調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アクセンチュア調査

「アクセンチュア調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月4日アクセンチュアフィードバック数:0大型消費/投資

バンキング テクノロジービジョン2017

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年7月27日銀行の経営幹部は、AI活用が、銀行の情報収集と顧客とのコミュニケーションに変革をもたらすと予想――アクセンチュア調査レポート「バンキング テクノロジービジョン2017」 アクセンチュア(NYSE:ACN)が毎年発表している、世界のテクノロジートレンドに関する調査レポート「Accenture Banking Technology Vision 2017(以下、バンキング テクノロジービジ

2017年8月3日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

テクノロジービジョン2017 保険業界向け

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年7月26日保険会社の経営幹部は、AIによって変革が進むと予想。一方で、既存IT基盤との互換性への懸念も浮き彫りに――アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2017 保険業界向け」 保険会社がAI技術に投資する目的は、顧客体験の向上と従業員の能力向上 アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新レポート「Technology Vision for Insurance 2017(以下、テクノロ

2017年2月8日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジービジョン2017

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年1月27日“ひと”による“ひと”のためのテクノロジーの出現を予測 ――アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2017」人工知能、デジタル・エコシステム、人材のマーケットプレイスにおける “ひと”を中心としたテクノロジーの進展が、“ひと”に新たな力を与え、ビジネスや社会に変革をもたらす 【ニューヨーク発:2017年1月26日】企業の従業員や顧客を含めた“ひと”は、テクノロジーを活用して変

2016年2月4日アクセンチュアフィードバック数:0マーケティング

テクノロジービジョン2016

Skip to main content Skip to Footer“ひと”を最優先する企業がデジタル時代の覇者になる――アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2016」 企業のイノベーション創出手法における根本的な変化を予測【ニューヨーク発:2016年1月26日】アクセンチュア(NYSE: ACN)は、世界のテクノロジートレンドに関する最新の調査レポート「Accenture Technology Vision 2016(以下、テクノロジービジョン2016)」において、“ひと”を最優

2015年3月29日アクセンチュアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

アクセンチュア・デジタルグリッド調査 2014年

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア・デジタルグリッド調査 2014年エネルギー需要のかつてない変化をいかに乗り切るか。新エネルギー技術の影響で、公益事業者は2025年までに15%を超える需要の減少に直面すると予測されます。 新しいエネルギー技術の影響により、公益事業者は2025年までに15%を超える需要の減少に直面する――アクセンチュア調査 最新のアクセンチュアの調査によると、新しいエネルギー技術がエネルギー需要にかつてない変化をもたらし、

2014年7月23日アクセンチュアフィードバック数:0ライフスタイル

日本の慢性疾患患者の半数以上は、オンラインでカルテを閲覧できることがプライバシーのリスク以上に大事であると考えていることが明らかに

Skip to main content Skip to Footer 日本の慢性疾患患者の半数以上は、オンラインでカルテを閲覧できることが、プライバシーのリスク以上に大事であると考えていることが明らかに――アクセンチュア調査【東京、2014年7月22日】アクセンチュア(ニューヨーク証券取引所:ACN)が新たに実施した調査によると、日本の慢性疾患患者の71%は、患者に自らの電子カルテを閲覧する権利が与えられるべきであると考え、慢性疾患患者の半数以上(54%)は、オンラインで自らのカルテを閲覧でき

2013年3月27日アクセンチュアフィードバック数:6キャリアとスキル

多くのビジネスパーソンが「仕事とプライベートの両立は可能」と考えていることが明らかに

Skip to main content Skip to Footer多くのビジネスパーソンが「仕事とプライベートの両立は可能」と考えていることが明らかに――アクセンチュア調査キャリアにおける成功の定義で、「ワークライフバランスの実現」が「報酬が高いこと」を上回る【米国ニューヨーク発】アクセンチュア(ニューヨーク証券取引所:ACN)が新たに実施した調査によると、世界各国の女性の 3分の2以上、およびほぼ同じ割合の男性が、「仕事とプライベートを両立することは可能である」と考えていることが分かりまし

2012年3月7日アクセンチュアフィードバック数:1ビジネス

ビジネスに対するBPOの効果を最大化するには、企業の取り組み方の変革が重要

Skip to main content Skip to Footerビジネスに対するBPOの効果を最大化するには、企業の取り組み方の変革が重要 ―アクセンチュア調査 アクセンチュア株式会社ビジネスへの貢献が高いBPOは20%に留まる【ニューヨーク発 、2012年2月28日】 アクセンチュア(NYSE:ACN)が実施した調査によると、ビジネスに対するBPO(ビジネスプロセス・アウトソーシング)の効果を最大化しているケースはいまだ少数であるという結果となりました。これは、企業のBPOに対する

2011年11月29日アクセンチュア★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュアによる財務部門の意識調査です。

アクセンチュア調査結果:財務・経理部門は成長機会よりもコスト管理を重視

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア調査結果:財務・経理部門は成長機会よりもコスト管理を重視 難局を乗り切るにも、財務・経理部門に対する経営資源不足に懸念の声 アクセンチュア(NYSE:ACN)が行った調査によれば、財務・経理部門は、企業の成長機会を見据えた大局的な視点を持つことよりも、財務・経理部門の本来の職務であるコスト管理をより重視していることが明らかとなりました。財務責任者の大半は、財務・経理部門が自社に新たな価値をもたらす先進的な業

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ