調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アジア地域

「アジア地域」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月15日外務省フィードバック数:0社会/政治

2015年(平成27年)海外邦人援護統計

平成28年12月5日1 本5日,外務省は,2015年(平成27年)海外邦人援護統計を外務省ホームページ及び海外安全ホームページに掲載しました。この海外邦人援護統計は,2015年1月1日から12月31日までの間,我が国在外公館及び公益財団法人交流協会が海外において事故・災害,犯罪加害及び犯罪被害等で何らかのトラブルに遭遇した邦人に対し行った援護の件数及び人数を暦年ごとにとりまとめたものです。2 平成27年の総援護件数は,1万8,013件(対前年比0.61%減)で過去10年において三番目に多く,総援

2016年9月21日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

イギリスのEU離脱に関する企業への影響調査

2016/9/14イギリスのEU離脱に関する企業への影響調査企業の51.3%が日本経済に「マイナス」〜 イギリスへの直接進出企業、移転先にアジアや北米・中南米も候補に 〜はじめに2016年6月24日(日本時間)、イギリスは国民投票で欧州連合(EU)からの離脱(Brexit)を選択した。Brexitの影響は、イギリスやEU域内に進出している企業にとどまらないとみられている。また、現在交渉が進む「日EU経済連携協定」についても、EUの混乱にともなう合意の遅れは避けられず、対EU貿易やEU市場参入など

アジア10カ国の親日度調査

ホーム > プレスリリース 2016 > アジア10カ国の親日度調査 2016年7月27日アウンコンサルティング株式会社~中国の親日度上昇は継続、しかし台湾・香港で下降?~ アジア8拠点で、マーケティング(SEM(検索エンジンマーケティング)サービス、インターネット広告など)、アセットなどのグローバルコンサルティングを展開するアウンコンサルティング株式会社(東証マザーズ:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明、以下アウンコンサルティング)は、このたび、アジア10カ国を対象に、親日度とそ

「オンライン」および「実店舗」でのショッピングの頻度に関するマーケティング・リサーチ

Asia Marketing Research in Singaporeアジア地域での調査・分析シンガポールをハブとしながら、アジア地域において、さまざまな実態調査・分析を実施しています。 アジアにおけるマーケティング・リサーチ(市場調査) ※「オンライン」および「実店舗」でのショッピングの頻度に関するマーケティング・リサーチ(市場調査)を実施しました。【背景】海外の実態を、身近な事例を用いてリサーチ。日本との比較を含めて、分析・解明すること

シンガポールでの健康意識調査

Asia Marketing Research in Singaporeアジア地域での調査・分析シンガポールをハブとしながら、アジア地域において、さまざまな実態調査・分析を実施しています。 アジアにおける市場調査 ※健康食品等に関する調査を実施しました。【調査概要】1.調査の方法:WEBアンケートによる調査方式にて実施2.調査の対象:シンガポール在住者(18 - 34才:51.71% 35 - 54才:46.34% 55才以上:1.95%)3

アジア地域における市場調査 <調査地域:シンガポール> 料理店について

Asia Marketing Research in Singaporeアジア地域での調査・分析シンガポールをハブとしながら、アジア地域において、さまざまな実態調査・分析を実施しています。 アジア地域における市場調査 ※シンガポールにて、生活者の実態調査を実施しました。【調査概要】1.調査の対象:シンガポール在住者(18 - 34才:51.71% 35 - 54才:46.34% 55才以上:1.95%)2.調査の方法:WEBアンケートによる調

アジア地域における市場調査 <調査地域:シンガポール> 行きたい旅行先等について

Asia Marketing Research in Singaporeアジア地域での調査・分析シンガポールをハブとしながら、アジア地域において、さまざまな実態調査・分析を実施しています。 アジア地域における市場調査 ※食事に関しての調査を実施しました。【調査概要】1.調査の対象:シンガポール在住者(18 - 34才:51.71% 35 - 54才:46.34% 55才以上:1.95%)2.調査の方法:WEBアンケートによる調査方式にて実施3

アジア地域における市場調査 <調査地域:シンガポール> カレーや目玉焼きについて

Asia Marketing Research in Singaporeアジア地域での調査・分析シンガポールをハブとしながら、アジア地域において、さまざまな実態調査・分析を実施しています。 アジア地域における市場調査 ※シンガポールにて、生活者の実態調査を実施しました。【調査概要】1.調査の対象:シンガポール在住者(18 - 34才:51.71% 35 - 54才:46.34% 55才以上:1.95%)2.調査の方法:WEBアンケートによる調

2015年6月1日A.T. カーニー★フィードバック数:0ビジネス

A.T. カーニーのレポートです。

2015年新興国小売市場の参入魅力度ランキング

[] 「2015年グローバル・リテール・デベロップメント指数(以下GRDI: Global Retail Development Index)」調査は2001年より毎年実施。小売企業がグローバル市場での成長戦略を定め、参入市場の選定や優先順位付けを行う際の材料となるべく、新興市場の参入魅力度を測るもの。マクロ経済および小売業独自の25の変数をもとに、「市場魅力度」「カントリーリスク」「市場飽和度」「参入緊急度」という4つの観点から評価、数値化し、上位30か国をランキングしている。 2015年 

2015年4月30日A.T. カーニーフィードバック数:0ビジネス

2015年海外直接投資信頼度ランキング

[] 今回で15回目の発行となる「海外直接投資信頼度指数(FDICI)」の最新の調査によれば、回答者の3の2が2016年までに海外直接投資の規模を、世界金融危機前のレベルに戻す予定であるとし、調査対象である世界の大手企業経営層が成長の機会を前向きにとらえていることがわかった。本調査の創始者でA.T. カーニーグローバル・ビジネス・ポリシー・カウンシルの会長、ポール・ラウディシナは、こう述べている。「投資家は先の金融危機を必死に過去のものにしたいと考え、すでに新しい投資先に目をむけている。マーケッ

2015年4月17日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

アジアでのブランド調査です。

ブランド・アジア2015

日本ブランドはSONY、HONDAや、流通系が健闘 アジアのローカル・スマートフォンブランドが台頭 ――― 「ブランド・アジア2015」の結果を本日リリース ―――2015年04月17日株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、アジア11地域を横断する、ブランド価値評価調査プロジェクト「ブランド・アジア2015」(*)の結果をまとめ、日本では2015年4月17日に調査結果報告書を発行・発売する。この調査は、アジア11地域にて、個々のブランドが持つ好感度

やはりGoogleが圧倒的です。

世界40の国と地域の検索エンジンシェアと推移【2014年6月版】

アウンコンサルティングのリリース:2014年6月24日2014年6月24日アウンコンサルティング株式会社 世界40の国と地域の検索エンジンシェアと推移【2014年6月版】全世界的にGoogleが安定したシェア Bingは地域によって増減に幅  東京、沖縄、台湾、香港、タイ、シンガポール、韓国のアジア7拠点で、SEO、PPC(リスティング広告)、ソーシャルメディア、リサーチ、翻訳などのグローバルマーケティングを展開するアウンコンサルティング株式会社(東証マザーズ:2459、本社:東京都文京区、代

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0ビジネス

2013年度の報告書 - 日本企業のアジア立地とサプライチェーン -

2013年度の報告書 - 日本企業のアジア立地とサプライチェーン - が完成しました。2014-05-28 本研究は、国際産業立地といった地理的・空間的な側面から、日本企業のアジア進出や国際分業進展について検討することで、アジア地域の発展と並立しうる日本企業の真のグローバル化の道を探ることを目的としています。繊維・アパレル、電機、自動車、外食など産業別の分析に、中国、タイ、ベトナム、インドネシアなど市場(地域)の視点を絡め、企業の実践的な海外展開戦略立案に資する研究を行いたいと考えております。

2014年3月28日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年1月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年1月の荷動きのポイント アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年1月の荷動きのポイント【往 航】1月の往航荷動き量は126.5万TEUで対前年比7.0%増。1月の往航荷動き量は、前年比8ヶ月連続の増加となる7.0%増の126.5万TEU。国・地域別でみると、日本積(前年比0.3%減)、韓国積(同2.6%減)などが前年比減少となったものの、中国積(同9.6%増)、ASEAN地域(同3.7%増)、南アジア地域(同10.2%増

2014年3月25日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度アジア産業基盤強化等事業(アジア地域における鉄鋼産業基盤戦略調査)報告書

平成25年度アジア産業基盤強化等事業(アジア地域における鉄鋼産業基盤戦略調査)報告書

2013年12月19日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2013年10月

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2013年10月の荷動きのポイント 【往 航】10月の往航荷動き量は125.9万TEUで対前年比8.6%増。10月の往航荷動き量は、前年比5ヶ月連続の増加となる8.6%増の125.9万TEUと4ヶ月連続で120万TEU台。国・地域別でみると、日本積(前年比3.4%減)、香港積(同11.6%減)、カンボジア積(同17.7%減)、マカオ積(23TEU:同26.1%減)以外が前年比増加となるとともに、ASEAN地域、南アジア地域が過去最高の荷動き量となっ

2013年12月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

【2014年アジア経済の見通し】前年を上回る成長率となる2014年のアジア

【2014年アジア経済の見通し】前年を上回る成長率となる2014年のアジア 2014年は内外需の持ち直しにより、多くの国・地域で13年をやや上回る成長になるものと予想される。中国は13年と同じ7.7%、インドは13年度を上回るものの、4.9%にとどまるであろう。1.2013年のアジア経済 全体として景気が持ち直しているが、輸出回復の遅れや一次産品価格の下落、景気対策効果の剥落などにより回復ペースが一部で鈍化している。中国では7%台半ばの成長が続いている。 (1)内需の勢いの差が表れた近年の各国成

2013年11月15日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2013年9月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2013年9月の荷動きのポイント アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2013年9月の荷動きのポイント【往航】9月の往航荷動き量は123.5万TEUで対前年比4.4%増。9月の往航荷動き量は、前年比4ヶ月連続の増加となる4.4%増の123.5万TEUと3ヶ月連続で120万TEU台。国・地域別でみると、南アジア地域(前年比3.7%減)は前年比減少となったものの、日本積(同1.6%増)、韓国積(同1.5%増)、台湾積(同7.2%増)、中国積

2013年11月15日日本総研フィードバック数:0ビジネス海外

ミャンマー開発で強まるアジア地域連携

ミャンマー開発で強まるアジア地域連携調査部 研究員 熊谷 章太郎   要 旨1.本稿では、ミャンマーで進められている工業団地や経済特区(SEZ)などの開発が同国及び周辺国に与える影響を整理・分析した。2.ミャンマーの重要開発地域は、ベンガル湾沿岸部やタイ国境沿いに集中しており、多くのアジア新興国同様、外資受入・工業化を通じた輸出主導型の経済発展経路を辿ると見込まれる。同国は長年にわたって国際社会のなかで孤立する状況が続いてきたが、今後は労働集約的な生産工程を中心にグローバル・サプライ・チェーンの

2013年10月11日大和総研フィードバック数:0ライフスタイル海外

アセアン諸国のコメ生産と、ポストハーベスト・ロス対策への期待

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アセアン諸国のコメ生産と、ポストハーベスト・ロス対策への期待 2013年10月10日アジア事業開発グループ シニアコンサルタント 横山 幹郎トウモロコシ、小麦と並び世界の三大穀物と呼ばれるコメは、アジア地域が世界最大の消費地であり、同時に、国の社会的基盤である農村・農民・農業において、伝統的・文化的価値を支える農作物である。アジア諸国の農村部に訪れれば、季節は異なれ水田に育つ稲を見かけては日本の農村風

2013年10月3日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2013年7月「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2013年7月の荷動きのポイント アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2013年7月の荷動きのポイント【往 航】 7月の往航荷動き量は122.3万TEUで対前年比0.2%増。7月の往航荷動き量は、前年比3ヶ月ぶりの増加となる0.2%増の122.3万TEU。国・地域別でみると、韓国積(前年比10.6%減)、台湾積(同2.0%減)、南アジア地域(同3.9%減)が前年比減少となったものの、日本積(同0.2%増)、中国積(同1.5%増)などが前

2013年9月17日JETRO★フィードバック数:0ビジネス海外

JETROのレポートです。

アジアにおける新たな産業集積の動向

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 アジアにおける新たな産

2013年7月25日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア圏フロンティアシリーズ No. 1】ミャンマー開発で強まるアジア地域連携-ダウェイ開発が進むかが焦点

【アジア圏フロンティアシリーズ No. 1】ミャンマー開発で強まるアジア地域連携-ダウェイ開発が進むかが焦点

PwCによるレポートです。

アジア地域におけるタレントマネジメントの動向調査

アジア地域におけるタレントマネジメントの動向調査‐グローバル化に苦しむ日本企業が今後どのような人材戦略をとるべきか、まずはアジアにおける現状を知る‐PwCでは、タレントマネジメントに関する最新動向調査を、世界各地域で実施しており、本レポートは、そのアジア地域版となります。本調査によれば、調査に参加した約50%のCEOが、アジア地域の今後3年間の業績拡大の見通しについて、肯定的な意見を示している一方で、少子化問題に起因する労働力不足、優秀人材の報酬の高騰などの人材面に関わる課題について大きな懸念を

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

平成23年度国際石油需給体制等調査(アジア地域のエネルギー需給見通し作成に関する調査研究)

平成23年度国際石油需給体制等調査(アジア地域のエネルギー需給見通し作成に関する調査研究)

2013年4月16日MasterCardフィードバック数:0ライフスタイル

アジア/太平洋地域における最新の教育費に関する消費者調査

ニュース編集室Mastercardの最新ニュースリリースをお届けします。 Mastercard 調査:日本では子供のいる世帯の6 割以上が、将来の教育費のために貯金- アジア/太平洋地域における教育費についての消費者調査結果を発表 -平成25年4月16日Mastercard(本社:ニューヨーク州パーチェス、以下Mastercard)はこのたび、アジア/太平洋地域における最新の教育費に関する消費者調査の結果を発表いたしました。調査結果から、日本では子供のいる世帯の6割以上が将来の教育費のため

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ