「イレブン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月12日文化工房フィードバック数:0ライフスタイル

接客態度が高評価 20代が好きなコンビニランキング

接客態度が高評価 20代が好きなコンビニランキング 今週の「1000人リサーチ(※)」は、「好きなコンビニ」について調査した。今日は、20代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【好きなコンビニ(20代編)】2位以下に倍以上の差を付け「セブン‐イレブン」が1位。やはり食品の美味しさが決め手のようだ。店頭でドリップ・販売しているコーヒーも人気。2位の「ファミリーマート」では、店員の接客態度について評価する意見が目立った。3

2016年5月12日文化工房フィードバック数:0ライフスタイル

ユーザーは企業努力を見ている! 40代が好きなコンビニ

ユーザーは企業努力を見ている! 40代が好きなコンビニ 今週の「1000人リサーチ(※)」は、「好きなコンビニ」について調査した。今日は、40代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【好きなコンビニ(40代編)】40代でも「セブン‐イレブン」が圧勝。世代が上がるごとに、セブン‐イレブン人気はますます高まる傾向があるようだ。自由回答を見ると、やはり食品の美味しさや、ポイントカードの利便性などに注目している人が多く、企業の

2016年5月12日文化工房フィードバック数:0ライフスタイル

唐揚げ・スイーツが決め手? 10代が選ぶコンビニ1位

唐揚げ・スイーツが決め手? 10代が選ぶコンビニ1位 今週の「1000人リサーチ(※)」は、「好きなコンビニ」について調査した。今日は、10代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【好きなコンビニ(10代編)】10代のトップは「セブン‐イレブン」。身近に店舗がある点、また、オリジナル商品などの品質の高さを賞賛する声が多く寄せられた。どのコンビニについても、スイーツや唐揚げなどオリジナルメニューへの評価が、好きなコンビニを

2016年5月12日文化工房フィードバック数:0ライフスタイル

人気コンビニNo.1決定! 選ばれる理由は…

10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに旬の話題を調査する「1000人リサーチ」。今週は「好きなコンビニ」について調べてみた。ダントツ人気だったのはどのコンビニ!?※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【好きなコンビニ】全世代・性別で「セブン‐イレブン」が圧倒的多数の票を得てトップ。2位・3位を「ファミリーマート」と「ローソン」が争う構図も全世代に共通しており、他のコンビニが付け入る隙がないほどの3強ぶりを見せつけた。■各社の強み

2016年5月12日文化工房フィードバック数:0ライフスタイル

コンビニ各社の強みさまざま 50代が注目するポイントは

今週の「1000人リサーチ(※)」は、「好きなコンビニ」について調査した。今日は、50代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【好きなコンビニ(50代編)】順位 (票数)コンビニ1位 (109票)セブン‐イレブン2位 (25票)ファミリーマート3位 (23票)ローソン4位 (22票)好きなコンビニはない5位 (10票)サークルKサンクス全世代を通して「セブン‐イレブン」の支持が最も多かったのが50代。なんと、2位につけた「

2016年5月12日文化工房フィードバック数:0ライフスタイル

人気の理由は“信頼感” 30代のコンビニ選び

今週の「1000人リサーチ(※)」は、「好きなコンビニ」について調査した。今日は、30代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【好きなコンビニ(30代編)】順位 (票数)コンビニ1位 (97票)セブン‐イレブン2位 (33票)ファミリーマート2位 (33票)ローソン3位 (19票)好きなコンビニはない4位 (8票)サークルKサンクス5位 (5票)セイコーマートトリプルスコア近くの差をつけて「セブン‐イレブン」がトップ。やは

2016年4月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニでの生鮮食品の購入(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへコンビニでの生鮮食品購入者はコンビニ利用者の3割強。女性高年代層での比率が高い。週1回以上購入者は全体の約25%。購入意向ありは全体の2割弱。意向なしは5割強で高年代層ほど比率が高い 購入する生鮮食品は「牛乳」が最も多く、「カット野菜」「「野菜類(カット野菜以外)」「卵」「くだもの」などが続く コンビニエンスストアで生鮮食品を購入する場面は「スーパーなどで買い忘れた」が最も多く、「近くの店舗で買いたい」「コンビニで他のものを購入するついでに

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ