調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アクティブシニア

「アクティブシニア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月2日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.11

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.11アクティブシニアの実態に迫るアクティブシニアを「ライフスタイル」「コミュニケーション」を軸に分析し、その実態に迫る調査の結果は、以下の通りアクティブシニアの6割は女性。70代前半が最も多い。アクティブシニアは時間的ゆとりが8割、経済的ゆとりも半数があり、他のシニアと比較し高い。アクティブシニアのコミュニケーションは直接会話以外の選択肢もあり多様。アクティブシニアのスマホ所有は36%。未保有者もスマホに高い関心がある。今回の調査より、アクティブシニ

2017年8月17日NTTドコモ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.10

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.10スマホを使って健康増進 普及には「きっかけ作り」が鍵現状では、シニアはスマホやパソコンなどを利用して「健康」に関するサービスの利用は少ないが、利用していないシニアも、どれ程意向(現在は使っていないが今後使いたい)を持っているか。 調査の結果は、以下の通りシニア全体の4分の1が健康サービスに使って見たい意向を持っている。70代後半が最も利用・意向が高い。この結果は他のサービスと異なる。サービスの認知は3割。7割はあまりサービス自体を知らない。サービ

2017年7月18日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.9

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.9就労意欲が旺盛なシニアはICTサービスを積極的に利用!どれくらいのシニア(高齢者)が就労に意欲を持っているのか。また、就労に当ってICTがどのような役割を果たせるのか、モバイル社会研究所がおこなった結果を元に考えていく。 調査の結果は、以下の通り男性の半数、女性の3割が就労。現在無職の人の3割弱が就労に意欲あり。仕事のICT利活用には関係があり。(現在・過去問わず)正規社員はICT利用が活発。現在無職でも就労意欲がある人の中で半数以上がSNSの更新

未来のアクティブシニアへのアンケート調査

未来のアクティブシニアへのアンケート調査 “食事の摂り方”と“幸福度”は密接な関係に!「毎日朝食を摂ることは幸せを感じる傾向がある」「複数で食事を摂る人は幸福度が高い」回答多数。また、“介護”をきっかけに自身の健康のために栄養成分を気にする傾向も。 アクティブシニア「食と栄養」研究会では、健康意識の高い未来のアクティブシニア(45~64歳の男女)を対象に、食と栄養を中心とした現在の生活状況と意識を把握するため、アンケート調査を実施いたしました。年齢で朝食への“意識”が変わる!?本アンケートにより

2017年6月20日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.8

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.8シニアの買い物事情 2割強がネットショッピング・宅配サービスを利用高齢者の買い物弱者が社会的課題として顕在化してきた中で、モバイル社会研究所ではシニアの買い物事情の実態を調査した。その結果、以下の事項が判明した。実店舗以外(宅配・ネット・TV)の買い物をおこなっているシニアは45%。「交通の便」「商品の充実」がお店を選ぶ理由として高い。 若い世代と比較すると「付加価値」が高く、「価格の安さ」は低い傾向(下記図参照)。ネットショッピング利用者と関係が

2017年5月19日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.2

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.2シニアのICT利用は多様化 〜使ってみたいサービス、キーワードは「健康」「安心」「家」シニア(高齢者)の約9割がICT端末を所有・利用しているが、ではどんなサービスを利用しているか12の例を挙げて尋ねた。その結果、「メール」が最も高く約6割が利用していた。次いで「情報の検索」「災害情報」「品物の注文」の順で利用が高く、3割を超えていた。その一方、「健康アドバイス」「安否確認」「ホームサービス」といったサービスはほとんど利用者がいなかった。しかしなが

2017年5月19日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.4

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.4連絡手段 60代「ケータイ」70代「固定電話」〜年代で分かれた連絡手段、その理由を時代背景で読み解くシニア(高齢者)がICTを利用すると、どれ程人と人とのつながりを豊かにするか、その可能性を今回の調査を分析する中で探っていく。調査結果に基づき、シニア(高齢者)をグループ分けし、その傾向を明らかにした。その結果、シニアを4つのグループに分けることができた。約半数は人間関係が広がった・深くなった・広がり深くなった(双方型)のグループに属し、肯定的な見解

2017年5月19日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.7

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.7シニアのICT利活用の伸びしろ「カルチャースクール」に可能性が!モバイル社会研究所では、シニアの日々の活動の実態を把握するため、「社会活動への参加」「カルチャースクールへの参加」「人との交流」それぞれ2つずつの質問を回答してもらうことで全体像の実態を掴むこととした。その結果、外部との接点が多い「地域で活躍」「教室でいきいき」と外部との接点が少ない「仲間・家族中心」「消極派」の4つのグループにシニアを分けることができた。 外部への接点が多いが、ICT

2017年5月19日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.5

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.53割のシニアがSNSを使い自ら情報発信する事に関心あり〜趣味との深い関係「写真」「美術」が鍵SNSを使い、自ら情報を発信しているシニアはいったいどれ程いるであろうか。また、今はおこなっていなくても、興味がある人はどれくらいいるのか。 シニアを対象とした調査の結果、現在発信をおこなっているのは約1割、今は使っていないが、今後使ってみたいと意向を表したシニアは2割弱存在し、合わせて3割弱が関心を持っていることが判明した。男女別にみると利用している割合に

2016年10月31日朝日新聞★フィードバック数:0ライフスタイル

アクティブシニアの美容意識を調査

アクティブシニアの美容意識を調査

シニアの食と栄養に関するオピニオンリーダーによる アンケート調査

<シニアの食と栄養に関するオピニオンリーダーによるアンケート...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース <シニアの食と栄養に関するオピニオンリーダーによる アンケート調査結果> 食と栄養のプロが考える シニアの不足成分は“タンパク質”、 栄養摂取に必要なのは“調理の工夫”~シニアの健康・ロコモ・サルコペニア対策へ~ アクティブシニア「食と栄養」研究会(所在地:東京都中央区、運営委員長:鈴木 隆雄)では、同研究会のプロシューマ会員※を対象とし、シニアの健康維持のための日々

2015年9月18日ヴァリューズフィードバック数:0マーケティング

“アクティブシニア”を集客しているサイトランキング

先頭へ末尾へ調査データ 2015年09月17日9月21日は敬老の日。【eMark+】でみる!「アクティブシニア層」のネット行動“アクティブシニア”を集客しているサイトランキング ◆アクティブシニア層に人気の旅行メディアは「阪急交通社」「ゆこゆこネット」「てるみくらぶ」◆旅行派のキーワードは「ペット」「不動産」、美容・健康派は「リフォーム」への興味関心もネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下ヴァリューズ)は、一般ネットユーザーの行動

2015年9月15日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

子世代から見る「親世代の健康意識・親への贈り物」調査

60代の親は「週1回以上運動」と52%が回答「体重計」「血圧...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 60代の親は「週1回以上運動」と52%が回答 「体重計」「血圧計」「歩数計」...60代の親は「週1回以上運動」と52%が回答 「体重計」「血圧計」「歩数計」など 健康サポート機器の所持率が高い 敬老の日の贈り物として「活動量計」に注目! 「オレンジページくらし予報」では9月21日の敬老の日を前に、60代の親を持つ女性対象に、子世代

2015年4月30日オウチーノフィードバック数:0大型消費/投資

サ高住に「住みたくない」25.1%。サ高住は「老後の住まい」の受け皿になり得るのか?

サ高住に「住みたくない」25.1%。サ高住は「老後の住まい」の受け皿になり得るのか?4人に1人が65歳以上の超高齢社会を迎えた日本では高齢世帯も年々増加。一方で高齢者が安心して暮らせる住まいが不足している状況を踏まえ、2011年に創設されたのがサービス付高齢者向け住宅(サ高住)です。便利で快適な暮らしを形成するための取り組みである一方、実際はまだ課題も多いのではないか――。そこで、サ高住のターゲットである60代以上のアクティブシニアにアンケートを実施。その結果から現状と課題が見えてきました。「老

2014年12月12日夢の街創造委員会★フィードバック数:0大型消費/投資

シニアのクリスマスです。

Hao123×シニア・ナビ共同アンケート 「クリスマス」に関する調査

【50代以上のシニア層対象調査】 Hao123×シニア・ナビ共同アンケート 「クリスマス」に関する調査結果を発表 ~46.9%が家族と過ごす・56.1%が普段と変わらない~ バイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 駐日首席代表 Charles Zhang、以下バイドゥ)が運営するグローバルナビゲーションサイト「Hao123」と、夢の街創造委員会株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 中村利江)が運営する、シニア向けSNSサイト『シニア・ナビ』は、「クリスマス」をテーマに共同で実施

ひとくくりにできないシニアだからこそ

市場調査・マーケティングリサーチなら株式会社R&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント) プレスリリース:「ひとくくりにできないシニアだからこそ。」を公開2014年10 月 29 日に無料セミナー“R&D発シニアインサイトセミナー『人生90年時代アクティブシニアのリアルとは』”を開催しました。 そこで発表いたしました、新しいシニアのセグメント≪シニアライフデザイン(Senior Life Design)クラスター≫についてご紹介いたします。 〒163-1424東京都新宿区西新宿3-20-2

シニアの幸福についての調査です。

最も “幸せ” を感じて生きているのは60代女性

[株式会社アサツー ディ・ケイ] ,シニア 生活者 幸福度 アクティブシニア 幸せ 60代 アラダン

2013年9月3日ポーラフィードバック数:0ライフスタイル

60代アクティブシニアの生活スタイルと肌の関係性

60代アクティブシニアの生活スタイルと肌の関係性

2011年1月13日矢野経済研究所フィードバック数:2ライフスタイル

健康食品市場に関する調査結果 2010

2011年01月13日 健康食品市場に関する調査結果 2010 ~通信販売チャネルの伸長が市場拡大に貢献~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内健康食品市場の調査を実施した。1.調査期間:2010年10月~12月2.調査対象:健康食品メーカーを中心に、一般食品メーカー、製薬メーカー、関連団体、管轄官庁等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・FAXによるヒアリング、消費者アンケート調査、文献調査併用<健康食品とは>本調査における健康食品とは、機能性を訴求した食品であり、かつ

アクティブシニア層のインターネット利用動向--もっとも接触するメディアは「テレビ」と「ネット」

アクティブシニア層のインターネット利用動向--もっとも接触するメディアは「テレビ」と「ネット」  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、インターネットの利用に対してアクティブに活動するシニア層の実態を探った。 今回の調査は、総務省が発表した「平成19年通信利用動向調査の結果」をもとにして、特にアクティブにインターネットを利用するシニア層の接触メディアや連絡手段について調査し、今後のアクティブシニア層の動向を探った。 今回の調査対象は、50歳から

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ