調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アトラクターズ

「アトラクターズ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

第25回 マンション購入に対する意識調査

「現在の物件価格が高いと感じながら、1年後はマンション価格が上がる」というインフレ懸念が数値に出ている価格が上昇したことにより、マンション購入が難しい層は、購入意欲が減衰している不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を行ったので公表する。供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数は公表されているものがあるため、弊社は購入検討者の心理を四半期単位で時系列比較している。(第1回は2008年4月、今回で25回目) 自

マンション購入意欲です。

第24回 マンション購入に対する意識調査

「1年後の価格が上がる」と予想する人が約8割、調査開始以降最高水準となった価格上昇傾向が続くことを見込み「今が買い時」との判断は高水準を維持している不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を行ったので公表する。供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数は公表されているものがあるため、弊社は購入検討者の心理を四半期単位で時系列比較している。(第1回は2008年4月、今回で24回目) 自社インターネットサイト「住まい

相場から見たランキングです。

東京23区 賃貸マンションブランド 相場割高度ランキング2013

賃貸マンションブランド 相場割高度1位は、「ヒルズ(森ビル)」となった2009年調査結果との相場割高度比較では、REIT物件の賃料下げ幅が大きい 不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、「東京23区の賃貸マンションブランド別相場割高度調査」を行ったのでこれを公表する。 当社の賃貸物件データベース(23区:約24万棟)をもとに、主な賃貸マンションブランドの募集賃料が相場よりどの程度高いかを独自の賃料査定システムにて調査した。住戸サンプルは直近2

売主別中古マンション騰落率ランキング(2012年版)

・丸紅は売主別で3年連続の1位、2位は大成有楽不動産・マンションブランド別は現行ブランドでは実質グランスイートが1位・全体平均の騰落率は−9.9%(前年比−1.1ポイント)となり、プラスの売主がなくなった 不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、売主別の中古マンション価格の騰落率ランキング(2012年版)を作成したので、公表する。 2012年に売り出された中古住戸と2001年以降に分譲された新築時の当該住戸価格を突き合わせて、新築時からの騰

マンション購入意欲です。

第22回 マンション購入に対する意識調査

「購入意欲」は前回より更に上昇、「不動産情報サイト接触」は第2次安倍政権発足後に急増消費税増税よりインフレ懸念が購入意向を後押ししている不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を行ったので公表する。供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数は公表されているものがあるため、弊社は購入者側の価格への意識などを中心に購入検討者心理を四半期単位で時系列比較している。(今回で22回目) 自社インターネットサイト「住まいサー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ