調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アシアナ航空米子

「アシアナ航空米子」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月2日鳥取県フィードバック数:0大型消費/投資

アシアナ航空米子-ソウル国際定期便の平成27年5月利用実績

[アウトバウンド対策]・今年3月に米子ソウル便とDBSクルーズフェリーを併用した旅行商品開発のための江原道FAMツアーを実施し、現在、6月〜7月に3回催行される旅行商品が造成され販売中。(6月27日満席、7月4日・7月11日募集中) 新たな魅力的な商品造成化を図り利用促進に努める。 ・山陰国際観光協議会国際定期航路利用促進委員会が実施する、4名以上(第三国へは2名以上)で一人当たり5,000円支援される「グループ旅行支援制度」及び「パスポート取得費支援制度」(年間600名まで)のPR拡大に努める

2015年5月7日鳥取県フィードバック数:0大型消費/投資

アシアナ航空米子-ソウル国際定期便の平成27年4月利用実績

注:( )内は前年同月実績[概 況] ・ 4月の搭乗率は前月の72.8%から8.7ポイントの大幅増となり、80%の大台超えを記録。 ・国籍別乗降人数は、韓国人の搭乗人数が2,762名(対前月13名減)であり、4カ月連続で2,000名越えを達成。日本人の搭乗人数は479名(対前月391名減)。[要 因] ・昨年末に鳥取県が行った、韓国民放MBCの人気テレビ番組の撮影ロケ及び連続放映により鳥取の認知度が向上。これと同時に、韓国大手旅行社及びアシアナ航空と連携し、鳥取ツアーのホームショッピングを韓国内

2015年3月4日鳥取県フィードバック数:0大型消費/投資

アシアナ航空米子-ソウル国際定期便の平成27年2月利用実績

[アウトバウンド対策]・韓国観光公社大阪支社、アシアナ航空山陰支店、山陰国際観光協議会国際定期航路利用促進委員会の3者が連携して、3月に催行するテレビ番組レポーターと行く韓国ツアーと春川モニターツアー2商品を企画。発売開始後、約1週間で完売(42名)となった。ツアーを通じ、番組放映や参加者のSNS等による韓国の魅力の情報発信により、低迷する日本人利用客の更なる利用促進を図る。 ・12月からアシアナ山陰ファンクラブ会員拡大キャンペーンを行い、2月末時点で約1,000名の増加に成功。会員拡大の取り組

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ