調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インスタントメッセンジャー

「インスタントメッセンジャー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月31日ニールセンフィードバック数:0モバイル

スマートフォンによる「コミュニケーション」カテゴリの最新利用動向

Home > ニュース > ニュースリリース > 「インスタントメッセンジャー」サービスの利用率は1年間で約2倍に増加 ~ニールセン、スマートフォンによる「コミュニケーション」カテゴリの最新利用動向を発表~2015/03/31 [データ] 「インスタントメッセンジャー」サービスの利用率は1年間で約2倍に増加 ~ニールセン、スマートフォンによる「コミュニケーション」カテゴリの最新利用動向を発表~スマートフォン利用者の95%が「コミュニケーション」サービスを利用「Eメールサービス」の利用率は20

2009年2月16日アイシェアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

SkypeやIM利用経験者、離れた家族との連絡に「ビデオ通話」5割~利用未経験者が使ってみたい機能トップは「音声通話」

SkypeやIM利用経験者、離れた家族との連絡に「ビデオ通話」5割 Skype・インスタントメッセンジャーの利用に関する意識調査 SkypeやIM利用経験者、離れた家族との連絡に「ビデオ通話」5割~利用未経験者が使ってみたい機能トップは「音声通話」インターネットを通じてリアルタイムに通話やチャットができるSkypeやインスタントメッセンジャー。利用者はどのように使っているのか、また利用経験がない人はどのような利用方法に興味があるのだろうか。意識調査を行い、20代から40代を中心とするネットユーザ

メッセンジャーに関する調査--認知度は7割超えるが、「携帯電話メールが便利」の声も大きい

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同調査のもと、インスタントメッセンジャー(IM)に関する調査を実施した。 1999年のiモード登場以降、日本市場では若い世代や女性の間で携帯電話メールがテキストのチャットのように使われてきた。そのため、日本市場では携帯電話メールとIMの違いを打ち出し、日々の生活の中でのコミュニケーションツールとして根付いていくのはこれからという現状だと考えられる。 一方、米国のIM市場はMSN、Yahoo!、AOL、Google

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ