調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アジア経済

「アジア経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月9日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

韓国電子産業についてのレポートです。

【電子産業からみるアジア経済 No.2】半導体に回帰する韓国電子産業-非メモリ半導体が今後の成長のカギ

【電子産業からみるアジア経済 No.2】半導体に回帰する韓国電子産業-非メモリ半導体が今後の成長のカギ

2015年3月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[リサーチTODAY]アジアもインフレ率低下で連鎖的金融緩和、通貨戦争へ

リサーチ TODAY2015 年 3 月 13 日アジアもインフレ率低下で連鎖的金融緩和、通貨戦争へ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週のシンガポール中心のアジア出張では、アジアの急な発展を実感すると同時に、中国の減速の影響が予想以上に進んでいると感じた。一方、アジア各地では原油価格下落に伴い物価の安定が進み、金融緩和が続いているのが特徴的である。みずほ総合研究所は『みずほアジア・オセアニア経済情報』を発表している1。今回のアジア経済見通しは、下記の図表に示したとおりである。中国経済は

2015年2月27日Resorzフィードバック数:0社会/政治

東京オリンピックイヤー・2020年にアジアのハブとなる都市ランキング

海外ビジネスのプロ150人が選んだ『東京オリンピックイヤー・2020年にアジアのハブとなる都市ランキング』株式会社Resorzが運営する、海外ビジネスに特化したプラットフォーム「Digima~出島~」にて、海外ビジネス支援事業者に対して「2020年にアジアのハブとなりそうな都市」についてのアンケート調査を行いましたので、本日その結果を発表いたします。2015 年2月27日報道関係各位株式会社Resorz株式会社Resorz(本社:東京都目黒区、代表取締役:兒嶋 裕貴)が運営する、海外ビジネスに特

2015年1月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済見通し

アジア経済見通し調査部目   次1.アジア全体 (1)景気の持ち直しはみられるものの、回復の足取りはなお緩慢 (2)緩やかな回復が続く2015年のアジア経済2.中国経済 (1)景気は減速 (2)企業の資金繰り難と利下げ (3)先行き、経済成長率は緩やかに低下3.インド経済 (1)景気を取り巻く環境は足元好転 (2)景気の持ち直し傾向が徐々に本格化する見込み70 J R Iレビュー2015 Vol.1, No.20アジア経済見通し1.アジア全体 (1)景気の持ち直しはみられるものの、回復の足取りは

2014年7月17日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

【特集 経済改定見通し】アジア経済見通し

アジア経済見通し調査部目   次1.アジア全体(1)2014年入り後も、景気は総じて減速(2)年後半は緩やかな持ち直し2.中国経済(1)マクロコントロール下の景気減速(2)景気冷え込みが深刻な地域も(3)先行き景気減速に歯止め3.インド─景気は今後徐々に持ち直し(1)景気を取り巻く環境は足元好転(2)景気の持ち直し速度は緩やかなものにとどまる見込み70 J R Iレビュー2014 Vol.8, No.18アジア経済見通し1.アジア全体(1)2014年入り後も、景気は総じて減速A.成長押し上げ要因

グラフで見る関西経済(2014年3月)

2014年03月25日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は緩やかに持ち直しており、消費税率引き上げ前の駆け込みも出ている。輸出は、アジア向け、米国向けなどを中心に金額ベースで伸びているが、実質ベースでは横ばいで推移している。また、完全失業率、有効求人倍率など雇用環境が緩やかに持ち直し、賃金が下げ止まりつつある中、個人消費は緩やかに持ち直している。設備投資は、大企業の実績が足下で前年比増加となるなど、非製造業を中心に持ち直してきている。住宅投資は、4月の消費税率アップを前に増

グラフで見る関西経済(2014年2月)

2014年02月25日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。生産は、12年秋口を底に緩やかに持ち直している。輸出は、アジア向け、米国向けなどを中心に金額ベースで伸びているが、実質ベースでは横ばいで推移している。また、完全失業率、有効求人倍率など雇用環境が緩やかに持ち直し、賃金が下げ止まりつつある中、個人消費は緩やかに持ち直している。設備投資は、大企業の実績が足下で前年比増加となるなど、非製造業を中心に持ち直してきている。住宅投資は、金利先高感、4月の消費税率アップを前に増加傾向にあ

アジアの有力企業の国際事業展開とグローバル人材の育成について-タイ・サイアムセメントグループの事例

アジアの有力企業の国際事業展開とグローバル人材の育成について-タイ・サイアムセメントグループの事例 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > アジアの有力企業の国際事業展開とグローバル人材の育成について-タイ・サイアムセメントグループの事例アジアの有力企業の国際事業展開とグローバル人材の育成について-タイ・サイアムセメントグループの事例 保険研究部 兼 経済研究部 主席研究員 アジア部長 General Manager for Asia 平賀 富一基礎研 Report H

2013年12月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年11月(アジア経済の見通し)

平成25年11月(アジア経済の見通し)

アジアの有力企業の国際事業展開とグローバル人材の育成について-タイ・サイアムセメントグループの事例

アジアの有力企業の国際事業展開とグローバル人材の育成について-タイ・サイアムセメントグループの事例 | ニッセイ基礎研究所 アジアの有力企業の国際事業展開とグローバル人材の育成について-タイ・サイアムセメントグループの事例 保険研究部 兼 経済研究部 主席研究員 アジア部長 General Manager for Asia 平賀 富一アジア新興国経済のグローバルな位置づけが益々増大化する中、国際事業展開を図るアジアの有力企業が出現しており、それら企業ではグローバル人材の育成・活用が重要なテーマ

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年10月) ~市場混乱再燃のリスクはあるが、中長期を見据えた課題克服の必要性は不変~

アジア経済マンスリー(2013年10月) ~市場混乱再燃のリスクはあるが、中長期を見据えた課題克服の必要性は不変~

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年9月) ~「時間的猶予」を貰ったアジア新興国、資金流出への対応強化は引き続き課題~

アジア経済マンスリー(2013年9月) ~「時間的猶予」を貰ったアジア新興国、資金流出への対応強化は引き続き課題~

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年8月(アジア経済の見通し)

平成25年8月(アジア経済の見通し)

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年7月) ~つい数ヶ月前と金融市場を巡る環境が一変したアジア新興国~

アジア経済マンスリー(2013年7月) ~つい数ヶ月前と金融市場を巡る環境が一変したアジア新興国~

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際調査事業(欧州債務問題の影響を含む世界経済の動向にかかる調査・分析)

平 成 2 3 年 度 経済産業省委託調査平成23年度 内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査 事業 (欧州債務問題の影響を含む世界経済の動向にか かる調査・分析) - 報告書 -平成24年3月社団法人日本リサーチ総合研究所は じ め に本報告書は、経済産業省通商政策局企画調査室より委託を受けた「平成23 年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(欧州債務問題の 影響を含む世界経済の動向にかかる調査・分析) 」の主な成果を取りまとめたも のです。 先に未曽有の金融危機に見舞

2013年6月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

アジアは中国中心に在庫調整圧力が残存

リサーチ TODAY2013 年 6 月 24 日アジアは中国中心に在庫調整圧力が残存常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創6月12日にみずほ総合研究所は『みずほアジア・オセアニア経済情報』(2013年7月号)1を発表した。前号(2013年4月号)と比べると、中国を中心に見通しが下振れしている。昨今、アジアも含めた新興国の金融市場は変動が拡大しているが、その背景には実体経済の減速が影響している面も大きいと考えている。2012年10~12月期は、公共投資の拡大や在庫調整の進展等を背景に中国の景

2013年5月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アジア経済マンスリー(2013年4月) ~いろいろな課題を抱えるが、「アジアの時代」が続く要素はまだ多い~

アジア経済マンスリー(2013年4月) ~いろいろな課題を抱えるが、「アジアの時代」が続く要素はまだ多い~

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー:2013年3月(アジア)

平成 25 年(2013 年)3 月 26 日景気は回復に向かうなか、懸念されるインド・ベトナムの出遅れアジア経済は中国・ASEAN を中心に持ち直しの動きが持続している。消費は底堅さを維持する一方、輸出は緩やかながら回復に向かっている。1-2 月の指標をみると、中国では生産・消費がやや軟調に推移したものの、投資・輸出は加速しており景気は回復基調にある。また、ASEAN の自動車販売は年明け以降も二桁増を維持しており(第 1 表)、景気は消費中心に引き続き好調である。中国・ASEAN とは対照的

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年2月) ~アジア新興国は海外資金と如何に付き合うべきか~

アジア経済マンスリー(2013年2月) ~アジア新興国は海外資金と如何に付き合うべきか~

2013年2月24日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済の見通し(2013年2月)

アジア経済の見通し(2013年2月)

2013年2月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外資金がアジア経済に与える功と罪 ~年末にかけて再び景気維持と物価安定の舵取りを困難にする種になろう~

海外資金がアジア経済に与える功と罪 ~年末にかけて再び景気維持と物価安定の舵取りを困難にする種になろう~

グラフで見る関西経済(2013年1月)

2013年01月22日【今月の景気判断】関西経済は横ばいで推移しているが、一部に弱い動きがみられる。海外経済の回復ペースの鈍化によって輸出に弱い動きがみられ、生産も弱含みとなっている。関西地区での輸出ウエイトが高いアジアの減速が、電気機器等の業況に影響し、輸出や生産の弱い動きにつながっている。雇用環境は、完全失業率、有効求人倍率などで持ち直しの動きが一服している。また、所得は横ばい圏の動きが続いており、個人消費も横ばい圏で推移している。公共投資は、大型工事や災害復旧工事等の影響もあって増加してい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ