調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アジア通貨危機

「アジア通貨危機」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年6月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工の反動減の行方 ~改めて前回増税時を振り返る~

経済トレンド住宅着工の反動減の行方~改めて前回増税時を振り返る~経済調査部高橋 大輝(要旨)○前回、消費税率引き上げが行われた 97 年度の住宅着工は前年度比▲17.7%と大幅減少したが、この落ち込みの全てが消費税率引き上げに伴う反動減の影響や実質可処分所得の低下によるものとはいえない。需要を冷え込ませる引き金となったのは、大手金融機関の破綻やアジア通貨危機といえるだろう。こうした需要の減速に対して、供給の調整が間に合わずマンション在庫が大幅に積みあがったことも住宅着工の落ち込みを長期化させた。

2014年5月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工の反動減の行方 ~改めて前回増税時を振り返る~

Economic Trends住宅着工の反動減の行方~改めて前回増税時を振り返る~マクロ経済分析レポート発表日:2014年5月7日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(要旨)○前回、消費税率引き上げが行われた 97 年度の住宅着工は前年度比▲17.7%と大幅減少したが、この落ち込みの全てが消費税率引き上げに伴う反動減の影響や実質可処分所得の低下によるものとはいえない。需要を冷え込ませる引き金となったのは、大手金融機関の破綻やアジ

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

資本流入と資本規制

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 資本流入と資本規制~ASEAN主要国のケース~『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載 アジア通貨危機以降、ASEAN4の金融資本市場は大きく発展し、資本流入規模も拡大した。アジア通貨危機前、リーマン・ショック前・後で比べると、徐々に資本流入規模が拡大し、リーマン・ショック後が最も多くなった。リーマン・ショック後で最も多いのが証券投資であった。国別ではEUと米国からの株式投資が多かっ

2013年5月6日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:2社会/政治

経済情報:アジア通貨危機以来の赤字に転じたインドネシアの経常収支について

平成 25 年(2013 年)4 月 30 日NO.2013-12アジア通貨危機以来の赤字に転じたインドネシアの経常収支について【要旨】— インドネシアの 2012 年の経常収支は▲281 億ドルと過去最大、且つアジア通貨危機が発生した 1997 年以来の赤字となった。経常赤字が材料視され、インドネシアルピアは 2012 年初からほぼ一貫して下落。総じて通貨高方向に向かっている他の主要な ASEAN 通貨とは対照的な動き。— 経常赤字の主因は、拡大する所得収支赤字と財の貿易黒字の急減。所得収支の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ