調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アプリケーション

「アプリケーション」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月11日F5 Networksフィードバック数:0企業情報システム

2017年版 アプリケーションデリバリの状況

F5ネットワークス、「2017年版 アプリケーションデリバリの状況」の 調査結果を発表セキュリティへの懸念がアプリケーションサービスを急速に普及させる大きな要因に クラウドシフトによって「セキュリティ」が「可用性」を初めて上回り、アプリケーション展開の最重要課題にF5 Networks (NASDAQ: FFIV)は、「2017年版 アプリケーションデリバリの状況(2017 State of Application Delivery)」の調査結果を発表しました。本調査は、F5の全世界のお客様を対

2017年2月2日イードフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「WEBアプリケーション脆弱性診断サービス」に関する利用実態調査

News 2017年1月24日 「WEBアプリケーション脆弱性診断サービス」に関する利用実態調査について 約3分の1が「価格に見合った技術力」を重視し選択 市場需要は診断結果から「いかに改善するか」のフェーズへ 株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋、以下 イード)が運営する情報セキュリティ専門メディア「ScanNetSecurity」は、NHN テコラス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:加藤 雅樹、以下 NHN テコラス)と共同で「WEBアプリケーション脆弱性診断

2016年8月2日Veeva Systemsフィードバック数:0企業情報システム

Veeva 2016 ペーパーレスTMFサーベイ

業界最大規模のTMF調査で、臨床試験オペレーションにおける大...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 業界最大規模のTMF調査で、 臨床試験オペレーションにおける大きな変化が明らかに~ 業界全体が査察への準備体制強化と臨床試験期間の短縮を進める中、 eTMFアプリケーションの使用率も倍増 ~Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社:カリフォルニア州プレザントン、日本法人本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva)は、医薬品情報協会

2016年6月19日Ipswitch Japanフィードバック数:0ビジネス

IT部門とインテリジェント・システムとの関わりについての調査

[] イプスイッチ社(日本法人:Ipswitch Japan 株式会社、東京都港区、代表者ウィリアム・アトリッジ)は2016年6月16日、同社の提供で実施された独立調査機関、Freedom Dynamics、によるインテリジェント・システムとIT部門との関わりに関する調査結果を発表しました。世界各国のIT部門が、インテリジェント・システムを使った自動化や最適化への適応を促進していることがわかりました。92%がビジネスの成功に対するインテリジェント・システムの重要性を認識している一方、ネットワーク

2016年5月21日Nimble Storageフィードバック数:0企業情報システム

Mind the Gap:アプリケーションの遅延が企業の業績に与える影響

ニンブル ストレージ、データとアプリケーションの間に生じるアプリケーション遅延による経済損失は年間75億ドルストレージ インフラの高速化だけでは問題解決できない 企業の重要データを保護するフラッシュ ストレージ ソリューション カンパニーであるニンブル ストレージ:、以下)は、英と共同でグローバルな調査を実施し、アプリケーションへのデータ提供や更新の遅れ「ギャップ」が、著しい生産性低下や経済的損失の原因となり、企業の業績にまで影響を及ぼす事実が明らかになったことを発表しました。また、が件以上の「

2016年3月2日CA Technologiesフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Application Economy Index 2016(アプリケーション・エコノミー・インデックス、以下AEI)に関する第一回調査

CA Technologiesの調査で、市場とのかい離への対応の遅れによって リーダー企業も競争力を失う恐れがあることが明らかに ~今日のアプリケーション・エコノミーでディスラプターに位置づけられる日本は市場潜在力指標の評価では最下位に~ CA Technologies (東京都千代田区、社長:ポール・フォルケンシュタイン)は本日、アジア・パシフィック&ジャパン地域(APJ)のApplication Economy Index 2016(アプリケーション・エコノミー・インデックス、以下

2015年10月19日riverbed★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

VMworld 2015参加企業のSDN/SD-WAN調査

リバーベッド、VMworld 2015参加企業のSDN/SD-WAN調査を発表~米企業はITにアプリケーションの高速化、コスト削減、アジリティの向上を求める。回答企業の4分の3以上がSDNに、約3分の1がSD-WANに興味あり~ アプリケーション・パフォーマンス・インフラストラクチャのリーダーであるリバーベッドテクノロジー株式会社(東京都渋谷区、以下、リバーベッド)は、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)やソフトウェア定義WAN(SD-WAN)の導入に対する企業の関心調査の結果を

2015年9月15日GitHubフィードバック数:0企業情報システム

「Apache Cordova」を使ったハイブリッドアプリケーションの脆弱性に関する調査報告書

README.adoc 「Apache Cordova」を使ったハイブリッドアプリケーションの脆弱性に関する調査報告書近年、モバイルアプリケーションの市場では、プラットフォーム固有のプログラム言語の代わりに HTML5 や JavaScript を使って開発するハイブリッドアプリケーションと呼ばれるアプリが増えてます。ハイブリッドアプリの開発には標準化された Web の技術を用いるため、アプリのクロスプラットフォーム化や開発コストの削減を実現できる一方で、フレ

2015年6月17日三菱総合研究所フィードバック数:0マーケティング

放送・通信連携によるスマートテレビを活用した公共・地域情報等を発信するアプリケーション(スマテレ・アプリ)効果検証

「放送・通信連携によるスマートテレビを活用した公共・地域情報等を発信するアプリケーション(スマテレ・アプリ)効果検証」結果発表三菱総合研究所2015.06.16MRIニュース株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大森京太)が受託している平成26年度 総務省「放送・通信連携によるスマートテレビを活用した公共・地域情報等を発信するアプリケーションに関する調査研究」において、昨秋採択した「放送・通信連携によるスマートテレビを活用した公共・地域情報等を発信するアプリケーション(ス

プローブデータに関する日米共同研究 評価報告書

プローブデータに関する日米共同研究 評価報告書  本資料は、国土交通省道路局と米国運輸省研究・革新技術庁との間で締結した協力覚書に基づいて実施した、プローブデータに関する日米共同研究の成果をとりまとめたものである。 第7章プローブデータを活用するアプリケーション候補リスト 第8章プローブデータを活用した優先アプリケーション 第9章アプリケーションの技術的実現性の評価と配備に関する

ポータルもアプリも使う理由は変わらない―定期調査「ネットでのニュース購読」(2)

このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「ネットでのニュース購読」について調査した第2回である。インターネットコム編集部2015/02/27 09:00 シェアする13ツイートする0共有する共有このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「ネットでのニュース購読」について調査した第2

2015年1月30日CA Technologiesフィードバック数:0企業情報システム

DevOpsが企業の収益に大きな影響を及ぼすことが明らかに

DevOpsが企業の収益に大きな影響を及ぼすことが明らかに~DevOps採用企業は、顧客数の増加、市場投入期間の短縮、アプリケーションの品質・性能の向上などのメリットを実感~(2015年1月30日、東京発)CA Technologies (東京都千代田区、社長:ポール・フォルケンシュタイン)は本日、「DevOps: The Worst-Kept Secret to Winning in the Application Economy(DevOps:アプリケーション・エコノミーで勝ち抜くための公然

2015年1月16日CA Technologiesフィードバック数:0企業情報システム

How to Survive and Thrive in the Application Economy

CA Technologiesの調査で企業間における「アプリケーション格差」が明らかに~ソフトウェアと開発に注力する企業が、アプリケーション・エコノミーの時代に生き残り、成功を収める~(2015年1月15日、東京発)CA Technologies (東京都千代田区、社長:ポール・フォルケンシュタイン)は、世界で実施された「アプリケーション・エコノミー」に関する調査結果を発表しました。新しい開発能力や革新的な取り組みに対して、積極的に投資をしている「先進的」企業※1は、比較的そうではない「後進的」

2014年10月28日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

2015年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10

2014年10月28日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、2015年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10を発表『Gartner Symposium/ITxpo』(10月28〜30日、東京・台場) において トップの業界トレンドを明らかに 米国フロリダ州オーランド発 − 2014年10月8日 − ガートナーは、2015年に企業・組織にとって戦略的な重要性を持つと考えられるテクノロジ・トレンドのトップ10を発表しました。これは、世界各地で開催している『Gartner Symposium

Android アプリ脆弱性調査レポート 2013年10月版

2013年10月30日ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社「Android アプリ脆弱性調査レポート 2013年10月版」を公開 ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社は、マーケットに公開されているAndroidスマートフォンアプリケーション(apkファイル※1)から、「脆弱性のあるアプリ」の動向について分析した結果をまとめた、「Androidアプリ脆弱性調査レポート 2013年10月版」を公開しました。スマートフォンは私たちの生活を魅力的なものにしてくれる便利なツ

2013年9月4日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

最も標的になりやすい国は? 蔓延するAndroidに対する脅威

最も標的になりやすい国は? 蔓延するAndroidに対する脅威 Androidは近年、最も人気の高いモバイルプラットフォームとして急速に普及し、新規に参入した開発者が斬新なアプリケーションによって自分の開発スキルを誇示できる市場が拡大しています。しかし、すべての開発者が善良な意図で開発を行っているとは限りません。なかにはAndroidの人気につけ込んで不正なアプリケーションを開発する人もいます。このブログでは、2013年の最も重要な脅威と最も標的になりやすい国をご紹介します。2013年各月のトッ

2013年7月10日カスペルスキーフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

57%の企業が社員の利用するアプリケーションをコントロールできず

本リリースは、2013年 5 月 15 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。サードパーティ製のアプリケーションの起動を制限することは、企業のワークステーションのセキュリティを向上させ、従業員の業務効率を高めることに繋がります。しかし、Kaspersky Labとビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した調査によれば、企業の 57% がアプリケーションコントロールのためのツールを使用していないことが分かりました。サイバー

2013年2月7日NTTアドフィードバック数:2モバイル

スマートフォンのアプリケーションに関する調査

スマートフォンのアプリケーションに関する調査

2012年11月13日アイティメディア★フィードバック数:5セキュリティ/ネットワーク

キーマンズがWAN高速化についての調査結果を公表しました。

WAN高速化ツールの導入状況

キーマンズネットでは、2012年8月7日〜 2012年8月21日にかけて「WAN高速化ツール」に関するアンケートを実施した(有効回答数:675)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の39.6%、一般部門が42.2%、ベンダ・SIerが18.2%という構成比であった。今回、お聞きしたのはWAN高速化ツールの「導入目的」や「選定時の重要ポイント」など、導入状況を把握するための質問。その結果、既にWAN高速化ツールを導入したとした企業は全体の1割程度で、その内8割以上が満足と答えるも、“ネットワ

2012年6月29日アイティメディア★フィードバック数:16企業情報システム

企業の情報系システムについての分析です。

企業のデータ分析力を支える3本柱

前回は日米のIT投資を比較し、今後国内企業がビジネスを活性させるためのIT活用を行うには、これまでの基幹系システムから情報系システムに対する投資が鍵となると述べた。情報系システムをうまく活用するためには、ハードウェアなどのインフラもさることながら、ソフトウェアの活用が重要となるとも述べた。 今回は情報系システムに関する現状と、今後どのような対応をするべきかを考えてみたい。情報系システムの現状図1 主要なIT動向に対する重要度(出典:ITR) アイ・ティ・アール(ITR)では、2001年度から継続

2011年9月6日矢野経済研究所フィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

バイオメトリクス市場に関する調査結果 2011-今後は静脈認証と顔貌認証が有望な認証方式、アプリケーションの多様化進む-

2011年09月06日 バイオメトリクス市場に関する調査結果 2011 ~今後は静脈認証と顔貌認証が有望な認証方式、アプリケーションの多様化進む~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、国内のバイオメトリクス市場の調査を実施した。1.調査期間:2011年6月~8月2.調査対象:バイオメトリクス関連製品を市場に投入している主要企業各社3.調査方法:当社専門研究員による直接面接取材、ならびに電話・e-mail等によるヒアリングを併用バイオメトリクスは、ICカードや磁気

2011年6月29日シマンテックフィードバック数:10セキュリティ/ネットワーク

仮想化とプライベートクラウドが主流になるにつれて新しい課題が浮上

仮想化とプライベートクラウドが主流になるにつれて新しい課題が浮上 シマンテックの調査でプロジェクト目標と現実のギャップが明確化 企業内でのより緊密なコラボレーションが必要 2011 年 6 月 29 日【報道関係者各位】* 本リリースは米国東部標準時間 6 月 13 日午前 8 時 (日本時間 6 月 13 日午後 9 時) に発表されたプレスリリースの翻訳版です。シマンテック コーポレーション (Nasdaq: SYMC、本社: 米国カリフォルニア州マウンテンビュー市、代表: エンリケ・セ

2010年5月24日ガートナーフィードバック数:15企業情報システム

日本のSaaS市場は年平均11.7%で成長

2010年5月20日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー ジャパン発表日本のSaaS市場は年平均11.7%で成長既存ソリューションとの組み合わせがベンダーのビジネス・チャンスに ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都目黒区、代表取締役社長:日高 信彦) のリサーチ部門は、2010年5月、国内の「サービスとしてのソフトウェア (SaaS)」市場規模予測をまとめました。これによると、同市場は2010年から2013年にかけて年平均11.7%で成長し、2013年には427億円に達する見通

2009年12月22日日経BP★フィードバック数:35モバイル

ITproによるスマートフォンに関する調査結果です。

こんなスマートフォン・アプリケーションが欲しい

こんなスマートフォン・アプリケーションが欲しい

2009年9月30日日経BP★フィードバック数:0モバイル

携帯ウィジェットの利用状況に関する調査です。

携帯ウィジェットはどれだけ浸透している?

筆者は今,ITproのRSSフィードを使った携帯電話向けウィジェット(以下,携帯ウィジェット)の開発にかかわっていて,年内にはお披露目したいと考えている。そんな事情があって,今回の「記者のつぶやき調査編」のテーマは「携帯ウィジェットの普及状況」にした。 携帯ウィジェットとは,携帯電話の待ち受け画面上にアイコン状にして配置しておき,簡単に起動できるようにした小規模なアプリケーションのことである。iPhone,Android,Windows Mobileといったスマートフォン向けで多く開発されている

2008年7月7日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

基幹系アプリ利用に関するアンケート

財務/会計、人事/給与、販売/在庫管理といった、文字通り企業の根幹を支える基幹系アプリケーション。企業において「人・モノ・金」をしっかりと管理する上で、IT化が寄与する効果はもはや自明といえるだろう。だが、実際のところ基幹系アプリケーションの導入はどれほど進んでいるのだろうか。企業はどのような要素を重視して導入を決断しているのだろうか。 そこでTechTargetジャパンの会員を対象に「基幹系アプリケーション利用に関するアンケート調査」を行った。今回は、その結果を紹介する。基幹系アプリケーション

2008年6月30日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

第9回:伸びない戦略的アプリケーションの導入率,CRMは国産製品が上位に

経営戦略的なアプリケーションの定義は難しい。一般的には企業のコアコンピタンスを生かせるようなITアプリケーションという意味になるだろうが,それこそ企業を戦略的に変える「シルバーバレット(銀の弾丸)=特効薬」のアプリケーションは存在しない。アプリケーションが戦略的なのではなく,企業がその手段としてアプリケーションを戦略的に利用するという前提があるからだ。どんな安いアプリケーションでも使い方によっては戦略的になり得る。逆に,どんなに高機能なアプリケーションでも使い方によっては戦略的な活用に至らない。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ