調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アルコール飲料

「アルコール飲料」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月12日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

酒類市場に関する調査を実施(2017年)

2017年07月03日 酒類市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の酒類市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年3月~6月2.調査対象:酒類メーカー各社、卸、輸入事業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面接取材、アンケート調査、電話等による間接調査及び文献調査併用<酒類市場とは>本調査における酒類市場とは、ビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)、清酒、甲類焼酎、乙類焼酎、ウイスキー、ワイン、低アルコール飲料、その他の10分野(カテゴリー

「ホームパーティーとアルコール飲料」に関する実態調査 日本ホームーパーティー協会

ホームパーティー好きな人に聞く!ビール以外の好きなアルコール飲料ベスト3とは!? 〜日本ホームーパーティー協会調べ/「ホームパーティーとアルコール飲料」に関する実態調査〜 日本でのホームパーティーカルチャー普及を目的として、ホームパーティー検定などを行う一般社団法人日本ホームパーティー協会()は、一般社団法人日本ピクニックパーティー協会()と共同で、ホームパーティーとアルコール飲料に関するアンケート調査を、20歳以上のホームパーティーに関心のある男女へ行いました。その結果をご報告いたします。 ■

「ホームパーティーとアルコール飲料」に関する実態調査

ホームパーティー好きな人に聞く!ホームパーティーとアルコール飲料との良い関係とは!? 〜日本ホームーパーティー協会調べ/「ホームパーティーとアルコール飲料」に関する実態調査〜 日本でのホームパーティーカルチャー普及を目的として、ホームパーティー検定などを行う一般社団法人日本ホームパーティー協会()は、一般社団法人日本ピクニックパーティー協会()と共同で、ホームパーティーとアルコール飲料に関するアンケート調査を、20歳以上のホームパーティーに関心のある男女へ行いました。その結果をご報告いたします。

2016年10月9日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

「家で飲むお酒」について

「家でお酒を飲むと疲れが癒される」と感じる主婦は58.5%主...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 「家でお酒を飲むと疲れが癒される」と感じる主婦は58.5% 主婦の約半数は「家事が一段落したとき」にちょっと飲みたいな、と思う 「気持ちよくなる程度」のアルコール分なら気がねなく飲める 「オレンジページくらし予報」が、全国のお酒が飲める女性を対象に「家で飲むお酒」について調査。夫婦での晩酌や友人との食事などのほかにも女性が「飲みたいなあ」と思う状況があることがわかって

2016年3月4日昭和女子大学★フィードバック数:0ライフスタイル

女子大生の日本酒アンケート調査

〈アンケート調査報告〉2016 年 2 月女子大生の日本酒アンケート調査「日本酒の女性市場拡大等に関するアンケート調査」昭和女子大学グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科平尾光司ゼミナール日本酒プロジェクトチーム1 &昭和女子大学現代ビジネス研究所21.はじめに日本酒は、私たち日本人が誇りにする日本の文化の一つである。しかし、近年、日本酒の生産量や製造者数は激減し、日本酒市場は年々縮小している。その一つの要因として、多く指摘されるのが“若者の日本酒離れ”である。私たちは、2015 年度のゼミ

2015年6月19日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

市場データです。

酒類市場に関する調査結果 2015

2015年06月19日 酒類市場に関する調査結果 2015 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の酒類市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年3月~5月2.調査対象:酒類メーカー各社、卸3.調査方法:当社専門研究員による直接面接取材と、アンケート調査、電話等による間接調査併用<酒類市場とは>本調査における酒類市場とは、ビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)、清酒、甲類焼酎、乙類焼酎、ウイスキー、ワイン、低アルコール飲料、その他の10 カテゴリーを対象として、算出した。 <低ア

2015年5月21日インテージ★フィードバック数:0マーケティング

お酒の購入者を7つのクラスターに分類しています。

プランニングに役立つ購買行動ログとメディア接触ログを活用したターゲット分析

アルコール飲料購入者を7つの購買行動パターンに分類アルコール飲料の月平均購入本数56本という高頻度大量買い層は購入者全体の5%上記の高頻度大量買い層が全体の購入容量の25%を占めているアルコール飲料の購入はほとんどない超ライト層は購入者全体の30%を占めている各クラスターにより3つのメディア(TV、PC、Mobile)の接触傾向が異なる株式会社インテージは、『プランニングに役立つ購買行動ログとメディア接触ログを活用したターゲット分析』を実施しました。本分析では、購買行動を捉えることができるSCI

2014年12月4日マーシュフィードバック数:0ライフスタイル

「プレミアム」に関する調査

「プレミアム」に関するアンケート調査総括 商品カテゴリーによって異なる、『プレミアム』のワード効果とベネフィット以前、「プレミアムモルツ」「プレミアムロールケーキ」を始めとして、ちょっとした贅沢を味わうプレミアム商品がヒットした。最近でも、食品・飲料以外の様々なカテゴリーで「プレミアム商品」が発売されている。そこで今回は、男女430名を対象に、「プレミアム」に関する調査を行った。まずは、「プレミアム」という言葉からイメージすることを尋ねると、男女ともに、「高級」「高品質」「特別」「贅沢」が上位に

アルコール飲料を毎日飲む人の割合が24ヵ国中1番高いのは日本

WHAT'S NEWアルコール飲料を毎日飲む人の割合が24ヵ国中1番高いのは日本市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル・モニター」調査)を企業に提供しています。今年の2月から3月にかけて16歳以上の消費者を対象に実施した調査によると、アルコール飲料を毎日飲むと回答した人の割合は21%で、24ヵ国中最も高い数値でした。*飲酒が認められる年齢は国により異なりますが、この調査では対象

2014年6月24日楽天リサーチ★フィードバック数:0ライフスタイル

ビールについての調査です。

ビールに関する調査

『年齢が高くなるにつれて、ビールを飲む日は休日・休前日から平日へ外出先では、1杯目にビールを頼む人のうち、2杯目もビールを頼む人は半数程度若年層よりも高年齢層の方がビール以外を頼む傾向に』ビールに関する調査 2014年6月23日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、ビールに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、6月6日から8日の3日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国に在住する20代から60代のうち、自宅または外出

2014年6月15日ドゥ・ハウス★フィードバック数:0エンタテインメント

飲み物にフォーカスしています。

「スポーツ観戦」に関するアンケート

「スポーツ観戦」に関するアンケート結果を発表→スポーツ観戦に「興味がある」人の6割が「競技場・スタジアム」で観戦→「自宅」でスポーツ観戦をする人のうち、 過半数以上が「アルコール飲料」を飲んでいる 株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:稲垣佳伸)、モラタメ事業部では、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケートASP』を利用し、全国の『モラタメ.net®』会員のうち20歳~69歳の男女を対象に「スポーツ観戦」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は2014年5

2014年4月1日ユーラシア研究所フィードバック数:0ライフスタイル海外

ロシアの反アルコール政策と消費動向の変化

ロシアの反アルコール政策と消費動向の変化 -小崎 晃義-概要アルコールの乱用が人口減少の一因であると研究機関などに所属する研究者などから指摘を受けたロシア政府は、アルコール製品の生産と流通の規制を強 化した。だが、人口減少には歯止めがかからず、2009年8月、当時のメドベージェフ大統領はアルコール問題との戦いを宣言した。この政策は消費者の嗜好 (しこう)の変化をもたらし、日本食ブームと相まって日本酒や焼酎のロシア市場への参入のチャンスとなるかもしれない。1.アルコール問題との戦いと連邦アルコール

2014年1月29日MM総研★フィードバック数:0マーケティング

EC市場についてのデータです。

個人消費動向に関する市場規模調査

2014年01月29日■2013年度のEC市場は15.9兆円で、消費市場全体の5.6%を占める ■スマートフォン利用によるEC市場は2.6兆円で、EC全体の16.3% ■消費増税の影響で14、15各年度の国内消費は微減するもEC市場は二ケタ成長に  MM総研(東京都港区 代表取締役所長:中島洋)は1月29日、個人消費動向に関する市場規模調査の結果を発表した。市場規模の算出は、MM総研による全国アンケート調査、内閣府の民間最終消費支出、総務省の人口統計データを活用した。昨今、O2O(=Onlin

2013年8月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 夏に飲むもの

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ夏によく飲む飲み物の上位2位は「麦茶」「コーヒー、コーヒー飲料」。「緑茶」「ミネラルウォーター、水」「ビール類」などが続く。夏に飲む定番の飲み物は「麦茶」「ビール類」などが上位 夏に飲む物に期待することは「冷たい」「のどの渇きをいやす」が上位2位。「スッキリしている」「脱水症状を防ぐ」「のどごしが良い」「リフレッシュ、気分転換できる」などが続く 夏に常温で飲むことがある人は全体の4割弱。常温で飲むことがあるものは、「ミネラルウォーター、水」

2013年6月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニでの飲料の購入

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニエンスストア利用者のうち、飲料購入者は9割弱。「月に1回未満」がボリュームゾーン。週1回以上購入者は4割弱 コンビニエンスストアでの飲料購入者が購入する飲み物は「お茶系飲料」「コーヒー系飲料」が上位2位、「炭酸飲料」「紅茶系飲料」「水、ミネラルウォーター」「果汁飲料・ジュース」「スポーツ飲料」などが続く コンビニエンスストアでの飲料購入者の最頻購入飲料の容器・容量は「ペットボトル:500ml前後」が最も多い。お茶系飲料、炭酸飲料、水

2012年8月30日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム 機能系ビール飲料(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ機能系ビール飲用経験は4割弱。週1回以上飲用者は2割弱 直近1年間に飲んだ機能系ビールは「サントリー金麦 糖質70%OFF」「淡麗グリーンラベル」が3〜4割で上位2位で、「アサヒスタイルフリー」「アサヒオフ」が続く。非飲用者も含む全体での認知は「淡麗グリーンラベル」が最も多い 機能系ビール飲用意向は、ビール類飲用者の6割。ビール類は飲むが機能系ビールは飲まない人の、今後の飲用意向は2割弱にとどまる。飲みたい銘柄は、「サントリー金麦 糖質70

2012年6月21日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 食品・飲料の購入場所

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ『生鮮食品』の購入場所は「食品スーパーの店頭」が7割弱、「総合スーパーの店頭」が5割強。以下、「小型食品スーパーの店頭」「専門小売店」「生協など、食材宅配サービス」などが続く 『飲料(アルコール飲料以外)』の購入場所は「食品スーパーの店頭」が6割弱、「総合スーパーの店頭」が5割、「コンビニエンスストア」が4割弱。「ドラッグストア」「ディスカウントストア」「小型食品スーパーの店頭」が続く 『アルコール飲料』の購入場所は「食品スーパーの店頭」が

2010年8月3日アイシェアフィードバック数:6ライフスタイル

飲み放題規制に関する意識調査

飲み放題規制に関する意識調査 飲み放題利用の理由「飲食代を抑えたい」が多数~WHOの指針採択で世界で飲み放題のあり方が変わる?アルコール乱用による健康被害などの社会的悪影響を減らす目的で、2010年5月、WHO(世界保健機関)は「アルコールの有害な使用を低減するための世界戦略」という指針を採択した。そこには飲食店での酒類の「飲み放題」を規制する内容も含まれ、業界が騒然としているが、消費者は「飲み放題」をどう見ているだろうか。ネットユーザーに意識調査を行い、20代~40代の男女441名の回答を得た

2010年5月17日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

お茶系飲料

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへペットボトルのお茶系飲料の飲用率は90.7%。週1回以上飲んでいる人は45.9% 最もよく飲むペットボトルのお茶系飲料は、「お〜いお茶(伊藤園)」が25.4%で第1位。以下、「爽健美茶(コカ・コーラ)」(17.9%)、「伊右衛門(サントリー)」(13.5%)と続く ペットボトルのお茶系飲料購入重視点のトップ2は、「飲みやすさ」(55.6%)、「価格」(48.4%)。最重視ポイントは「飲みやすさ」 ペットボトルのお茶系飲料を飲む頻度が1年前よ

2010年3月30日アイシェアフィードバック数:9エンタテインメント

工場見学してみたい!全体の7割半~人気ジャンルは「乗り物」「製菓」「アルコール飲料」

工場見学に関する意識調査 工場見学してみたい!全体の7割半~人気ジャンルは「乗り物」「製菓」「アルコール飲料」各メーカーが一般の人に製造工程を案内する工場見学。無料で試飲や試食もできる施設もあることから人気が高まり、工場見学を組み合わせた国内ツアーも企画されているという。この工場見学に対する関心はどうか、ネットユーザーに意識調査を行い、20代から40代の男女496名の回答を集計した。子供の頃、工場見学に行ったことが「ある」としたのは全体の82.3%。身近に見学できる工場があれば、見学に行ってみた

2009年4月6日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

ビールと発泡酒・新ジャンル、飲んで区別できない?~「プレミアムビール」をよく飲むのは女性

ビールと発泡酒・新ジャンルに関する意識調査 ビールと発泡酒・新ジャンル、飲んで区別できない?~「プレミアムビール」をよく飲むのは女性春本番を迎え、花見などの宴会でビールを飲む機会が多い人もいるのではないだろうか。現在、酒税法の関係もあって、ビールに近い味わいにしたアルコール飲料が多数出ている。麦芽の使用比率を低くした「発泡酒」をはじめ、麦以外を原料としたものや発泡酒に蒸留酒を加えたビール系飲料の「新ジャンル(第3・第4のビール)」。それぞれキレや爽快感など、独特の喉ごしや味わいを売りにしているが

2009年3月9日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

アルコール飲料の広告を見て飲みたくなったことが「ある」半数以上~飲みたくなったのは「ビール・発泡酒」「缶チューハイ」

アルコール飲料の広告を見て飲みたくなったことが「ある」半数以上 アルコール飲料の広告に関する意識調査 アルコール飲料の広告を見て飲みたくなったことが「ある」半数以上~飲みたくなったのは「ビール・発泡酒」「缶チューハイ」日常的に目につくアルコール飲料のCMや広告。これらの広告媒体は消費者の購買意欲にどのくらい影響を及ぼしているのだろうか?20代から40代を中心とするネットユーザー男女500名に調査し、回答を集計した。アルコール飲料のCM・広告を見て飲んでみたいと思ったことが「ある」のは全体の54.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ