調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アジア太平洋

「アジア太平洋」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国がアジア太平洋での覇権を目指す理由

中国がアジア太平洋での覇権を目指す理由

2014年11月28日日経BPフィードバック数:0キャリアとスキル

「大学ブランド・イメージ調査 2014-2015」 【九州・沖縄・山口編】

「地域産業に貢献している」九州工業大学が大学ブランド力上昇率第1位 ブランド力では、第1位九州大学、第2位熊本大学、同率第3位に九州工業大学、福岡大学 「大学ブランド・イメージ調査 2014-2015」 【九州・沖縄・山口編】2014年11月28日日経BPコンサルティング(東京都港区)は、8年目になる「大学ブランド・イメージ調査 (2014-2015)」の結果をまとめ、11月28日に調査報告書を発売した。全国9地域455大学について、各大学の認知やイメージなどを尋ねた。本リリースは、【九州・沖縄

LNGの動向~アジア太平洋を中心に~ 見通し変更の必要性と対処(機会)

エラーが発生しました。オペレーションエラー。不正なアクセスです。ページは存在しないか、表示権限がありません。 エラー番号:-999

2014年3月14日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

高齢者の消費についての調査です。

高齢化に関するグローバル調査

ニールセン ニューヨーク報道発表資料をもとに作成● 高齢化する世界の消費者のニーズは満たされていない。小売店、メーカー、サービス事業者にはより一層の努力が求められている● 自分で身の回りのことができなくなり、一人で暮らすことも不可能になった場合、日本はほかの地域に比べ、「老人ホームで暮らす」(21 %)と予想する人が多いマーケティングリサーチと分析において世界最大の企業であるニールセンは、「高齢化に関するグローバル調査」の結果を発表しました。これによると、世界の消費者に占める 65 歳以上の人口

2014年3月5日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

動き出すメガEPA:経済効果の比較検討

動き出すメガEPA:経済効果の比較検討2013年は、世界的に経済連携の動きが加速し、日本、米国、EUの巨大三角形の間で交渉が始まった。アジア太平洋では、環太平洋経済連携(TPP)の交渉に日本が参加する一方、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉が開始された。また、日本とEUの経済連携、米国とEUの環大西洋貿易投資連携(TTIP)の交渉も同じ年の内に始まった。図表1:アジア太平洋における経済連携の枠組み 本稿では、経済連携協定(EPA)が経済全体に与えるマクロ的な経済効果を数量的に議論する。

2014年2月6日Kenshooフィードバック数:0マーケティング

成長する日本の有料検索におけるモバイル採用の先導者

Kenshooの調査により、2013年のアジア太平洋および日本のリスティング広告費が急上昇したことが明らかに / January 29, 2014クリック単価の上昇に伴って有力企業が広告支出を増加東京 (2014年1月29日) – アジア太平洋および日本 (APJ) のリスティング広告市場は、有力企業がオンラインでの顧客とのより強いつながりを求めたことによって、昨年の最終四半期に約30パーセントもの成長を記録しました (デジタルマーケティングテクノロジーのリーダーであるKenshooの調査によ

2014年2月3日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

ニールセンのデータです。

2013年第3四半期の世界の広告費動向

2014/02/03 [データ] ニールセン、2013年第3四半期の世界の広告費動向を発表-第3四半期は対前年同期比で3.2%増。アジア太平洋地域が続伸-オンライン・ディスプレイ広告は1-9月で前年同期比32%増-鉱業、農業、不動産、サービス業で広告費が11%増メディア視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:武智清訓)は、ニールセンが全世界の広告費を調査するGlobal AdView Pulseの2013年第3四半期(7-9月)版の結果を発表

2014年1月24日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

世界の観光動向です。

国連世界観光機関(UNWTO)発表の2013年世界観光動向

国連世界観光機関(UNWTO)発表の2013年世界観光動向について 最終更新日:2014年1月23日国連世界観光機関(UNWTO)より、2013年の世界の観光動向について発表がありましたので、お知らせします。 【概要】2013年の国際観光客は前年比5200万人増(+5%)の1,087百万人となった。渡航先としての需要増加が顕著な地域はアジア太平洋(+6%)、アフリカ(+6%)、欧州(+5%)で、準地域では、東南アジア(+10%)、中東欧(+7%)、南欧州・地中海域(+6%)、北アフリカ(+

2013年11月22日日経BPフィードバック数:0大型消費/投資

「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」 【九州・沖縄・山口編】

「グローバル」で「個性的」な立命館アジア太平洋大学、「親しみが持てる」福岡大学。大学ブランド力トップ3は、九州大学、熊本大学、西南学院大学 「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」【九州・沖縄・山口編】2013年11月22日日経BPコンサルティング(東京都港区)は、7年目になる「大学ブランド・イメージ調査 (2013-2014)」の結果をまとめ、11月22日に調査結果報告書を発行・発売する。全国の468大学を9地域に分け、それぞれの地域に住む方に、大学に対するさまざまな評価をいただいた

2013年8月2日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

グローバルでのデータです。

2013年第1四半期の世界の広告費動向

2013/08/02 [データ] ニールセン、2013年第1四半期の世界の広告費動向を発表-中南米とアジア太平洋が世界の広告支出を牽引-オンライン・ディスプレイ広告は2桁の成長-産業別広告支出では、鉱工業、農業、不動産業で広告支出が増加-中南米とアジア太平洋が世界の広告支出を牽引-オンライン・ディスプレイ広告は2桁の成長-産業別広告支出では、鉱工業、農業、不動産業で広告支出が増加メディア視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:武智清訓)は、ニ

2012年12月17日コムスコアフィードバック数:92マーケティング

アジア太平洋圏のSNS利用はFacebookが主流も、日中韓は独自化。 引き続き好調な国内ブログはライブドアブログとFC2が市場を牽引

[コムスコア] ,ブログ SNS インターネット facebook マーケティング アジア ソーシャル 日本 ソーシャルメディア

2012年11月27日ニールセン★フィードバック数:11マーケティング海外

59%がモバイル端末で利用しているとのことです。

アジア太平洋地区のソーシャルメディア利用状況

2012/11/26 [データ] ニールセン、アジア太平洋地区のソーシャルメディア利用状況を発表~ ソーシャルメディアとモバイル端末がソーシャルメディアエンゲージメントを推進~シンガポール、2012年 11月 13日: 消費者が何を見て何を購入するかについての情報およびインサイトをグローバルに提供するニールセンが本日発表したレポートによると、モバイル端末を利用したソーシャルメディアへのアクセスは、グローバルのどの地域よりアジア太平洋で普及を見せています。・アジア太平洋の消費者の5人に3人がモバイ

2012年11月22日日経BPフィードバック数:3大型消費/投資

「大学ブランド・イメージ調査 2012-2013」【九州・沖縄・山口編】

長崎大学が「大学ブランド力」ランキングで初のトップ3入り。「教育機関としてのビジョンがある」福岡教育大学、「グローバル」立命館アジア太平洋大学 ―「大学ブランド・イメージ調査 2012-2013」【九州・沖縄・山口編】より―2012年11月21日 日経BPコンサルティング(東京都港区)は今年で6年目になる「大学ブランド・イメージ調査 (2012-2013)」の結果をまとめ、11月21日に調査結果報告書を発行・発売する。全国の468大学を9つの地域に分割し、それぞれの地域で調査を実施。「認知度/認

2012年11月8日ニールセン★フィードバック数:2マーケティング

グローバルでの広告費の動向です。

2012年1-6月期のNielsen Global AdView Pulseの調査結果

2012/11/08 [データ] ニールセン、2012年1-6月期のNielsen Global AdView Pulseの調査結果を発表インターネット広告費が対前年比で7%成長、電気通信事業者の広告出稿が増加ニューヨーク州ニューヨーク - 2012年 11月 8日 –消費者の視聴行動、購買行動に関する情報および知見をグローバルに提供するニールセンは、世界中のテレビ、新聞、雑誌、ラジオ、屋外、映画およびインターネット広告の広告費を計測するNielsen Global AdView Pulseの調

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ