 1 5 年 4 月•3月17~18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0~0.25%)の現状維持を決定する一方、政策の正常化(利上げ)に向けて「忍耐強く」対応するとの文言を削除した。ただし、成長率やインフレ率

高齢者対象の調査です。

高齢者の社会参画に関する調査

高連協「高齢者の社会参画に関する調査」結果のご報告 (高連協加盟団体による全国アンケート調査) 2015年わが国は、団塊世代も65歳以上となり、国民の4人に1人が高齢者とういう社会状況から、高齢者の社会参画は不可欠と言われています。わが国の高齢社会に関わるNGO、NPO等の連合体「高連協」は、「国連・国際高齢者年1999」以来、「すべての世代のための社会づくり」を目指した「高齢者の社会参画」の推進運動を展開しておりますが、2015年を迎え、改めて、「高齢者の社会参画に関する調査」を行いました。今

オランダの保険監督と販売動向-わが国にはじめて保険の概念をもたらした国の保険事情

オランダの保険監督と販売動向-わが国にはじめて保険の概念をもたらした国の保険事情 | ニッセイ基礎研究所 オランダの保険監督と販売動向-わが国にはじめて保険の概念をもたらした国の保険事情 保険研究部 上席研究員 小林 雅史基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 「オランダは、面積は九州とほぼ同じ、人口1679万人、GNP8000億ドル(世界第18位)の、風車とチューリ

2015年3月28日日本総研★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドについてのレポートです。

わが国のインバウンド需要の先行きと課題-需要拡大が見込まれる一方、継続的な政策面の後押しが不可欠

Research Focushttp://www.jri.co.jp2015年3月27日No.2014-060わが国のインバウンド需要の先行きと課題― 需要拡大が見込まれる一方、継続的な政策面の後押しが不可欠 ―調査部 研究員 長井翔吾《要 点》◆ わが国を訪れる外国人(訪日外客)数は、一時的な落ち込みがみられたものの、総じて増加基調にあり、2014年は1,341万人に。2014年の訪日客による消費総額は2兆円を突破するなどインバウンド消費がわが国経済へ与える影響も拡大。そこで、訪日外客数が増加

2015年3月28日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)わが国の輸出を取り巻く環境変化:世界貿易量と輸出シェアからのアプローチ

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 わが国の輸出を取り巻く環境変化:世界貿易量と輸出シェアからのアプローチ2015年3月26日調査統計局 倉知善行、安藤雅俊、庄子可那子*要旨わが国の輸出は、リーマン・ショック以降、勢いを欠く状態が続いてきた。本稿では、この間の輸出動向について、「世界的な貿易量」と「それに占める日本のシェア」に分解して考察する。その結果、(1)世界的な貿易活動の伸び悩みに加え、(2)情報関連分野における趨勢的な競争力低下、(3)グローバル

物価上昇が望ましいわけではない

2015/03/19 ◆円安がもたらした物価上昇変動が激しいとされるエネルギーと食料品を除いた項目を対象にした消費者物価指数(コアコア)は、まさに消費者物価の核をなす部分だと言える。この指数の推移をみると、十数年にわたって下落し続けている。まさにデフレが続いてきたわけだ(図1では2005年以来の推移を示した)。図1 消費者物価(コアコア)と円の名目実効レートその物価指数は、2012年末に底を打って上昇に転じ、14年の春に消費税率の引き上げを受けて急騰した後も上昇が続いている。つまり13年以降の2

2015年3月3日NTTデータ経営研究所フィードバック数:0社会/政治

わが国は豊かさを感じにくい国となるのか~~高齢化と労働市場の構造変化が示唆するもの

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2015年3月2日日本総研★フィードバック数:0ビジネス

日本総研のレポートです。

わが国におけるベンチャー支援の在り方-既存企業とベンチャー企業のパートナーシップを通じたベンチャー・エコシステムの形成に向けて

わが国におけるベンチャー支援の在り方─既存企業とベンチャー企業のパートナーシップを通じたベンチャー・エコシステムの形成に向けて─調査部 主任研究員 野村 敦子目   次1.はじめに2.わが国のベンチャー支援の現状と問題点(1)低調なわが国の起業活動(2)わが国のベンチャー支援にかかる問題3.海外の取り組み事例(1)ケンブリッジ(2)ロンドン(3)バイエルン州(4)共通するキーファクター4.わが国におけるベンチャー・エコシステムの形成に向けて(1)ベンチャー・エコシステムの必要性(2)既存企業の関

2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今月の経済・金融情勢2015年02月23日号

2015.2.23今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2015年2月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米 国•情 勢 資 料2 0 1 5 年 2 月1月27~28日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0~0.25%)の現状維持を決定し、政策の正常化に 向けて「忍耐強く」対応するとの姿勢も維持した。なお、「相当な期間維持する」との文言は削除

2015年2月20日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル

【2015年春闘の展望と課題(1)】持続的賃上げに向けた2つの条件

Research Focushttp://www.jri.co.jp2015 年2月 20 日No.2014-051≪2015 年春闘の展望と課題①≫持続的賃上げに向けた2つの条件調査部 チーフエコノミスト 山田 久《要 点》 2015 年春闘(春季労使交渉)は、労使ともに賃上げの必要性を認めた上でのスタートとなった。この背景にあるのは、業績の改善で企業の支払能力が出てきていることに加え、2年目となる政労使会議において政府から賃上げ要請が行われきたことの影響も指摘でき、政府主導の賃上げを「官製

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今月の経済・金融情勢2015年1月26日号

2015.1.26今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2015年1月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米日国本情 勢 資 料2 0 1 5 年 1 月•12月16~17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0~0.25%)について、前回までの「相当な期間維持する」との文言を残しつつ、政策の正常化に向けては「忍耐強く」対応すると、15年内の利

2015年2月1日ちばぎん総合研究所フィードバック数:0社会/政治

高齢化、日本は世界に比べ数十年先行

わたしの意見 ― 水野 創高齢化、日本は世界に比べ数十年先行(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」1月29日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]日本の高齢化は世界一だ。政府の「まち・ひと・しごと創生本部」が旗を振り、これから各地域が取り組む地方創生事業でも、子育てしやすい街づくりとともに、高齢者が安心、安全、元気に過ごせる街づくりが目指されることになる。そして、その成功事例は後に続く世界に広く貢献することが期待される。それでは、日本の高齢化は世界に比べどのくらい先行し

2015年1月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

気候変動対策と国際競争力

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今年は年末にCOP21があり、2020年以降の気候変動対策の国際枠組み合意が目指されている。このため、各国は「COP21に十分に先立って」、「準備ができる国は2015年3月までに」、2020年以降の気候変動対策案(約束草案)の提出が求められており、わが国でも早期の提出に向けて議論が始まったところだ。京都議定書第一約束期間(2008年~2012年)の削減目標(温室効果ガス排出量1990年比▲6%)達成の

今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状 2014年12月22日号

今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状 2014年12月22日号

2014年12月15日日本総研フィードバック数:0ビジネス

【解説 法人税減税を考える(上)】わが国が勝ち残るための改革を-狭い枠組みにとらわれない議論が必要

【解説 法人税減税を考える(上)】わが国が勝ち残るための改革を-狭い枠組みにとらわれない議論が必要

2014年12月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【2014~2016年度日本経済見通し】再生に向け正念場に立つわが国経済-増税延期が当面プラスも、真に求められる成長力強化

【2014~2016年度日本経済見通し】再生に向け正念場に立つわが国経済-増税延期が当面プラスも、真に求められる成長力強化

今月の経済金融情勢2014年11月25日号

2014.11.262014.11.28 BRICs+豪加筆修正今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年11月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米国情 勢 資 料2 0 1 4 年 1 1 月•10月28~29日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、債券買入額(当初850億ドル)を10月末をもってゼロとし、12年9月に開始した量的緩和策第3弾(Q

人口動態に揺れる持ち家動向~~「高齢層はピーク更新、現役層はボトム更新」の謎

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

貿易収支の動向です。

最近のわが国の輸出入動向について

最近のわが国の輸出入動向について

今月の経済・金融情勢2014年10月23日号

2014.10.23今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年10月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米 国•情 勢 資 料2 0 1 4 年 1 0 月9月16~17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850 億ドル、13年12月以降FOMC実施ごとに100億ドルずつ減額)を、9月から150億

2014年10月15日富国生命保険★フィードバック数:0大型消費/投資

住宅・土地統計調査の分析です。

わが国の住宅ストックの現状

わが国の住宅ストックの現状

今月の経済・金融情勢2014年9月22日号

2014.9.22今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年9月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米日国本金融市場情 勢 資 料2 0 1 4 年 9 月•9月16~17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル、13年12月以降FOMC実施ごとに100億ドルずつ減額)を、9月から150億

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:わが国の輸出は持ち直すのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:わが国の輸出は持ち直すのか?メインシナリオでは、日本経済は緩やかな回復軌道を辿る見通し ◆経済見通しを改訂:2014年4-6月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+0.7%(前回:同+0.7%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である(→詳細は、熊谷亮丸他「第182回 日本経済予測(改訂版)」(2014年9月8日)参

今月の経済・金融情勢2014年08月27日号

2014.8.27今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年8月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米日国本金融市場情 勢 資 料2 0 1 4 年 8 月•7月29~30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル、昨年12月以降FOMCごとに100億ドルずつ減額)を、8月から250億ドルに

今月の経済・金融情勢2014年08月22日号

2014.8.22今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年8月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米日国本金融市場情 勢 資 料2 0 1 4 年 8 月•7月29~30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル、昨年12月以降FOMCごとに100億ドルずつ減額)を、8月から250億ドルに

2014年8月17日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成22年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発事業(わが国におけるデータセンターの振興及び国際競争力強化に関する調査研究)

平成22年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発事業(わが国におけるデータセンターの振興及び国際競争力強化に関する調査研究)

今月の経済・金融情勢2014年7月22日号

2014.7.22今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年7月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 4 年 7 月米国•6月17~18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル、昨年12月以降FOMCごとに100億ドルずつ減額)を、7月から350億ドルに減額すること

2014年7月25日三重銀行フィードバック数:0大型消費/投資

海外からの誘客力強化が期待されるわが国観光~全国・中部・三重の観光産業の現状と今後の課題~

海外からの誘客力強化が期待されるわが国観光~全国・中部・三重の観光産業の現状と今後の課題~

2014年7月16日経済産業研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

セミナー資料です。

決済システムの未来

決済システムの未来小田 圭一郎 (RIETI上席研究員・研究コーディネーター(研究調整担当)) 決済サービスのエンドユーザーの経済活動は、スマートフォン等によるITユビキタス化、グローバルサプライチェーンの形成等により、急速な変革を示している。経済社会の基礎的インフラである決済システムも、この流れに沿って革新させていかねばならない。こうした動きは、欧州等ではすでに現実のものとなっており、米国も追随する動きを示している等、急速に進展している。わが国においても、中核的インフラである日銀ネットの更改な

「女性活用」は、食育から。- 男性が家事しない国ランキング第3位の日本。わが国の人々が「日本らしく」幸せに生きるために

「女性活用」は、食育から。- 男性が家事しない国ランキング第3位の日本。わが国の人々が「日本らしく」幸せに生きるために | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 暮らし > ライフデザイン > 「女性活用」は、食育から。- 男性が家事しない国ランキング第3位の日本。わが国の人々が「日本らしく」幸せに生きるために「女性活用」は、食育から。- 男性が家事しない国ランキング第3位の日本。わが国の人々が「日本らしく」幸せに生きるために 生活研究部 研究員 天野 馨南子基礎研 Re

今月の経済・金融情勢2014年6月23日号

2014.6.23今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年6月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米日国本金融市場情 勢 資 料2 0 1 4 年 6 月•6月17~18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル)を、13年12月(750億ドル)、14年1月(650億ドル)、同年3月(55

2014年6月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:成長戦略策定を受けた「アベノミクス」の課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:成長戦略策定を受けた「アベノミクス」の課題①「貯蓄から投資へ」、②少子化対策、について検証する ◆:2014年1-3月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+1.1%(前回:同+1.0%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である(→詳細は、熊谷亮丸他「第181回 日本経済予測(改訂版)」(2014年6月9日)参照)。今

わが国の国際競争力の強化への期待をこめて-IMDによる直近のランキングの公表を踏まえて

わが国の国際競争力の強化への期待をこめて-IMDによる直近のランキングの公表を踏まえて | ニッセイ基礎研究所 わが国の国際競争力の強化への期待をこめて-IMDによる直近のランキングの公表を踏まえて 保険研究部 兼 経済研究部 主席研究員 アジア部長 General Manager for Asia 平賀 富一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5月22日、スイス

2014年6月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今月の経済・金融情勢2014年5月26日号

2014.5.26今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年5月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 4 年 5 月1.米国では、4月29~30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル)を、13年12月(750億ドル)、14年1月(650億ドル)、同年3月(550億ド

今月の経済・金融情勢2014年4月21日号

2014.4.21今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年4月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 4 年 4 月1.米国では、3月18~19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル)を、13年12月(750億ドル)、14年2月(650億ドル)に続けて縮小し、4月か

2014年4月23日富国生命保険フィードバック数:0社会/政治

わが国の厳しい財政状況

わが国の厳しい財政状況

2014年4月21日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シェール革命の影響についてのレポートです。

シェール革命進展の影響とわが国の対応-変化する世界的供給構造と産業の競争環境

シェール革命進展の影響とわが国の対応-変化する世界的供給構造と産業の競争環境

2014年4月14日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【税・社会保障改革シリーズ No.17】法人実効税率引き下げにおける議論のポイント-議論を法人税の枠内にとどめず、抜本改革に着手せよ

Research Focushttp://www.jri.co.jp≪税・社会保障改革シリーズ No.17≫2014 年 4 月 14 日No.2014-004法人実効税率引き下げにおける議論のポイント― 議論を法人税の枠内にとどめず、抜本改革に着手せよ ―調査部 研究員 立岡健二郎《要 点》法人税改革の議論が進められている。焦点とされているのは、諸外国よりなお高い法人実効税率の引き下げであり、政府は6月に策定する新成長戦略に法人税改革を盛り込む方針を示している。本リポートでは、実効税率引き下

2014年4月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

ボランティアは定着するか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ボランティアは定着するか「共助」が求められる中で 社会保障の財源不足が問題となっている。医療や介護においても、もはや国が主体の「公助」のみに頼らず、自身の健康について自ら維持・管理していく「自助」が求められるようになった。さらに震災後に大きく見直された親族・近隣との『絆』なども後押しとなり、地域コミュニティや住民同士の支えあいに基づく『地域包括ケア』などの「共助」が政策としても取り上げられるようになっ

今月の経済・金融情勢2014年3月24日号

2014.3.24今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年3月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 4 年 3 月1.米国では、3月18~19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル)を、13年12月(750億ドル)、14年2月(650億ドル)からさらに縮小し、4月

IT産業についてのまとめです。

わが国の情報サービス産業2014

説明情報サービス産業の現状、歴史、統計、国際動向などを分かりやすく解説しています。内容紹介 JISA「わが国の情報サービス産業」は、情報サービス産業の現状、歴史、統計、国際動向などをわかりやすく解説した資料です。本資料は例年、会社説明会、新入社員研修、各種勉強会の基礎資料として、JISA会員をはじめ多くの企業、官公庁・自治体からご利用いただいております。2014年版は冊子の販売はせずPDFを無料公開し、今回を最後に「わが国の情報サービス産業」の刊行を終了することになりました。また次年度以降には新

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第180回日本経済予測(改訂版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第180回日本経済予測(改訂版)日本経済に関する4つの論点を検証する~①賃上げ、②日銀の物価目標、③経常赤字、④格差問題~ :2013年10-12月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+2.2%(前回:同+2.3%)、2014年度が同+1.0%(同:同+1.0%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である。今後の日本経済は、①米国経済

2014年3月2日日本政策投資銀行★★フィードバック数:0ライフスタイル

医療機器市場についてのレポートです。

医療機器クラスター形成に向けた地域の動向~各地での取り組みがわが国の競争力強化に寄与~

医療機器クラスター形成に向けた地域の動向~各地での取り組みがわが国の競争力強化に寄与~

2014年2月24日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

経済見通しです。

第180回日本経済予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第180回日本経済予測日本経済に関する4つの論点を検証する~①賃上げ、②日銀の物価目標、③経常赤字、④格差問題~ :2013年10-12月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+2.3%(前回:同+2.5%)、2014年度が同+1.0%(同:同+1.0%)、今回新たに予測した2015年度が同+1.5%である。今後の日本経済は、①米国経済回復による輸

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ