調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インターネットバンキング

「インターネットバンキング」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月26日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム インターネットバンキング(18)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 インターネットバンキング 】に関するアンケート調査(第18回)利用意向者は7割弱。そのうち3割弱は「スマートフォン」からの利用を希望、過去調査より増加傾向 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、18回目となる『インターネットバンキング』に関するインターネット調査を2017年1月1日〜5日に実施し、11,270件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 ■インターネットバ

2017年2月12日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2017

情報セキュリティ10大脅威 2017 最終更新日:2017年4月27日職場に迫る脅威! 家庭に迫る脅威!? 急がば回れの心構えでセキュリティ対策を「情報セキュリティ10大脅威 2017」は、2016年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案から、IPAが脅威候補を選出し、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者などからなる「10大脅威選考会」が脅威候補に対して審議・投票を行い、決定したものです。資料は、下記の3章構成となっています。第1章 情報セキュリティ

2017年2月11日IPA★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2017

プレス発表 「情報セキュリティ10大脅威 2017」を決定~個人と組織でIoT機器の脅威が初めてランクイン~2017年1月31日独立行政法人情報処理推進機構 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、情報セキュリティにおける脅威のうち、2016年に社会的影響が大きかったトピックなどを「10大脅威選考会」の投票によりトップ10を選出し、「情報セキュリティ10大脅威2017」として順位を決定し、公表しました。  「情報セキュリティ10大脅威 2017」は、2016年に発生した社会

金融サービスの利用動向調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2016年8月7日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

Fintechと金融サービスに関する調査

5人に1人が、「人工知能(AI)による資産運用アドバイス」に興味 Fintechと金融サービスに関する調査5人に1人が、「人工知能(AI)による資産運用アドバイス」に興味「Fintechを、他の人に正しく説明できる」人は、5.6%調査結果サマリー「Fintechを、他の人に正しく説明できる」人は、5.6%「Fintech」について、「知っていて、他の人に正しく説明できる」人は5.6%でした。「何となく理解しているが、他の人に正しく説明できる自信はない」人は6.2%、「名前は聞いたことがあるが、詳

2016年3月8日警察庁★★フィードバック数:0社会/政治

平成27年中のインターネットバンキングに係る不正送金事犯の発生状況等について

平成27年中のインターネットバンキングに係る不正送金事犯の発生状況等について

2016年2月8日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム インターネットバンキング(17)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[21011] インターネットバンキングの利用(第17回) インターネットバンキング現在利用者は6割強で、過去調査より減少傾向。「口座情報の照会・明細の確認」「振り込み・送金」などの利用が多い 現在利用は「楽天銀行」がトップ、「ゆうちょ銀行」「住信SBIネット銀行」「三菱東京UFJ銀行」「ジャパンネット銀行」の順で続く。最頻利用インターネットバンキングの「満足」の比率は、ゆうちょ銀行主利用者、ソニー銀行主利用者、住信SBIネット銀行主利用者

2015年9月29日MMDLaboフィードバック数:0大型消費/投資

お金の管理およびインターネットバンキングに関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > インターネットバンキング利用率は31.1%、会社員の利用が最多 インターネットバンキング利用率は31.1%、会社員の利用が最多 MMDLabo株式会社は同社が運営するMMD研究所と株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」は共同調査を行い、第6弾としてスマートフォンを所有する15歳以上の

2015年9月3日警察庁フィードバック数:0社会/政治

平成27年上半期のインターネットバンキングに係る不正送金事犯の発生状況等について

広報資料平成27年9月3日警察庁平成27年上半期のインターネットバンキングに係る不正送金事犯の発生状況等について1平成27年上半期の発生状況(1) 発生件数及び被害額754件(件)300約15億4400万円(百万円)500月別発生状況の推移450250400200実被害額350阻止額300150250件数20010015010050500013579平成24年※※1113579111平成25年357911平成26年135平成27年被害額 ・・・犯人が送金処理を行ったすべての額実被害額・・・「被害

2015年8月31日内閣府★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット上の安全・安心に関する世論調査

インターネット上の安全・安心に関する世論調査お願い本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分の写しを下記宛に御送付下さい。内閣府大臣官房政府広報室 世論調査担当〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1電話 03(3581)0070FAX 03(3580)1186目次本報告書を読む際の注意1 調査の概要2 調査結果の概要1.インターネットの安全・安心について(1) インターネットの利用頻度(2) インターネット利用に対する不安感(3) インターネットを利用した犯罪の増減2.インターネ

2015年4月26日富士通★フィードバック数:0大型消費/投資

金融サービスについての調査です。

個人利用者向けアンケート結果に見る若者世代の金融商品・サービス利用状況

個人利用者向けアンケート結果に見る若者世代の金融商品・サービス利用状況2015年4月24日(金曜日)少子高齢化、人口減少によって金融機関の将来の顧客である若者世代(10代、20代)が減少しています。若者世代の新規顧客獲得は金融機関の今後を占う重要なテーマとなっています。若者世代は、現在どのように金融商品・サービスを利用しているのでしょうか?本稿では、2014年に富士通総研で実施しましたWebアンケート調査の結果に基づき、年齢別の金融商品・サービス利用状況について探って行きたいと思います。調査概要

2015年1月27日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム ネットバンキングの利用(16)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[19811]インターネットバンキングの利用(第16回) インターネットバンキング現在利用者は7割弱で、過去調査より減少傾向。「口座情報の照会・明細の確認」「振り込み・送金」などの利用が多い 現在利用は「楽天銀行」がトップ、「ゆうちょ銀行」「住信SBIネット銀行」「三菱東京UFJ銀行」「ジャパンネット銀行」の順で続く。主利用インターネットバンキングの「満足」の比率は、住信SBIネット銀行主利用者、セブン銀行主利用者、りそな銀行主利用者で各4

2015年1月9日ジャパンネット銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

ジャパンネット銀行による調査です。

第2回インターネットバンキングに関する意識調査

第2回インターネットバンキングに関する意識調査を実施2015年1月8日各位株式会社ジャパンネット銀行株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)は、前回2012年に続き、インターネットバンキングのセキュリティに関する意識調査を行い、ジャパンネット銀行に口座を持つ、全国の20代〜50代の男女3,939名の個人のお客さま、425社の法人のお客さまにご協力をいただきました。警察庁の発表によると、2013年のネットバンキングでの不正送金被害額は14億

2014年4月16日広島県フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー犯罪検挙・相談件数

サイバー犯罪検挙状況などサイバー犯罪相談件数サイバー犯罪に関する主な相談偽サイト 有名通販サイトを名乗ったり、運営会社が同じかのように装った偽サイトにおいて、お金を振り込んだが、商品が届かない、あるいは粗悪品だったという相談が急増しています。→対策としては、ネット上で評判を検索する、日本語表記がおかしくないか、連絡先がメールのみの場合や住所・電話番号がほか人のものや実在しないものでないか、振込口座に不審な点(会社名と口座名義が全く違うなど)はないかなど、相手方をしっかり確かめたうえで、入金・入札

2014年2月12日ICT総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネットバンキングのセキュリティ状況調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2014年 インターネットバンキングのセキュリティ状況調査2014年 インターネットバンキングのセキュリティ状況調査 ■ 個人向けインターネットバンキングサイトの91%が認証レベルの高い証明書を活用■ ネットバンキングサイトにおけるサービス提供会社のシェアはNTTデータが1位■ 銀行ホームページの17%にセキュリティ上の課題も■ 銀行ホームページの84%がApache HTTP Serve

2014年1月28日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム インターネットバンキング(15)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[18611]インターネットバンキングの利用(第15回) インターネットバンキング利用経験率は71.6%。「口座情報の照会・明細の確認」「振り込み・送金」などの利用が多い 現在利用は「楽天銀行」がトップ、「ゆうちょ銀行」「住信SBIネット銀行」「三菱東京UFJ銀行」「ジャパンネット銀行」の順で続く。主利用インターネットバンキングの「満足」の比率は、住信SBIネット銀行主利用者、ソニー銀行主利用者、ゆうちょ銀行主利用者で各4割 インターネット

2014年1月28日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム オンラインショッピングの決済(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[18612]オンラインショッピングの決済(第2回) 直近1年間のオンラインショッピング利用者では「クレジットカード」が8割強で最も多く、「コンビニ決済」「インターネットバンキング」「代金引換」が各2割で続く。今後の利用意向も「クレジットカード」が最も多く、「電子マネー」が現在利用よりも順位をあげている オンラインショッピング支払方法決定時の重視点は「オンライン上で手続きが完結する」が最も多く、「手続きが簡単」「支払い手続きに時間がかからな

2013年12月6日FFRI★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

利用者の意識調査です。

インターネットバンキングに関するセキュリティ意識調査

世界トップレベルのセキュリティ・リサーチ・チームを作り、コンピュータ社会の健全な運営に寄与します。 金融機関が無償で提供するセキュリティ対策ソフトの利用者は5人に1人以下! FFRI、インターネットバンキングに関するセキュリティ意識調査を実施 ~セキュリティを重視しながらも、積極的な対策は不十分な利用者が多数~サイバーセキュリティ領域において国内で独自の研究開発活動を展開している株式会社FFRI(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鵜飼裕司、以下 FFRI)は、2013年11月21日~11月22

ジャパンネット銀行が満足度調査の結果を公開しています。

ジャパンネット銀行 2012年お客さま満足度調査

2013年2月21日各位株式会社ジャパンネット銀行株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)では、2012年12月10日(月曜日)〜12月16日(日曜日)、ジャパンネット銀行に口座を持つ全国の10代〜80代の男女のお客さまを対象として満足度調査を実施し、1,870名の方にご協力をいただきました。(前回の調査は2011年12月に実施)ジャパンネット銀行は、2000年に日本初のインターネット専業銀行として誕生しました。以来、お客さまの利便性向上

2013年2月9日HDIフィードバック数:1マーケティング

「問合せ窓口格付け」2012年度【金融(インターネットバンキング)業界】

[金融業界] 業界全体調査結果初めて利用するために情報やサポートを得る 各社のWebページの確認、問合せ窓口への電話によるコンタクト 格付け評価の結果(業界平均)・サポートポータル評価結果 [3.10点] ・クオリティ評価結果 [3.00点]・パフォーマンス評価結果 [3.03点]格付け結果要約サポートポータルは、三つ星3社、二つ星7社、一つ星1社という結果で、星なしは該当がなかった。金融業界は、他業界に比べて「選択肢の豊富さ」の評価は高いが、「センターとの連携」で評価が低い。 電話対応は、

2013年1月22日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム インターネットバンキング(14)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[17412]インターネットバンキングの利用(第14回) インターネットバンキング利用経験率は74.6%。「口座情報の照会・明細の確認」「振り込み・送金」などの利用が多い 現在利用は「楽天銀行」がトップ、「ゆうちょ銀行」「住信SBIネット銀行」「三菱東京UFJ銀行」「ジャパンネット銀行」の順で続く インターネットバンキング選定時の重視点は「手数料が安い」が1位。以下「24時間リアルタイムで利用が可能」「信頼できる」「銀行に取引口座がある」が

セキュリティにフォーカスした調査です。

インターネットバンキングに関する意識調査

インターネットバンキングに関する意識調査を実施2012年11月15日各位株式会社ジャパンネット銀行株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)は、2012年10月30日(火曜日)〜11月1日(木曜日)、ジャパンネット銀行に口座を持つ全国の20代〜50代の男女のお客さまを対象としてインターネットバンキングに関するアンケート調査を実施し、5,896名の方にご協力をいただきました。金融庁の発表によると、近年、利用者の増加とともに、インターネットバン

2012年1月31日マイボイスコムフィードバック数:3大型消費/投資

マイボイスコム インターネットバンキング(13)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[16211]インターネットバンキングの利用(第13回) インターネットバンキング利用経験率は75.6%。「口座情報の照会・明細の確認」「振り込み・送金」などの利用が多い 現在利用しているのは「楽天銀行」がトップ、「ゆうちょ銀行」「住信SBIネット銀行」「三菱東京UFJ銀行」の順で続く インターネットバンキング選定時の重視点は「手数料が安い」が1位。以下「24時間リアルタイムで利用が可能」「信頼できる」「銀行に取引口座がある」が続く インタ

2010年10月26日楽天リサーチ★フィードバック数:8大型消費/投資

楽天によるネット銀行に関する調査です。

インターネットバンキングに関する調査

2010年10月21日 楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、インターネットバンキングに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、9月17日から19日まで、楽天リサーチ登録モニター(約190万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。 【総括】今回の調査で、インターネットバンキング利用者は、「24時間いつでも利用できる」(87.9%)ことを最大の利点として、「残高・出入金明細などの預金口座の情報照会」や

2009年10月26日楽天リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

インターネットバンキングに関する調査

2009年10月21日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、インターネットバンキングに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、9月17日から24日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約171万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。 【総評】昨年10月に実施したインターネットバンキングに関する調査と比較したところ、ネットバンキングの利用率は前回とほぼ同率の約7割で、飽和状態にあることがわかった。最も

2009年6月29日楽天リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

楽天リサーチがネットバンキングやネットトレードなどに関する調査結果を発表しました。

インターネットを利用した金融サービスに関する調査

インターネットを利用した金融サービスに関する調査 インターネットを利用した金融サービスに関する調査 2009年6月22日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、インターネットを利用した金融サービスに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、4月23日から24日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約160万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。 【総評】企業の業績悪化のあおりを受け、減額が予想され

2009年1月5日アイシェアフィードバック数:0大型消費/投資

ネットオークションで使うネットバンク1位は「イーバンク銀行」~オークション以外でも半数以上が「イーバンク銀行」利用

ネットオークションで使うネットバンク1位は「イーバンク銀行」 インターネッバンキングに関する意識調査(2回目) ネットオークションで使うネットバンク1位は「イーバンク銀行」~オークション以外でも半数以上が「イーバンク銀行」利用インターネットバンクに関する意識調査、第2回目。今回はインターネットオークション利用者に人気のネット銀行などを調査した。有効回答数は20代、30代のネットユーザー男女609名。ネットオークションを「頻繁に利用している」のは16.3%。「たまに利用している」のは47.3%。合

2009年1月5日アイシェアフィードバック数:0大型消費/投資

インターネットバンキング、9割がパソコンで利用~パソコンでの利用「セキュリティが安心」との意見多数

インターネットバンキング、9割がパソコンで利用 インターネットバンキングの利用方法に関する意識調査 インターネットバンキング、9割がパソコンで利用~パソコンでの利用「セキュリティが安心」との意見多数混みあう店舗に出向かなくとも振込みなどが出来る「インターネットバンキング」。ネットユーザーの利用状況はどうなのか?20代から40代を中心とする男女452名の回答を集計した。インターネットバンキングを利用しているか?との問いには、全体の65.3%が「利用している」と回答。男女別では男性が67.6%で女性

『インターネットバンキング』に関するアンケート

『インターネットバンキング』に関するアンケート 最も満足度が高かったのは「住信SBIネット銀行」ネット上で銀行のサービスが利用できるインターネットバンキング。近くに銀行がない人、忙しくて銀行に行けない人には助かります。利用者はどんな所にメリットを感じているのでしょうか。インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「インターネットバンキング」についてアンケートを行い、利用している銀行やサービス、満足度などについてまとめました。調査は2008年5月28日(水

2008年8月25日アイシェアフィードバック数:0大型消費/投資

インターネットバンキング、40代の7割が利用経験あり~決め手は手数料の安さ

インターネットバンキング、40代の7割が利用経験あり インターネットバンキングに関する意識調査 ブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアは同社が提供するサービス会員をパネラーとするリサーチ結果を発表した。インターネットバンキング、40代の7割が利用経験あり~決め手は手数料の安さ「インターネットバンキングを利用したことがあるか」と聞いたところ、全体の65.4%が「ある」と回答。3人に2人が利用経験を持っていた。性別では男性が71.2%、女性が58.7%

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ