調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アドバイザリーサービス

「アドバイザリーサービス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月31日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(10) (最終回)~消費主導の経済成長の実現を

シリーズ:個人消費の論点⑩ (最終回)~消費主導の経済成長の実現を ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 消費税率引き上げ後に低迷した個人消費を回復させることは、日本経済の成長力を高める要件の一つだ。実質賃金の上昇を伴う購買力の回復が、個人消費の回復につながる。そのための賃上げを広げるためには、企業の将来見通しの改善が欠かせず、潜在成長率の向上がその前提条件だ。もちろん、財政政策や金融政策に比べれば、成長戦略の成果が出るま

2015年3月28日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(9)~観光消費への期待大

シリーズ:個人消費の論点⑨~観光消費への期待大 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 訪日外国人観光客による消費(観光消費)が注目されている。観光消費は、統計の中ではサービスの輸出になるものの、小売店などから見れば、日本国内での消費である点に大きな違いはない。国内経済への好循環という視点からみれば、宿泊・飲食などの観光関連産業では、人手を多く使う産業が多いため、雇用機会を多く生み出す傾向がある。 新日本有限責任監査法人は、

2015年3月28日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(8)~変化する消費スタイルの取り込み

シリーズ:個人消費の論点⑧~変化する消費スタイルの取り込み ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 前回みたように、消費額を増やしていく上で、消費スタイルの変化を捉えた潜在需要の掘り起こしが必要不可欠だ。潜在需要を掘り起こす上で注目されるのは、高齢者、女性の消費力の増大や、単身者世帯数の増加である。多様なライフスタイルに適った消費行動の提案が、潜在的な需要の掘り起こしには欠かせない。 新日本有限責任監査法人は、EYの日本にお

2015年3月25日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(6)~2015年の国民所得は回復へ

シリーズ:個人消費の論点⑥~2015年の国民所得は回復へ ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 個人消費を見通す上で、日本経済全体の所得を考えることが重要になっている。購買力の源泉である所得は、ここ数年、輸出入の相対物価の動きや、海外所得の還流などからの影響を強く受けてきたからだ。15年には、日本経済全体の購買力が回復して、次第に個人消費が回復する姿がみえるようになるだろう。 新日本有限責任監査法人は、EYの日本におけるメ

2015年3月25日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(7)~個人消費の波及効果の変化

シリーズ:個人消費の論点⑦~個人消費の波及効果の変化 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 持続的かつ自律的に日本経済が成長するような「消費→生産→所得→消費→・・・」という好循環を生み出す上で、個人消費の役割が重要だ。これまで、国内の生産構造の変化や、消費パターンの変化などから、個人消費が国内の生産活動を誘発する効果は低下してきた。この中で、個人消費を起点とした好循環を実現するためには、消費スタイルの変化を捉えて潜在需要

2015年3月18日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(2) ~物価上昇の痛みは和らぐ

シリーズ:個人消費の論点②~物価上昇の痛みは和らぐ ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 2014年の消費税率引き上げ後に、消費の回復が遅れた理由として、物価上昇の影響が大きかったことがあげられる。その結果、物価上昇が賃金上昇を上回る状態がつづいたため、家計の負担感が大きくなった。しかし、14年半ばからの原油価格の低下によって物価上昇率は縮小しており、15年4月以降には物価上昇率から消費税の影響が剥落する。そのため、15年

2015年3月18日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:個人消費の論点(1) ~想定以上の消費の減速

シリーズ:個人消費の論点①~想定以上の消費の減速 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 日本経済の先行きを見通す上で、国内総生産(GDP)の約6割を占める個人消費の動向が重要だ。2014年の消費税率引き上げ後、消費の伸び悩みが経済成長の足を引っ張ってきた。しかし、15年には、その重しが外れて、個人消費の回復に向かう可能性が高い。新年度が始まるのに先立ち、本シリーズでは今後の個人消費を見通す上でのポイントを整理する。 新日本

2015年3月1日EY Japanフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリーズ:原油安の影響(8) ~貿易赤字の縮小

シリーズ:原油安の影響⑧~貿易赤字の縮小 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 原油価格が低下したことによって、貿易収支が改善に向かう可能性が高い。これまで赤字幅を拡大させてきた原油など鉱物性燃料の輸入代金が低下するからだ。ただし、年間を通じて貿易収支が黒字に転じるためには、原油価格の先行きとともに、輸出がどこまで回復するかが注目点になると考えられる。 新日本有限責任監査法人は、EYの日本におけるメンバーファームであり、監

2015年3月1日EY Japanフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリーズ:原油安の影響(9)(最終回) ~世界の景気・ディスインフレへの影響とは?

シリーズ:原油安の影響⑨(最終回)~世界の景気・ディスインフレへの影響とは? ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 原油価格の低下によって、物価上昇率が縮小している。これは日本だけではなく、世界で共通の現象であり、景気にも影響を及ぼすと考えられる。そこで、今回は、原油価格の低下という視点から、世界の物価と景気への影響に焦点をあてる。 新日本有限責任監査法人は、EYの日本におけるメンバーファームであり、監査および保証業務を中

EYのレポートです。

グローバル情報セキュリティサーベイ 2014年

グローバル情報セキュリティサーベイ「グローバル情報セキュリティサーベイ(GISS)」とはEYおよび新日本有限責任監査法人が実施する情報セキュリティに関する調査です。情報セキュリティの重要な課題について、さまざまな局面における判断に有益な情報を提供することを目的としており、日本企業の回答とグローバル全体の回答を比較しています。本年で19年目を迎える当サーベイは、この種の調査では最も信頼と実績を有するものの一つです。サーベイに興味のあるお客様は、弊法人担当もしくは下記のお問合せ先までご連絡ください。

プライバシートレンド2014 テクノロジー時代におけるプライバシー保護

プライバシートレンド2014 テクノロジー時代におけるプライバシー保護『プライバシートレンド』2014年版が発刊されました。消費者は、ホームページを閲覧したり、ソーシャルメディアサイトへログインして投稿したり、オンラインショッピングを利用するたびに、意識的に、時には無意識のうちに自身の情報を少しずつ提供しています。企業は、こうした大量のデータを収集し、サービス提供やマーケティング、販売に生かしています。しかし消費者も、企業も、個人情報を悪用しようとする企業に対して無防備であることが往々にしてあり

2015年2月25日EY Japanフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリーズ:原油安の影響(6) ~家計にはプラス効果か?

シリーズ:原油安の影響⑥~家計にはプラス効果か? ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 原油価格の低下は、家計にどのような影響を及ぼすのだろうか。原油価格の低下は、ガソリン価格をはじめとして、電気代・ガス代など幅広い製品やサービスの価格を低下させる可能性がある。そうした恩恵は地方にも及び、地方の消費が下支えされる効果が期待される。また、家計の購買力が回復することから、消費を押し上げる効果も生じるだろう。 新日本有限責任監査

2015年2月24日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

シリーズ:円安の日本経済への影響(6) サービスを通じた海外から稼ぐ力の強化を

円安の日本経済への影響⑥サービスを通じた海外から稼ぐ力の強化を ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 2012年末から、為替レートが円安に転じてからも、貿易赤字がつづいてきた。その中で、財の輸出に次ぐ第二の稼ぐ力である海外向けのサービス販売(サービス輸出)が注目される。特に、これまで赤字幅を縮めてきた旅行収支と、2003年以降黒字がつづくロイヤリティー収入などの特許等使用料収支が、今後も海外から稼ぐ力として有力だ。その強化

2015年2月1日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

10分でわかる経済の本質 予想を上回る規模ながら効果は未知数の欧州量的緩和

10分でわかる経済の本質予想を上回る規模ながら効果は未知数の欧州量的緩和~ デフレ転落阻止には量的緩和の強化が必要 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 域内消費者物価の前年比がマイナスに陥ったことなどから、欧州中央銀行は、1月22日の理事会で、ユーロ加盟国の国債買い入れを柱とする量的緩和に踏み切った。買い入れは、15年3月から少なくとも19カ月間続く。国債以外の資産を含む買い入れ額は、月額、総額とも市場の予想を上回った。

2015年2月1日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

EY総研インサイト Vol.3 February 2015

Vol.3 February 2015 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 発行年月: 2015.02EY総研の研究成果を定期的にお届けするため機関誌「EY総研インサイト」のVol.3を刊行しました。各研究員による経済、社会・産業、経営に関する専門レポートに加え、本特集では、「成長戦略としてのコーポレートガバナンス」として成長戦略の内容や目指す姿について概観した上で、企業としての対応について考察しています。 新日本有限責任

2014年6月8日EY Japan★フィードバック数:0社会/政治

EYのレポートです。

円安の日本経済への影響

円安の日本経済への影響 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 2012年末から為替レートが円安に転じたことで、いずれ輸出が増えて、貿易収支が改善に向かうと期待されてきた。しかし、その期待に反して輸出は伸び悩み、貿易赤字が続いている。こうした現状を踏まえて、円安になっても輸出が伸びず、日本経済は成長しにくくなったという見方が増えてきた。本当に、円安になっても輸出は伸びないのだろうか。また、そうであるのならば、何が変わったのだろ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ