調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アナリティクス

「アナリティクス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月1日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年2月24日アクセンチュア最新調査――機械学習や人工知能(AI)などデジタル技術の導入は、行政機関の人材獲得に不可欠【バージニア州アーリントン発 2017年2月2日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、行政機関が民間企業との人材獲得競争に勝ち、スキル格差の拡大に対処するためには、デジタル技術に精通した若い人材の獲得・定着に向けて、機械学習や人工知能(AI)、生体認証など先進技術の

Top 100 グローバル・イノベーター 2016

2017年 プレスリリース世界で最も革新的な企業・研究機関100社を選出する「Top 100 グローバル・イノベーター 2016」発表世界で最も革新的な企業・研究機関100社を選出する「Top 100 グローバル・イノベーター 2016」発表 ~ 34社の日本企業が受賞。世界シェア率第2位 ~ ~ 既存の自社業界に留まらず、積極的に新たな他業界分野を開拓する「イノベーションのボーダーレス化」が顕著に ~ 2017年1月11日(日本時間) 米国フィラデルフィア発 *米国時間2017年1月10日に発

2016年12月23日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service

Skip to main content Skip to Footer2016年12月14日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――高度なアナリティクス、機械学習やIoTなどのデジタル技術が公共サービス機関の変革に貢献 【バージニア州アーリントン発 2016年11月15日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、高度なアナリティクスをはじめとするデジタル技術は、行政や公共サービスに携わる行政機関に急速な変化をもたらし、規制コンプライアンス、レガシーIT基盤への対応や役所文化

2016年7月4日SAS★★フィードバック数:0企業情報システム

変化する企業のBI活用の現状と課題:セルフサービス環境をビジネス変革につなげる要件とは

セルフサービスBIが業績向上に貢献、一方ユーザー部門とIT部門の意識ギャップも明らかに~国内調査で判明:25.5%の調査対象者がBIにおいてアナリティクスの活用を予定~ SAS Institute Japan株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:堀田 徹哉、以下 SAS)は、最近の国内の利用調査で明らかになったセルフサービスBIの利点と課題に対して、「SAS® Visual Analytics」の提案活動を強化することを発表します。企業においてビッグデータの活用が進んでいる現在、データに

2015年5月27日SASフィードバック数:0社会/政治

世界の貿易データ

SASと国連、世界の貿易データを一般に公開~「SAS® Visual Analytics for UN Comtrade」により、3億行を超える貿易データから前例にない洞察を導き出すことが可能に~ *2015年4月27日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。 ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、国連(UN)統計局が27年間にわたり集計してきた3億行を

2015年3月12日アクセンチュア★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュアのレポートです。

デジタルビジネスを成長させる:アクセンチュア・モビリティ・リサーチ2015

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――デジタル技術を全面導入することでビジネス変革の可能性がさらに拡大することが明らかに【モバイル・ワールド・コングレス、バルセロナ発:2015年3月2日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、大企業は、インタラクティブマーケティングやアナリティクス、モビリティ、クラウドを含むデジタル技術がもたらす変革の可能性に、明確な期待を寄せていることが明らかになりました。世界15ヵ国を対象にアクセン

2014年11月19日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

インテリジェント・インフラストラクチャ――デジタル・ビジネスを実現する次世代インフラストラクチャ

Skip to main content Skip to Footerインテリジェント・インフラストラクチャデジタルテクノロジーの発達に対して従来のITインフラは限界を迎えています。俊敏かつ柔軟なインテリジェント・インフラストラクチャの構築が急務です。 大多数の企業ITインフラはソーシャルネットワーク、モバイル、アナリティクス、クラウドなどの新たなデジタルテクノロジーがもたらす変革に追随できず、限界点に達しています。 一方で、デジタルテクノロジーから受けられる恩恵は多大であり、顧客対応の迅

グローバルでの企業ランキングです。

Top 100 グローバル・イノベーター 2014

Top100 グローバル・イノベーター・アワード過去の受賞企業リポートダウンロード関連プレスリリース 『Top 100 グローバル・イノベーター』では、クラリベイト・アナリティクスが保有する特許データを基に知財動向を分析し、世界の革新企業・機関トップ100を選出しています。2017年1月10日、第6回目の受賞企業が発表されました。プレスリリースはこちら 本アワードは、「特許数」、「成功率」、「グローバル性」、「引用における特許の影響力」から成る4つの評価基準から構成されています。これらは、クラリ

2014年11月6日SASフィードバック数:0ビジネス海外

Stressed Out? How US and European banks are responding to regulatory stress tests

SASとLongitude Research社の共同調査により、欧州と米国の大手銀行が今もストレステストに奮闘中であることが明らかに ~大半の銀行は運用の初期段階にあり、遅々として進まない理由にデータ管理の難しさと人材不足を挙げる~ *2014年10月22日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。 米国ネバダ州ラスベガス「The Premier Business Leadership Series」発 (2014年11月6日)ビジネス・アナリティクス・

2014年10月3日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

デジタル化の戦略における要諦~顧客が真に求める情報を提供せよ

Skip to main content Skip to Footerデジタル化の戦略における要諦FSアーキテクト Vol.35: デジタル化により顧客接点の高度化やオペレーション効率化とコスト削減などが期待できます。デジタル化領域として優先度の高い4つの領域をご紹介します。 金融サービス本部マネジング・ディレクター堀江 章子 デジタル化は今日のビジネスにおいて、収益性の向上、成長、競合他社との差別化を実現するための非常に重要な手段となってきている。金融業界に限らず、ハイパフォーマンス

2014年5月28日IBMフィードバック数:0企業情報システム

最新テクノロジーに対応するITインフラの必要性が明らかに

最新テクノロジーに対応するITインフラの必要性が明らかに TOKYO - 28 5 2014:2014年5月28日IBM Study:最新テクノロジーに対応するITインフラの必要性が明らかにクラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャルに関連するITインフラの課題に直面する企業[米国ネバダ州ラスベガス、2014年5月19日(現地時間)発]IBM(本社:米国ニューヨーク州アーモンク、会長、社長兼CEO:バージニア・M・ロメッティ、NYSE:IBM) は本日、拡大するクラウド、アナリティクス、モバイ

グローバルでの企業ランキングです。

Top 100 グローバル・イノベーター 2013

Top100 グローバル・イノベーター・アワード過去の受賞企業リポートダウンロード関連プレスリリース 『Top 100 グローバル・イノベーター』では、クラリベイト・アナリティクスが保有する特許データを基に知財動向を分析し、世界の革新企業・機関トップ100を選出しています。2017年1月10日、第6回目の受賞企業が発表されました。プレスリリースはこちら 本アワードは、「特許数」、「成功率」、「グローバル性」、「引用における特許の影響力」から成る4つの評価基準から構成されています。これらは、クラリ

2012年12月21日アイレップフィードバック数:27マーケティング

2012年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース

アイレップSEM総合研究所 2012年検索エンジンマーケティング業界10大ニュースを発表この記事をシェアするTweet 報道関係者各位プレスリリース JASDAQ平成24年12月21日株式会社アイレップ(証券コード:2132) 株式会社アイレップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:紺野俊介、以下アイレップ)SEM総合研究所(※1)は、2012年の検索エンジンマーケティング(SEM)業界における10大ニュースを発表いたします。昨年に続き2012年もデジタルマーケティングで多くの話題を集め

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ