「イラン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

グローバル戦略課題としての中東―2030年の見通しと対応―

平成26年度外務省外交・安全保障調査研究事業(総合事業) 「グローバル戦略課題としての中東―2030年の見通しと対応―」 2. イラン・アメリカ関係――イラン核交渉の最終合意に向けた展望

イラン:核問題をめぐる動きと石油・天然ガス事業への影響

イラン:核問題をめぐる動きと石油・天然ガス事業への影響

イランの石油・天然ガス開発をめぐる最近の動向

エラーが発生しました。オペレーションエラー。不正なアクセスです。ページは存在しないか、表示権限がありません。 エラー番号:-999

2014年1月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年の原油見通しは上値が重い

リサーチ TODAY2014 年 1 月 20 日2014年の原油見通しは上値が重い常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2013年秋以降の原油相場は、エジプト情勢の悪化やシリアへの軍事介入の懸念による押し上げが剝落した後、高止まりが続いている。みずほ総合研究所が発表したリポート「2014年の原油価格見通し」1は2014年を展望した原油価格を議論しているが、下記の図表に示されるように、その高止まりの背景には、①中東の全般的な不安定さ、②金融緩和の影響、③足元の需給均衡、④2014年の景気回復

コモディティ・レポート (2013年7・8月)

I.コモディティ市況全般:国際商品市況は一進一退コモディティ市況は、5月以降、一進一退が続いている。6月後半には、FRBの資産買い入れ額の縮小などの思惑から、コモディティ全般が売られた。その後、持ち直し傾向が7月前半まで続いたものの、後半には原油や農産物を中心に下落した。もっとも、今後、世界景気の回復基調が強まれば、資源需要の増加基調に目が向けられる局面になるとみられ、市況が上向きに推移するコモディティが多くなると思われる。II.エネルギー市況:ブレント原油は105~110ドルを中心に推移国際指

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ