調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アメリカ合衆国

「アメリカ合衆国」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月4日GfK★フィードバック数:0マーケティング

GfKグローバル意識調査:「お金vs時間」、「所有vs体験」 - グローバルの消費者は、時間と体験をより重視

GfKグローバル意識調査:「お金vs時間」、「所有vs体験」 - グローバルの消費者は、時間と体験をより重視  GfKは17カ国、22,000名のインターネットユーザーに、「時間」と「お金」、および「所有」と「体験」のどちらを重視しているか調査し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは、お金より時間を重視する人は31%、お金を重視する人の3倍超に。・所有することより体験することを重視する人は44%、所有することを重視する人の11倍に。  世界17カ国の22,000名に「お金があ

2016年12月19日GfKフィードバック数:0マーケティング

Anholt-GfK 国家ブランド指数 2016年

【概要】・上位10カ国ではイギリス、アメリカ合衆国のポイント低下が顕著・カナダが4位に浮上。上位3カ国に迫る・日本は7位へ後退 GfKは、Anholt-GfK 国家ブランド指数 (NBI) 2016年調査の結果を発表しました。当調査は、世界50カ国のブランド力を測定したもので、詳細な国家ブランディング調査としては世界最大規模です。2016年の結果をみると、上位10カ国すべてにおいて評価(スコア)が前年から低下しました。前年からのスコアの差が1.00ポイントより大きい場合は強度の変化と捉えら

2016年12月9日GfKフィードバック数:0社会/政治

人の手助け(ボランティアなど)をする頻度に関するグローバル調査

「人の手助け(ボランティアなど)をする頻度に関するグローバル調査」 GfKは17カ国、22,000人に対しボランティア活動などの人の手助けを行う頻度を調査し、結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは約4割が月に1回以上ボランティアなどの人助けを行っていると回答。・日本では1割強にとどまる。  ボランティアなどの人助けをどれくらいの頻度で行っているか、GfKは世界17カ国の22,000名に尋ねました。その結果、 グローバルでは39%の人が月に1回以上の頻度でボランティアなどの人の手助け

21世紀に世界をリードする国は?1位は「アメリカ合衆国」(1998年4月)

生活 > 21世紀に世界をリードする国は?1位は「アメリカ合衆国」1位は「アメリカ合衆国」、2位「日本」、3位「中国」 総合ベストテン総合でした。この3国で得票の8割強を占めるという圧倒的な結果となりました。なかでも、大統領スキャンダルが飛び出してもビクともしない国は39.5%と実に4割近い支持がありました。東西冷戦の終結後は、連邦崩壊で求心力を失ったロシア、統合に向けて足並みが揃わないEU各国を尻目にアメリカ1強時代の感があります。この情勢が21世紀も続くということでしょうか。の2位は、これを

2013年11月4日楽天★フィードバック数:0大型消費/投資

年末年始の旅行の見通しです。

年末年始の海外旅行動向

楽天トラベル 年末年始の海外旅行動向を発表-9連休効果、前年比88.8%増と大きく伸長 高単価の“贅沢旅行”が人気、働き世代の宿泊単価が約22%増- 楽天トラベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山本 考伸、以下 楽天トラベル)は、2013年12月28日から2014年1月5日の年末年始期間における海外旅行の予約状況についてまとめましたので、お知らせいたします。 2013年 年末年始の海外旅行動向 概要【対象期間】2013年12月28日(土)~2014年1月5日(日) 【ハイライト】

2013年10月22日外務省フィードバック数:0社会/政治

海外在留邦人数調査(平成25年要約版-平成24年10月1日現在統計)

海外在留邦人数調査の結果公表 (平成25年要約版-平成24年10月1日現在統計)平成25年10月21日1 外務省が平成24年に在外公館等を通じて実施した「海外在留邦人数調査」の結果,平成24年10月1日時点で海外に在留する邦人総数(3か月以上の長期滞在者と永住者の合計)は,124万9,577人で,前年より6万7,020人(5.67%)の増加となっています。2 国別の在留邦人数は,多い順に(1)アメリカ合衆国 (41万973人) , (2)中華人民共和国 (15万399人),(3)オーストラリア(

2012年11月29日総務省★フィードバック数:6ビジネス

外資子会社についての統計です。

親会社が海外にある国内企業の状況

ここから本文です。平成24年11月28日 総務省統計トピックスNo.65 親会社が海外にある国内企業の状況−平成21年経済センサス-基礎調査結果から− 本トピックスは、海外企業からの対日直接投資に関連する一資料として取りまとめたものです。 取りまとめに当たっては、「親会社が海外にある国内企業」について、その親会社の所在国(又は地域)を把握する特別集計を実施しました。 この結果と、昨年公表した平成21年経済センサス-基礎調査の集計結果とを併せて「親会社が海外にある国内企業」の状況について紹介します

2012年7月23日外務省フィードバック数:33社会/政治

海外在留邦人数調査の結果公表(平成24年速報版 平成23年10月1日現在統計)

海外在留邦人数調査の結果公表(平成24年速報版-平成23年10月1日現在統計)外務省が平成23年に在外公館等を通じて実施した,「海外在留邦人数調査」の結果,平成23年10月1日時点で海外に在留する邦人総数(3か月以上の長期滞在者と永住者の合計)は,118万2,557人(前年の114万3,357人に比し,3万9,200人,3.43%の増)となりました。在留邦人総数は多い順に,(1)アメリカ合衆国(39万7,937人),(2)中華人民共和国(14万931人),(3)オーストラリア(7万4,679人

2011年10月12日外務省フィードバック数:17ビジネス

海外在留邦人数調査の結果公表(平成23年速報版-平成22年10月1日現在統計)

海外在留邦人数調査の結果公表(平成23年速報版-平成22年10月1日現在統計)外務省が平成22年に在外公館等を通じて実施した,「海外在留邦人数調査」の結果,平成22年10月1日時点で海外に在留する邦人総数(3か月以上の長期滞在者と永住者の合計)は,114万3,357人(前年比1.02%増)となりました。在留邦人総数は多い順に,(1)アメリカ合衆国 (38万8,457人) ,(2)中華人民共和国 (13万1,534人),(3)オーストラリア (7万0,856人),(4)英国 (6万2,126人)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ