調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アプローチ

「アプローチ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年3月9日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

「ミドルの出戻り入社」実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース「ミドルの出戻り入社」実態調査 10%のミドルが「一度退職した職場に出戻り入社をしたことがある」と回答。 出戻り入社のきっかけで多いのは「前職の社長・役員・上司からアプローチ」。―『ミドルの転職』ユーザーアンケート集計結果―「ミドルの出戻り入社」実態調査10%のミドルが「一度退職した職場に出戻り入社をしたことがある」と回答。出戻り入社のきっかけで多いのは、「前職の社長・役

2015年6月11日財務省フィードバック数:0キャリアとスキル

女性の活躍促進のための新たなアプローチの必要性 ―ダグラス・有沢の法則の変化とその要因―

女性の活躍促進のための新たなアプローチの必要性 ―ダグラス・有沢の法則の変化とその要因―

2015年4月17日IPAフィードバック数:0企業情報システム

横断的アプローチによるソフトウェア開発データの分析~高信頼性定量化部会 信頼性メトリクスWG検討報告書~

横断的アプローチによるソフトウェア開発データの分析 ~高信頼性定量化部会 信頼性メトリクスWG検討報告書~ 2015年4月16日公開 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター概要 IPA/SEC は、ソフトウェア開発における定量的管理の普及促進を目的に、開発プロセスの標準化や、見える化手法・定量的品質管理手法などの調査・検討を行っています。その一環として、高信頼性定量化部会の「信頼性メトリクスWG」の活動があります。本WGの2014年度の活動では、従来経験的に知られて

業界別報告セグメントの個数・内容の分析‐ゲーム業界

業界別報告セグメントの個数・内容の分析‐ゲーム業界2014年10月21日2010年4月1日以後開始する連結会計年度および事業年度より、企業会計基準第17号「セグメント情報等の開示に関する会計基準」および企業会計基準適用指針第20号「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」が適用されました。当該基準により、報告セグメントはマネジメントアプローチが採用され、企業の最高経営意思決定機関が意思決定のために使用する情報を基礎としてセグメント情報を開示することとされています。今回は、ゲーム業界の有

2014年8月29日総務省フィードバック数:0社会/政治

総務省ミッションとアプローチ2015

報道資料総務省ミッションとアプローチ2015 総務省は、今般、総務省が果たすべきミッション及びそのためのアプローチ(施策等)について、「総務省ミッションとアプローチ2015」として取りまとめましたので、公表します。 ○総務省の課題とミッション(総務省ミッションとアプローチ2015)○総務省ミッションとアプローチ2015 重点施策集 連絡先総務省大臣官房企画課 電話:03-5253-5158(直通) FAX:03-5253-5160

2014年8月25日アイ・キューフィードバック数:0キャリアとスキル

「2014年インターンシップ」の実態調査

インターンシップで優秀な学生に出会ったら?7割の企業が「学生...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > インターンシップで優秀な学生に出会ったら? 7割の企業が「学生へ直接的なアプロ...インターンシップで優秀な学生に出会ったら? 7割の企業が「学生へ直接的なアプローチを実施」と回答~ 「2014年インターンシップ」の実態調査 ~ 株式会社アイ・キュー(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 城)が運営する日本最大の人事ポータルサイト『

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐「生産性」は、公共部門においても産業界においても、長期間にわたり議論されてきたテーマです。本書では、公共部門の生産性に関するこれまでの取り組みの原動力と経緯について考察し、また以下の3つの質問に焦点を当てることによって、公共部門においても生産性は大きな意味を持つものになる、とこれまでの否定的な見解を覆す主張をしています。政府のプログラムや活動を戦略的に優先順位付けするに当たり、集団的アプローチ

2014年4月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気、「7.5%前後」へのアプローチは上々 ~潜在的リスクは多いが、現状は政府が目指す方向に徐々に進んでいる~

中国景気、「7.5%前後」へのアプローチは上々 ~潜在的リスクは多いが、現状は政府が目指す方向に徐々に進んでいる~

2013年12月28日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の現状_月刊版2014年1月号

数字で読み解く人材マネジメント「戦略的採用のすゝめ:戦略人事の4つのアプローチが採用成功に及ぼす影響について」を公開しました。

2013年9月20日NTTレゾナントフィードバック数:0大型消費/投資

「この人、私に気があるんじゃ」と思う合コンでの男性のセリフランキング

みんなでワイワイと当たり障りない会話を交わしながらも、誰が自分と相性がよさそうか、そして誰が自分のことを気に入っていそうか、目を光らせながら臨む合コン。今回は、女性が「この人は私に気がある」と判断するセリフはどんなものか教えてもらいました。1位は《今後二人だけで会おうよ》という、ストレートなお誘いのセリフになりました。短期決戦の合コンでは、さりげないアプローチや遠回しな誘い方ではうまく伝わらず、チャンスを逃してしまうことも多々あります。「絶対に逃したくない」と思う相手には直球勝負するはず、という

2013年9月20日NTTレゾナントフィードバック数:0大型消費/投資

男性が合コンで「この子を落としたい!」と思った時に出るセリフランキング

2013年09月20日 00:00 男性が合コンで「この子を落としたい!」と思った時に出るセリフランキング 短期決戦の合コンでは、気に入った相手に効果的にアプローチをし、次回につなげる必要があります。今回は女性も興味津々、男性が合コンで「落としたい!」と思ったときに言うセリフは何かを聞いてみました。1位は《連絡先聞いてもいい?》になりました。連絡先がわからなければその後のアプローチもかけられないので、どんなシャイ・ガイでも頑張りたいところです。最近はfacebookなどのSNSにメッセ

2013年5月15日日本総研フィードバック数:1社会/政治

為替相場が日韓の輸出競争力に及ぼす影響-輸出企業の投入構造からのアプローチ

為替相場が日韓の輸出競争力に及ぼす影響-輸出企業の投入構造からのアプローチ

モテに関する意識調査

男性がドン引きする女性とは?約6割の男性票を集め「部屋が汚い...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 男性がドン引きする女性とは? 約6割の男性票を集め「部屋が汚い女性」が1位に! ...男性がドン引きする女性とは? 約6割の男性票を集め「部屋が汚い女性」が1位に! 『整理整頓』が“男性にモテる”ポイント! ~恋人のいない男女へのモテに関する意識調査~株式会社ネオマーケティングは、出会いの季節である春直前、現在恋人のいない全国の20

2013年1月23日笹川平和財団★フィードバック数:0ライフスタイル

海についての教育をテーマとした調査です。

小中学校における海洋教育の実施状況に関するアンケート

海洋政策研究所について海洋政策研究所の前身にあたる「海洋政策研究財団」は「人類と海洋の共生」を目指して2000年から海洋政策の研究、政策提言、情報発信等を行うシンクタンク活動を開始し、2007年の海洋基本法の制定に貢献しました。その後も、海洋ガバナンスに関する国際的な会議や議論に積極的に参画するとともに、海洋基本法が定めた12の基本的施策の具体化、実施の推進のためにシンクタンク活動を展開してきました。海洋政策研究所は、その海洋政策研究財団の活動及びそれを支える人材と知見及びネットワークを継承し、

2011年2月4日マクロミル★フィードバック数:26大型消費/投資

マクロミルによる結婚に関する調査結果です。

結婚と恋愛に関する調査

2011年02月04日独身男女、8割超が「結婚したい」。女性の結婚願望は2年前より増加。女性が'恋人'に求めるものは、「優しさ」44%。'結婚相手'では「経済力」40%男性は、結婚後「夫婦共働き」を希望する 約7割。恋人がいない男女は、約6割。'自分から積極的にアプローチしない男性'が7割。インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)の25~39才の未婚男女に、「結婚と恋愛に関する調査」を実施いたしました。2年前に

2010年3月23日ディーバ★フィードバック数:0企業情報システム

国際会計基準に関する調査結果が発表されました。

IFRSに関わる連結決算業務の実態調査

連結会計システム・連結経営会計システム、ソリューション・ベンダーの株式会社ディーバHOME ≫ ニュース ≫ プレスリリース ≫ 2010年 ≫ IFRSに関わる連結決算業務の実態調査~ IFRS任意適用を目指す企業は4%~~企業にもっとも大きな影響を与えるのは「収益認識」~~セグメント区分の見直しを未定とする企業が約半数~2010年3月16日株式会社ディーバIFRSに関わる連結決算業務の実態調査~ IFRS任意適用を目指す企業は4%~ ~企業にもっとも大きな影響を与えるのは「収益認識」~ ~セ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ