調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アップデート

「アップデート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月15日かみあぷ速報★フィードバック数:0モバイル

いつもどのタイミングでiOSのアップデートしてる?

【読者アンケート】いつもどのタイミングでiOSのアップデートしてる?結果発表ッ2601732017.04.082017-04-08 15:00:24特集記事yumi今週は「新iOSがリリースされた時、どのタイミングでアップデートしてる?」というアンケートを実施しました。今回、結果を集計したので発表したいと思います!即アプデ派?様子見る派?すでに最新バージョンとしてiOS 10.3.1がリリースされていますが、1つ前のiOS 10.3はファイルシステムの変更をはじめ多くの脆弱性の改善、そして新機能

2016年10月3日SAMURAI RISINGフィードバック数:0エンタテインメント

サムライ ライジング 第一回ユーザーアンケートレポート

はじめに 8月19日から9月1日にかけて実施した第一回ユーザーアンケートへのご協力誠にありがとうございました。 運営・開発スタッフ一同大変感謝しております。お寄せいただいた1つ1つのご意見・ご指摘を、スタッフ一同真摯に受け止めており、今後のアップデートにて、「面白くなった!」「遊びやすくなった!」と感じていただくため、どのように応えていくつもりであるかを公表させていただくことといたしました。本レポートで報告差し上げる「アンケート結果」では、『ご意見・ご要望の内容』もふまえ、 皆さまが特に気にされ

2015年6月4日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国際比較です。

電気料金の国際比較-2014年までのアップデート-

電気料金の国際比較-2014年までのアップデート-要約 本資料は、電力中央研究所報告 Y11013 「電気料金の国際比較と変動要因の解明 −主要国の電気料金を巡る事情を踏まえて−」 の料金の国際比較部分のデータを2014年までアップデートするとともに、料金水準に影響を与える要因である各国の電源構成や、電気料金の構成比(欧州のみ)など、基礎的な情報について追加したものである。また、電気事業のシステム改革に続いて、ガス事業についても自由化が進展すると見込まれており、わが国においても「総合エネルギー企

2015年5月26日アイレップ★フィードバック数:0マーケティング

アップデート前後の動向を見ています。

モバイルフレンドリーアップデートによる順位変動調査レポート

モバイルフレンドリーアップデートによる順位変動調査レポートこの記事をシェアするTweet 2015年5月26日株式会社アイレップ 2015年4月21日、Google はかねてより明言していた通り、モバイルフレンドリーアップデートを実施した(参照: )。モバイルフレンドリーアップデートとは、スマートフォン(以下、モバイル)への対応度をランキングシグナル(順位を決定するための手がかり)として活用するアルゴリズム更新のことである。世界の全言語・全地域のモバイル端末(PC・タブレット以外)におけるGo

2015年1月13日アイレップフィードバック数:0マーケティング

検索エンジン順位変動と動向(2014年12月)

検索エンジン順位変動と動向(2014年12月)この記事をシェアするTweet 2015年1月13日株式会社アイレップ 2014年12月の検索エンジン順位変動とその動向をまとめました。順位変動観測指標の説明についてはこちら※ 移動平均:当日を含む直近10日間の変動幅平均業界別変動状況各業界別順位変動状況については下記を参照2014年12月 検索エンジン動向2014年12月3日■米Google 、12歳以下の子ども向け検索サービス開発を計画2014年12月3日、USA Today紙などによると、米

2014年12月16日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1109のアップデート)

今週の指標 No.1110 2014年7-9月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1109のアップデート) ポイント2014年12月16日2014年7-9月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲2.8%となり、2014年4-6月期(▲2.2%)からマイナス幅が拡大した(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率▲1.9%となり、潜在成長率(0.6%)を下回ったためである。今回試算値(▲2.8%)は1次速報に基づく試算値(▲2.7%)から下方改定と

2014年9月18日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1102のアップデート)

今週の指標 No.1104 2014年4-6月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1102のアップデート) ポイント2014年9月18日2014年4-6月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲2.3%となり、2014年1-3月期(▲0.3%)からマイナス幅が拡大した(図)。これは、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により、実質GDP成長率が前期比年率▲7.1%となり、潜在成長率(0.6%)を大幅に下回ったためである。今回試算値(▲2.3%)は1

2014年7月23日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域別データを用いた通貨需要関数の推計:アップデートと追加的発見

地域別データを用いた通貨需要関数の推計:アップデートと追加的発見藤木 裕本稿では、Fujiki and Mulligan [1996a] の構造モデルを用いて、1955~2009 年度の県別預金統計・県民経済計算統計から通貨需要の所得弾力性を推計し、Fujiki and Mulligan [1996b] が1955~90 年度のデータから得たM2 類似預金の所得弾力性が1.2~1.4 との推計結果をアップデートした。分析によると、1980年代のデータから得た所得弾力性はFujiki and Mu

2014年5月13日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電気料金の国際比較です。

電気料金の国際比較‐2013年までのアップデート‐

電気料金の国際比較‐2013年までのアップデート‐要約 本資料は、電力中央研究所報告 Y11013 「電気料金の国際比較と変動要因の解明 −主要国の電気料金を巡る事情を踏まえて−」 の料金の国際比較部分のデータを2013年までアップデートするとともに、近年のわが国の電気料金動向に関連する基礎データをまとめたものである。 また、国際比較のアップデートに関する参考資料として、換算方法を変更した場合や、物価を考慮した場合など、複数のケースについて示し、それらが国際比較にどのような影響を与えるかについて

2014年3月17日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1090のアップデート)

今週の指標 No.1091 2013年10-12月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1090のアップデート) ポイント2014年3月14日2013年10-12月期のGDP2次速報を反映したGDPギャップ(注)は▲1.6%となり、2013年7-9月期(▲1.6%)から横ばいとなった(図)。これは、実質GDP成長率が前期比年率0.7%となり、潜在成長率(0.7%)と同程度になったためである。今回試算値(▲1.6%)は1次速報に基づく試算値(▲1.5%)から下方改定

2013年6月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域別データを用いた通貨需要関数の推計:アップデートと追加的発見

ディスカッションペーパーシリーズ(日本語版) 2013-J-10 地域別データを用いた通貨需要関数の推計:アップデートと追加的発見藤木 裕 本稿では、Fujiki and Mulligan[1996a]の構造モデルを用いて、1955~2009年度の県別預金統計・県民経済計算統計から通貨需要の所得弾力性を推計し、Fujiki and Mulligan[1996b]が1955~1990年度のデータから得たM2類似預金の所得弾力性が1.2~1.4 との推計結果をアップデートした。分析によると、1980

2013年1月28日NTTレゾナントフィードバック数:1ライフスタイル

女なのに!自分がオヤジ化していると思うことランキング

2013年01月26日 00:00 女なのに!自分がオヤジ化していると思うことランキング 「年をとりたくない」「他人から若く見られたい」と日々のアンチエイジングに積極的な女性は多いもの。日ごろから気をつけているからこそ、抗いきれなかった老いに気づくと絶句してしまうことがあります。さらにダメージが大きいのはそんな老いが「オヤジ」の特徴を伴って現れたとき…。そこで今回は女性のみなさんに自分がオヤジ化していると思うことを聞いてみました。最も多くの女性が選んだ1位は《「よっこらしょ」と言って立

2012年12月17日内閣府フィードバック数:7社会/政治

2012年7-9月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1049 図1のアップデート)

今週の指標 No.1055 2012年7-9月期GDP2次速報後のGDPギャップの推計結果について(今週の指標No.1049 図1のアップデート) ポイント2012年12月14日2012年7-9月期の2次QEを反映したGDPギャップ(注)は▲2.7%となり、1次QEに基づく推計値(▲3.1%)より縮小した(図、表1)。これは、2次QEでは平成23年度国民経済計算確報が反映され、4-6月期から7-9月期の実質GDP成長率は変わらなかったものの、水準がさかのぼって上方改定されたためである(表2)。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ