調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アジア太平洋地域

「アジア太平洋地域」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

製造業のデジタルトランスフォーメーションが、2021 年までにアジア太平洋地域の GDP を 3,870 億ドル(約 42.5 兆円)増加

このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。 詳細情報 製造業のデジタルトランスフォーメーションが、2021 年までにアジア太平洋地域の GDP を 3,870 億ドル(約 42.5 兆円)増加[2018年5月7日]Microsoft Asia News Centerマイクロソフトは、アジア太平洋地域の製造業はデジタルトランスフォーメーションを推進することで、年

アジア太平洋地域のヘルスケア市場:2018年の5つのトップトレンド

アジア太平洋地域のヘルスケア市場:2018年の5つのトップトレンド フロスト&サリバン ジャパン株式会社 プレスリリース2018年3月23日フロスト&サリバンは2018年のアジア太平洋地域のヘルスケア市場に関する見通しをまとめました。弊社の予測では、2018年のアジア太平洋地域のヘルスケア市場は前年比12.5%増で成長し、同市場規模は5,170億米ドルに到達する見通しです。グローバルのヘルスケア市場が2018年に前年比4.8%増で成長する予測であることを踏まえると、アジア市場は世界で最も早い成長

2018年1月24日外務省★★フィードバック数:0社会/政治

米国における対日世論調査

平成29年12月20日 平成29年(2017年)3月に,外務省は,ニールセン社に委託して,米国における対日世論調査を行いました。本件世論調査は1960年以来ほぼ毎年実施しており,18歳以上の1,005名を対象とした「一般の部」と,各界(政官財,学術,マスコミ,宗教,労働関係等)で指導的立場にある200名を対象とした「有識者の部」に分けて電話調査を行いました。1 対日信頼度は,一般の部で82%(昨年度73%),有識者の部でも86%(昨年度83%)と,昨年と同様に高い数値が示されました。日米協力関係

デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」発表500社の平均売上高成長率は前年から27ポイント増の600%で引き続き上昇 デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)は2017年12月11日、TMT(テクノロジー・メディア・通信)業界の企業を対象にした過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング「デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」を発表しました。 500社の平均売上高成長率は

2017年11月23日キャップジェミニ★フィードバック数:0ビジネス

アジアパシフィック・ウェルス・レポート2017:アジア太平洋地域が個人富裕層の人口と資産規模において引き続き世界をリード

キャップジェミニ アジアパシフィック・ウェルス・レポート2017:アジア太平洋地域が個人富裕層の人口と資産規模において引き続き世界をリード 個人富裕層はリスクに対する保護を求めているため、現金およびオフショア投資は最高に【2017年11月6日:パリ発】本日キャップジェミニは2017年版アジアパシフィック・ウェルス・レポート(APWR)を発刊しました。アジア太平洋(日本を除く)では、アジア太平洋地域はわずかな減速にもかかわらず、個人富裕層(HNWI)(*1)の人口と資産規模の両面で第1位を維持し、

2017年8月22日JCN Newswireフィードバック数:0マーケティング

2017年上半期 APACモバイル広告データ統計&トレンドレポート (旅行業界版) Vpon

香港, 2017年08月11日 - (JCN Newswire) -アジアにおけるビッグデータ アドテクノロジーのリーディングカンパニーとして、Vponは「2017年上半期 APACモバイル広告データ統計&トレンドレポート(旅行業界版)」を発表します。このレポートでは、日本人の国内旅行時のスマートフォンなどのモバイルデバイス利用行動を分析し、これらのモバイル関連データから広告主様が潜在顧客層をターゲットとするキャンペーンを可能にしていきます。加えて、タイ及び韓国へ旅行する中華圏からの旅行者のモバ

テクノロジー企業成長率ランキング 2016 第15回 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」

テクノロジー企業成長率ランキング 2016 第15回 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」発表平均売上高成長率は前年を158%ポイント上回る573%で2008年以来の最高水準 デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)は2016年12月1日、TMT(テクノロジー・メディア・通信)業界の企業を対象にした直近3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング、第15回 「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」を発表した。 平均売上高成長率は

2016年11月24日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

グローバル・リテール・ロイヤリティ調査

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは、「ニールセン グローバル・リテール・ロイヤリティ調査」の結果を発表しました。*1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2014”調べ。ショッピングにおいて、選択は重要な意味を持つ言葉です。消費者が買い物をする場所が専門小売店か大型小売店か、あるいはコンピュータかモバイルデバイスかに関わらず、嗜好を満足させ、セール品を見つけ、費用を支払うことには、現在はかつてないほど様々な方法があります。これほどまで

2016年11月14日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

消費者景況感調査2016年第3四半期の調査

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは「ニールセン 消費者景況感調査2016年第3四半期」の調査結果を発表しました。*1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2014”調べ。不安定な情勢下で、第3四半期の消費者景況感は、地域によって劇的に異なり、世界経済の多様性が拡大していることを示しています。アジア太平洋地域の消費者景況感は、最低46から最高133まで幅広い範囲に渡り、同様にヨーロッパ(50~107)、南米地域(57~104)、アフリカ

2016年6月30日MasterCardフィードバック数:0大型消費/投資

アジア太平洋地域渡航先ランキング

Press Releases ホーム » Engagement Bureau » Press Releases » MasterCard調査「アジア太平洋地域渡航先ランキング」 アジア太平洋地域を訪れる渡航者出身国ランキングで 中国が五年連続第1位にランクイン Press ReleasesMasterCard調査「アジア太平洋地域渡航先ランキング」 アジア太平洋地域を訪れる渡航者出身国ランキングで 中国が五年連続第1位にランクイン アジア太平洋地域を訪れる中国人のアウトバウンド渡航者数が

“Cloud is Critical to Digital Transformation in the Asia Pacific Financial Sector”(アジア太平洋の金融セクターのデジタルトランスフォーメーションにはクラウドが不可欠)

このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。 詳細情報 アジア太平洋地域の金融セクターにおけるデジタルトランスフォーメーションにはクラウドが不可欠、規制の正しい理解が重要課題[2016年6月9日]アジア太平洋地域の大手金融機関が、当局規制をパブリッククラウドの取り組みを推進するための要因として活用Forrester Consultingの調査によれば、アジア太平

2016年6月2日Appier★フィードバック数:0企業情報システム

アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 日本版(2015年下半期)

AI企業「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 日本版(2015年下半期)」の結果を発表 2016年6月1日 AI企業「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 日本版(2015年下半期)」の結果を発表 6月1日 Appier,Inc「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 日本版(2015年下半期)」の結果を発表AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、以下Appier、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー)は、この度、2015年

2016年2月8日MasterCardフィードバック数:0大型消費/投資

アジア太平洋地域渡航先ランキング

プレスリリースMasterCard、初の「アジア太平洋地域渡航先ランキング」を発表 東京は167都市中3位に輝く 日本からは、東京、大阪、北海道、千葉がトップ20にランクインMasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス)は、今回初となる調査「アジア太平洋地域渡航先ランキング(MasterCard Asia Pacific Destinations Index)」を発表しました。一泊以上滞在する海外からの渡航者が初めて2,000万人を超えたバンコクが他の都市を大きく引き離し、第1位に選ば

テクノロジー企業成長率ランキング 2015年 第14回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」

テクノロジー企業成長率ランキング 2015年 第14回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」発表中国企業とクリーンテック領域企業が躍進 ランキング上位10社に中国企業が6社ランクイン、全500社中でも139社が受賞クリーンテック領域のランクイン企業が500社中48社と大幅に増加1位は2年連続で韓国企業がランクイン受賞した500社の平均成長率は前年比10ポイント増の415%と引き続き堅調に推移ソフトウエア領域の受賞企業数が前年比24%増加し、全事業領域中で引き続き最多 2

2015年10月19日タワーズワトソンフィードバック数:0キャリアとスキル

アジア太平洋地域の2016年の昇給率が高インフレの影響で低下 ~ タワーズワトソン昇給率調査 ~

日本 | 日本語 (他国のサイト/Change Site )ログイン 登録するユーザーネーム、またはパスワードが間違っています。再入力してください。 アカウントが一時的にロックされました。お手数ですが15分後に再度ログインしてください。 現在お手続きを継続できません。恐れ入りますが、しばらく時間をおいてから再度お試しください。 https://www.towerswatson.com/FAQ アジア太平洋地域の2016年の昇給率が高インフレの影響で低下~ タワーズワトソン昇給率調査 ~雇

2015年9月25日Appier★フィードバック数:0マーケティング

アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 (2015年上半期)

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire Appier「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 (2015年上半期)」の結果を発表2015年9月25日Appier,IncAppier「アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査 (2015年上半期)」の結果を発表 ■複数デバイス利用率が最も高く、広告到達の可能性が高いGolden Wednesday (黄金の水曜日)! ■日本におけるiOS利用率は78%と圧倒的!AI(人工知能)を活用したクロスデバイスター

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度内外一体の経済成長戦略構築のための国際経済調査事業(アジア太平洋地域のヴァリュー・チェーンの災害に対する強靱性の向上に係る調査)報告書

平成26年度内外一体の経済成長戦略構築のための国際経済調査事業(アジア太平洋地域のヴァリュー・チェーンの災害に対する強靱性の向上に係る調査)報告書

TPPをめぐる外交と国内政治(2014年度)

本研究ではアメリカや中国、韓国など、アジア太平洋地域の主要国におけるFTA(自由貿易協定)政策の動向を把握するとともに、TPP(環太平洋連携協定)交渉への対応を検討し、その政治的な背景を分析して、この地域の経済・外交の展開を規定する要因を明確化することによって、日本の対応の方向性を提示しました。 この研究成果の研究プロジェクト研究プロジェクト日本の対アジア太平洋外交政策と通商政策のあり方 [ 2014年度/アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 ]Abstract/Keywords外交、通商 

2015年3月19日タワーズワトソンフィードバック数:0キャリアとスキル

2014 / 2015年版 グローバル50報酬レポート(2014 / 2015 Global 50 Remuneration Planning Report)

日本 | 日本語 (他国のサイト/Change Site )ログイン 登録するユーザーネーム、またはパスワードが間違っています。再入力してください。 アカウントが一時的にロックされました。お手数ですが15分後に再度ログインしてください。 現在お手続きを継続できません。恐れ入りますが、しばらく時間をおいてから再度お試しください。 https://www.towerswatson.com/FAQ シンガポールの給与はアジアトップを維持、中国と香港の給与格差は縮小傾向にシンガポールは役員報酬額

International Investment Atlas 2015

世界の不動産投資、5年ぶりに減少 ― C&W年次レポート ― 2015年3月12日 世界の不動産投資、5年ぶりに減少 ― C&W年次レポート ― 2015年3月12日クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド世界の不動産投資、5年ぶりに減少 ― アジア太平洋地域では23.6%減― クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(米国・ニューヨーク。以下「C&W」といいます。)はフランスのカンヌで開催されている不動産見本市「不動産プロフェッショナル国際マーケット会議(MIPIM)」で、世界の不動産投資

PwCのレポートです。

Gut & gigabytes 直観とビッグデータ アジア太平洋地域に関する知見

Gut & gigabytes 直感とビッグデータ アジア太平洋地域に関する知見 本レポートは、企業がどのような重要な意思決定を行うのか、またリーダーはどんなプロセスを経てその決定に至るのかを探ることを目的とし、PwCの支援により英国エコノミスト社の調査部門(Economist Intelligence Unit)がアジア太平洋地域の企業や組織の上級役職者268名を対象に調査、作成しました。重要な意思決定方法は変わりつつあります。現代のビジネスリーダーの多くは、豊富な情報を手に入れ、それ

テクノロジー企業成長率ランキングです。

デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500

テクノロジー企業成長率ランキング 2014年「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」発表日本企業は2013年から5社増加して45社がランクイン 日本企業は2013年から5社増加して45社がランクイン韓国企業が初の1位を獲得中国・台湾企業が依然としてFast500ランキングの受賞企業数をリードインド、オーストラリア、ニュージーランド、韓国企業の存在感が高まっているソフトウェア分野が受賞企業の最多数の独占を続ける 2014 年 11 月 20 日デロイト トウシュ トーマツ

2014年9月9日タワーズワトソンフィードバック数:0キャリアとスキル

タワーズワトソン昇給率調査: 2015年のアジア地域昇給率は中国、ベトナムが牽引

日本 | 日本語 (他国のサイト/Change Site )ログイン 登録するユーザーネーム、またはパスワードが間違っています。再入力してください。 アカウントが一時的にロックされました。お手数ですが15分後に再度ログインしてください。 現在お手続きを継続できません。恐れ入りますが、しばらく時間をおいてから再度お試しください。 https://www.towerswatson.com/FAQ タワーズワトソン昇給率調査: 2015年のアジア地域昇給率は中国、ベトナムが牽引インフレ調整後の

2014年8月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度内外一体の経済成長戦略構築に係る国際経済調査事業(アジア太平洋地域等のヴァリュー・チェーン強靱性に係る包括調査)

平成25年度内外一体の経済成長戦略構築に係る国際経済調査事業(アジア太平洋地域等のヴァリュー・チェーン強靱性に係る包括調査)

APECでのCEO調査です。

PwC 2013年 APEC CEO意識調査 レジリエンスと成長に向けて

PwC 2013年 APEC CEO意識調査 レジリエンスと成長に向けて PwCでは、2013年APEC CEO意識調査として、2013年6月11日から8月9日まで、APEC21カ国・地域を含む世界40カ国のCEOと業界リーダーを対象に調査を実施し、CEOやその他の経営トップ、ビジネス専門家にも詳細なインタビューを行いました。本報告書では、その結果を基に、世界を動かしている要因と自社の成長戦略に対するビジネスリーダーたちの見方を取りまとめ、次のような傾向があると説明しています。2013年

2014年5月25日タワーズワトソンフィードバック数:0キャリアとスキル

タワーズワトソン昇給率調査: 2014年のアジア地域昇給率は6.9%

日本 | 日本語 (他国のサイト/Change Site )ログイン 登録するユーザーネーム、またはパスワードが間違っています。再入力してください。 アカウントが一時的にロックされました。お手数ですが15分後に再度ログインしてください。 現在お手続きを継続できません。恐れ入りますが、しばらく時間をおいてから再度お試しください。 https://www.towerswatson.com/FAQ タワーズワトソン昇給率調査: 2014年のアジア地域昇給率は6.9%日本はインフレ調整後の昇給が

プロパティ クロック(不動産時計)2014年第1四半期

JLL、不動産テックスタートアップ企業Foyrに380万米ドルのシリーズA出資を実施AIを活用したワークプレイスデザイン、可視化ツールを提供JLL、2018年注目するアジア太平洋地域の不動産市場動向を予測インドに対する高まる投資意欲とアジア太平洋地域での更なる不動産テックの拡大[速報:日本の商業用不動産投資額 2017年第4四半期] 前年同期比38%増の1兆2,180億円、2017年通年は16%増の4兆2,520億円 メディアのお問い合わせ先マーケティング&コミュニケーション​ メール: P

2014年4月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

国会論議としてのTPP ―支持・反対の言説―

国会論議としてのTPP ―支持・反対の言説―2014-03-28 関連論文日本の対アジア太平洋外交政策と通商政策のあり方 [ 2014年度/アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 ]Abstract/Keywords外交、通商 日中関係、日韓関係、対米関係リサーチリーダー 主席研究員 大矢根聡 同志社大学教授 研究目的緊張感が高まる東アジア地域の外交関係の中で、日本の通商政策のシナリオオプションを探る。研究内容今般、日中・日韓関係が混迷し対米関係にも影を落としていることに鑑み、政治学・国際関係論

世界一賃料が高いオフィス街はロンドン、東京は5位

クリックすると拡大します・ロンドンは2年連続で、世界で最も賃料が高いオフィス街・前年に引き続き香港が2位、東京は5位・昨年の世界のオフィス賃料は、全体で前年比3%上昇クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドはこのほど、2013年の世界のオフィス市場の賃料動向に関する年次調査レポート「OFFICE SPACE ACROSS THE WORLD 2014」を公表しました。このレポートによると、ロンドンのウエスト・エンド地区が2年連続で「世界一賃料が高いオフィス市場」となりました。同地区では、旺盛な需

2013年12月1日タワーズワトソンフィードバック数:0キャリアとスキル

昇給率調査 2014年

日本 | 日本語 (他国のサイト/Change Site )ログイン 登録するユーザーネーム、またはパスワードが間違っています。再入力してください。 アカウントが一時的にロックされました。お手数ですが15分後に再度ログインしてください。 現在お手続きを継続できません。恐れ入りますが、しばらく時間をおいてから再度お試しください。 https://www.towerswatson.com/FAQ タワーズワトソン昇給率調査: 2014年のアジア地域平均昇給率は7%中国、ベトナムの伸びが最も高

リテール不動産市場レポート25周年記念号

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、世界のブランドショップ街の賃料動向に関する年次調査レポート「Main Streets Across the World」を公表しました。1988年にはじまり、今年で25周年となるこの調査は、世界64カ国334か所の一等地のブランドショップ街を賃料水準(注)に基づいてランク付けしており、世界のリテール不動産市場動向の指標となるものです。本レポートの要約は以下のとおりです。 (注)2013年6月末時点の賃料。以下、文中の%表示は前

2013年10月10日タワーズワトソン★フィードバック数:0キャリアとスキル

人事、組織についての調査です。

2013 HR Service Delivery and Technology Survey (2013年HRサービスデリバリー及びテクノロジー調査)

日本 | 日本語 (他国のサイト/Change Site )ログイン 登録するユーザーネーム、またはパスワードが間違っています。再入力してください。 アカウントが一時的にロックされました。お手数ですが15分後に再度ログインしてください。 現在お手続きを継続できません。恐れ入りますが、しばらく時間をおいてから再度お試しください。 https://www.towerswatson.com/FAQ タワーズワトソンの調査によると、経営の効率性の追求に伴い、人事機能は今後大きく変化HRテクノロジ

2013年9月16日ニールセン★フィードバック数:0モバイル海外

国際比較です。

アジア太平洋地域のスマートフォン最新利用動向

2013/09/13 [データ] ニールセン アジア太平洋地域のスマートフォン最新利用動向を発表お問い合わせ先ニールセン・カンパニー合同会社 コミュニケーションズ電話: 03-5798-9353 ファックス: 03-5798-9441- 増え続けるスマートフォン所有率(図1):シンガポール・香港(87%)、マレーシア(80%) - 携帯電話を複数所有する人も増加。マレーシアでは47%が複数台所有(図2)- スマートフォン購入に影響を与えるのは口コミとソーシャルメディア(図5)- 東南アジアのスマ

企業対象の調査です。

企業不動産(CRE)のトレンド調査

[速報:日本の商業用不動産投資額 2018年上半期] 前年同期比2%増の2兆2,330億円JLLとレンドリース社、不動産業界初アクセラレータプログラム「Propell Asia」開始シンガポールを拠点にアジア太平洋地域の不動産市場とスタートアップ企業をつなぐJLL、アジア太平洋地域のフレキシブル・スペースを分析、アジアの総ストック 3年で150%増加 メディアのお問い合わせ先マーケティング&コミュニケーション​ メール: PR.Japan@ap.jll.com 電話:03 5511 3337

2012年8月13日総務省★フィードバック数:12企業情報システム

ICT関連各製品についての日本のシェアです。

平成24年版ICT国際競争力指標

報道資料平成24年版ICT国際競争力指標の公表 総務省では、我が国のICT産業の国際競争力の強化に資するため、平成20年からICT国際競争力指標を策定しています。今般、5回目となる平成24年版ICT国際競争力指標を策定しましたので、公表します。1 ICT国際競争力指標の構成平成24年版ICT国際競争力指標は、各種調査会社による2011年(平成23年)実績値(入手困難な場合は2010年(平成22年))を活用して、(1)日本企業の世界市場における競争力(企業競争力)の観点から、各製品・サービスの品目

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ