調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インターネット利用

「インターネット利用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月22日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

アジア14都市生活者のスマートフォンの保有とeコマースの利用

NEWS博報堂【Global HABIT レポート 2017年 Vol.1】アジア14都市生活者のスマートフォンの保有とeコマースの利用 2017年03月14日 ■アジア14都市のインターネット利用者は、スマートフォンでの利用が主流に。 ■スマートフォンでよく利用するサービスは、SNSやメッセンジャー。検索サイトでの情報検索、ニュース視聴、動画サービス利用、カメラ・ビデオ機能なども増え、ユーザーの利用は多様化へ。 ■eコマースを積極的に利用しているのは東アジアの都市(ソウル、香港、台北、上海、北

2017年3月5日内閣府★★フィードバック数:0マーケティング

平成28年度「青少年のインターネット利用環境実態調査」調査結果(速報)

平成28年度「青少年のインターネット利用環境実態調査」調査結果(速報)

未就学児の生活習慣とインターネット利用に関する保護者意識調査

トップ活動内容「スマホ育児」の実態と課題を把握するため、未就学児の生活習慣とインターネット利用に関する保護者意識調査」を実施「スマホ育児」の実態と課題を把握するため、未就学児の生活習慣とインターネット利用に関する保護者意識調査」を実施~1歳児の4割、3歳児の6割がスマホなどの機器を利用~~9割超の保護者は利用に何らかの不安を感じるも、具体的な判断材料は不十分~子どもたちのインターネット利用について考える研究会(座長:お茶の水女子大学 教授 坂元 章、以下「子どもネット研」)は、第8期活動の一環と

2016年7月8日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

中学生のスマートフォン利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 中学生のスマートフォン所有率40.9%、2015年より3.0ポイントアップ 中学生のスマートフォン所有率40.9%、2015年より3.0ポイントアップ モバイル専門マーケティングリサーチ機関であるMMD研究所(東京都渋谷区、所長:吉本浩司)は、インテル セキュリティ(日本での事業会社:マカフィー株式会社、代表取締役社長:山野 修)と共同で

2016年1月19日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 医療保険の加入(9)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ医療保険加入者は7割強、医療保険単独加入が3割強。医療保険加入者の加入継続意向は5〜6割、見直し意向は1割。未加入者の新規加入意向は2割弱 医療保険は、営業職員、販売員を通じて加入した人が多い。インターネットで資料請求や申込み手続きをした人は、ソニー損保主加入者、アメリカンホーム・ダイレクト主加入者、アクサダイレクト生命主加入者などでの比率が高い 商品選定ポイントは「月々の保険料が安い」がトップ、「病気での入院給付金日額が十分である」「十分

2015年11月26日名古屋市役所フィードバック数:0社会/政治

平成27年度第2回市政アンケート

名古屋市役所 〒460-8508 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号 電話番号:052-961-1111(代表) 平成27年度第2回市政アンケート(調査結果) 1 調査テーマ(1)名古屋の「緑」と「公園」について都市における「緑」(※)は、生活に潤いや安らぎを与えるとともに、地球温暖化やヒートアイランド現象などの環境問題を緩和するなど、欠くことができない要素となっています。そこで、名古屋の「緑」について市民の皆さまの考え方をおたずねし、今後の名古屋の「緑」や「公園」のあり方を考える上での基

2015年10月27日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

消費者のマルチスクリーン利用状況

スマートフォンで家族や友人とコミュニケーションし、パソコンで情報収集や買い物商品やサービスの閲覧、購入ともにオンラインショッピングはパソコンからの利用が主流ただし若年層ではスマートフォンからの購入が主流SVODでの動画視聴はパソコンからが最多。セットトップボックスからの利用も多い視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社は、販売を開始した消費者のマルチスクリーンの利用動向調査「Nielsen Digital Consumer Database 2015 (ニールセン・デジタル・コンシューマ

2015年6月14日Yahoo!★フィードバック数:0モバイル

年代別の分析です。

年代別に見る、アプリの利用実態調査

【業界情報】年代別に見る、アプリの利用実態調査アプリをダウンロードするときに参考にするのは?更新日:2015.06.22 昨今、スマートフォンからのインターネット利用率の伸びが顕著です。その理由の一つとして考えられるのが、種類豊富なアプリを利用できることではないでしょうか。実際にさまざまなアプリをダウンロードし、スマートフォンをカスタマイズして使っている人も多いでしょう。今回は、普段利用しているスマートフォンで「アプリをダウンロードしたことがある」と回答した2,060人を対象に、アプリの利用に関

2015年3月31日経済産業省★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ネット利用についてのまとまった調査です。

平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(青少年インターネット利用環境整備に係る調査)インターネット利用状況調査 報告書

平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(青少年インターネット利用環境整備に係る調査)インターネット利用状況調査 報告書

PC、スマホ、ネット利用についての調査です。

「パソコン・スマートフォンなどの情報機器」についての調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「パソコン・スマートフォンなどの情報機器」につ

2014年12月28日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 医療保険の加入(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ医療保険加入者は7割強、医療保険単独加入が3割強。医療保険加入者の加入継続意向は5〜6割、見直し意向は1割。未加入者の新規加入意向は2割弱 医療保険は、営業職員、販売員を通じて加入した人が多い。インターネットで資料請求や申込み手続きをした人は、アメリカンホーム・ダイレクト主利用者やソニー損保主利用者などで多い 商品選定ポイントは「月々の保険料が安い」がトップ、「病気での入院給付金日額が十分である」「日帰り入院も保障してくれる」「十分な額の手

メディア利用時間が子どもの成績に与える影響はどれくらいか?

ベネッセのオピニオン第62回 メディア利用時間が子どもの成績に与える影響はどれくらいか?2014年12月24日 掲載 ベネッセ教育総合研究所 初等中等教育研究室 研究員 佐藤 昭宏  近年、中高生の間でもスマートフォンが普及したことで、子どもたちのインターネット利用は急速に拡大し、そのアクセスの仕方も多様化している。ベネッセ教育総合研究所が2014年に行った「中高生のICT利用実態調査」では、高校生のインターネット利用者は96.9%にのぼり、そのうちスマートフォン利用者が8割を超える。利用場面は

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(青少年インターネット利用環境整備に係る調査)機器ごとのインターネット利用状況調査 報告書

平成25年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(青少年インターネット利用環境整備に係る調査)機器ごとのインターネット利用状況調査 報告書

2014年8月31日Yahoo!★★★フィードバック数:0マーケティング

世代別の比較です。

年代による違いに注目!インターネットの利用目的

【業界情報】最新スマートフォン利用実態調査年代による違いに注目!インターネットの利用目的更新日:2014.08.26 スマートフォンの所有率はうなぎのぼり。これに伴い、スマートフォンでのインターネット利用率も増加傾向です。ここで気になるのが、スマートフォンでのインターネット利用目的。これを年代別にひも解いてみると、10代と20代以上の年代で異なる傾向がみられました。これからの時代を担う世代のスマートフォン活用実態とは?学んだ内容を広告運用に生かしましょうスタッフが操作を無料でご案内します。 お気

2014年8月3日NHK★フィードバック数:0マーケティング

テレビとネットの同時利用についての調査です。

テレビとインターネット:番組関連の同時利用の実態を探る

テレビとインターネット:番組関連の同時利用の実態を探る~Eダイアリーとデプスインタビューによるケーススタディーの結果から~テレビとインターネットの同時利用時に,テレビ番組に関連したインターネット利用はどの程度あり,どのような行動をしているのか。同時利用の実態と意識を詳細に探るために行ったEダイアリー調査(インターネット画面による時刻目盛日記式調査)とデプスインタビュー調査によるケーススタディーの結果を報告する。Eダイアリー調査では,「ウェブサイト」,「SNS・掲示板」,「メール」との同時利用のう

ネットリテラシー調査です。

2013年度 青少年と保護者におけるインターネット・リテラシー調査 最終報告書

2013年度 青少年と保護者におけるインターネット・リテラシー調査 安心協ILAS 最終報告書2014年3月31日 ILAS検討作業部会では、総務省がILAS(InternetLiteracy Assessment indicator for Students /青少年がインターネットを安全に安心して活用するためのリテラシー指標)の取り組みにより定義をした7項目のリテラシー分類をもとにして、小学生から大人まで短時間で実施ができるテスト及び解説集を開発し、全国の小・中・高校生男女1,434名、及び

2014年3月30日経済産業省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(インターネット上の違法・有害情報対策及びフィルタリングの動向と普及促進に関する調査研究(機器ごとのインターネット利用状況調査))報告書

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(インターネット上の違法・有害情報対策及びフィルタリングの動向と普及促進に関する調査研究(機器ごとのインターネット利用状況調査))報告書

2014年3月18日SafeGov.org★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

保護者対象の調査です。

教室内におけるインターネット利用に対する意識調査

[SafeGov.org] ,個人情報 データマイニング 教育 インターネット プライバシー ビッグデータ ターゲティング広告 パーソナルデータ SafeGov ジェフ・グールド

2014年3月18日マイナビフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ユーザーが求めるものは何より速さ!? 下り最大2Gbpsの「NURO 光」の必要性について考えた

春といえば新生活が始まるシーズンであり、引越しにともなって自宅のインターネット回線を見直す人も多いだろう。今回、マイナビニュース読者を対象に、自宅でのインターネット利用実態を調査した。結果をまとめると、インターネットユーザーが最も不満を抱いているのは「回線速度」だということがわかった。本稿では、同調査の結果から最近のユーザーのインターネット利用について考察するとともに、速さを求める人にも最適な下り最大2Gbpsの光ファイバーサービス「NURO 光」について紹介していきたい。インターネットユーザー

2014年3月12日大和総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

新年度を迎える前の「大人」のICTリテラシー向上推進

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) ESGニュース 新年度を迎える前の「大人」のICTリテラシー向上推進パーソナルデータ利活用に関して有意義な議論をするために 卒業・進学や人事異動など、3月から4月にかけては、大きく生活が変わる人が出てくる。「1年生になったら」スマートフォン(以下、スマホ)を買ってもらうことになっている中高生も少なくないだろう。こうした時期に合わせて、内閣府、総務省、経済産業省、内閣

2014年2月26日イード★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

モバイルデータ通信への注目が高まっているとのことです。

新生活のインターネット環境に関する意識調査

News 2014年2月26日 「新生活のインターネット環境に関する意識調査」 「モバイルデータ通信」の利用意向はさらに拡大 「モバイルデータ通信」、今後利用したいサービス1位は3年連続「WiMAX」 今後、購入したいデバイス1位は「タブレット端末」 「通信速度制限」の認知度は約7割 2014年2月26日 各位 「新生活のインターネット環境に関する意識調査」「モバイルデータ通信」の利用意向はさらに拡大「モバイルデータ通信」、今後利用したいサービス1位は3年連続「WiMAX」今後、購入したいデバ

2014年1月30日楽天リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

振り返りです。

お正月の過ごし方に関する調査

『消費税増税前の駆け込み需要?今年のお正月はショッピングの利用金額が増加』お正月の過ごし方に関する調査 2014年1月29日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、お正月の過ごし方に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、1月17日から18日の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、20代から60代の男女計440人を対象に行いました。昨年と比べ、泊りがけの旅行は減少。今年のお正月(年末年始)の過ごし方を聞いたところ、回答が

2013年12月25日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 医療保険の加入(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ医療保険加入者は7割強、医療保険単独加入が3割強。医療保険加入者の加入継続意向は5割、見直し意向(解約、追加加入、解約し再加入)は1割強。未加入者の新規加入意向は2割弱。「アメリカンファミリー生命」は加入者・意向者とも最も多い 医療保険は、営業職員、販売員を通じて加入した人が多い。アメリカンホームダイレクト加入者、アクサダイレクト生命加入者では「保険会社のホームページ」、オリックス生命加入者、NKSJひまわり生命加入者などでは「ファイナンシ

2013年11月2日Yahoo!★フィードバック数:0マーケティング

シニアのネット利用についての調査です。

高齢者のインターネット利用に関する意識調査

【業界情報】高齢者のインターネット利用に関する意識調査 シニア層にとって重要な要素は 「わかりやすさ」と「視認性」 総務省が2013年7月に発表した人口推計※によると、65歳以上のいわゆる「高齢者」人口は3,164万人、総人口に占める割合では24.8%と、人口、割合ともに過去最高を更新し続けています。日本人のおよそ4人に1人が「高齢者」であり、彼らシニア層は、マーケティングにおいて無視できない存在といっても過言ではありません。今回、月に1日以上インターネットを利用している全国の60歳以上の男女

2013年10月23日MMDLaboフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネットトラブルに関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > インターネット利用における「炎上」の認知度は95.6% インターネット利用における「炎上」の認知度は95.6% MMD研究所は、10代~50代のスマートフォンまたはパソコンからインターネットを利用している1,118人を対象に、「インターネットトラブルに関する実態調査」を2013年9月24日~9月26日に実施しました。調査では、インターネッ

2013年10月15日comScoreフィードバック数:0マーケティング要登録

2013 Japan Digital Future in Focus

2013 Japan Digital Future in Focus コムスコアによる最新のインターネット利用動向レポートの「Future in Focus」。シリーズ初の日本版をリリースしました。PCやモバイルからのインターネットの概況や、オンライン動画、ソーシャルメディア、オンラインリーテル等、様々なカテゴリー毎にインターネット利用動向を分析しています。以下は内容の抜粋です。国内インターネットユーザーの年齢構成は35歳以下が34%である一方で、55歳以上のユーザーは26%で世界平均の約2倍で

第71回 ブロードバンドしてますか? 2002.05.09~2002.05.15

ブロードバンドのことならハッピー・ノート.com! ●分析パソコンの普及とともに、インターネット環境も日々便利に、また高度になって来ています。最初はメールのやりとりやネットサーフィンだけだったのに、いつの間にかパソコンのあらゆる機能を知るにつれて、いろんなことを楽しみ始めた…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回のゴーゴーリサーチNOWでは、いま話題の「ブロードバンド」にスポットを当て、みなさまのインターネット環境やブロードバンドに関するご意見・エピソードを調査してみました。さて全国

第361回 ママのインターネット利用調査 2008.04.10~2008.04.16

インターネットのことならハッピー・ノート.com! ●分析今や私たちの生活に欠かせないものになったインターネット。パソコンは一家に一台、携帯電話は一人に一台があたりまえ。仕事関係、友達同士はもちろん、ご家族間でもメールでのやりとりが主になっているのではありませんか?またwebサイトでの調べ物やお買い物をはじめ、銀行の振込み、病院の予約などもできるようになり、忙しいママ・パパにもありがたいですよね。そこで今回は、55192ファミリーのインターネット事情について大調査しました。 Q1.インターネ

動画サービスの利用についての調査です。

スマートフォン・タブレット・PC 3デバイスでの動画サービス利用状況

スマートフォン・タブレット・PC 3デバイスでの動画サービス利用状況。ティーン層で活発な傾向。 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:荻野 欣之)は、2013年9月末に発刊した、スマートフォンユーザーおよびタブレットユーザーにおけるアプリや専用サイトなどのコンテンツの利用状況を把握する調査レポート「スマコン(SmartDevice Contents Report)vol.05)」より、マルチデバイスでの主要動

世界中で最も利用されているサイトはGoogleとFacebook

世界中で最も利用されているサイトはGoogleとFacebook Oxford Internet Institute's Information Geographiesのブログで、世界の各国において最も利用されているサイトをマッピングした世界地図を2013年8月に公開した。さらに、その国のインターネット利用者人口とその国のサイトもマッピングした地図を公開した(※1)。これはAlexaの調査結果を元に作成されたものである。最も利用されているサイトはGoogleとFacebook世界で利用されて

2013年9月13日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

シニアのスマートフォンです。

シニア層のスマートフォンの利用及び、購入意向に関する意識調査-第3回-

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 60歳以上のシニア層、約8割がインターネットを「よく利用する」と回答 60歳以上のシニア層、約8割がインターネットを「よく利用する」と回答 MMD研究所は2013年9月5日~9月9日にかけて携帯端末を所有しているシニア(N=543 60歳~64歳:268人、65歳~69歳:157人、70歳以上:118人)を対象に、「シニア層のスマートフォ

2013年7月30日凸版印刷★フィードバック数:0社会/政治

主婦に絞った調査です。

主婦のネット選挙に関する意識調査

<「主婦のネット選挙に関する意識調査」を実施>5人に1人の主婦が情報収集にインターネットを活用!また、投票した主婦の7割が次回インターネットを活用したいと回答し、主婦にリーチできるインターネットメディアが今後ますます重要に  凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)が運営する電子チラシポータルサイト「Shufoo!(シュフー)」(※1)は、第23回参議院議員通常選挙に合わせ選挙管理委員会や政党向けの電子チラシサービス(※2)を提供しています。初めてのネッ

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

平成23年度我が国情報経済社会における基盤整備(インターネット上の違法・有害情報対策及びフィルタリングの動向と普及促進に関する調査研究(機器ごとのインターネット利用状況調査))報告書

平成23年度我が国情報経済社会における基盤整備(インターネット上の違法・有害情報対策及びフィルタリングの動向と普及促進に関する調査研究(機器ごとのインターネット利用状況調査))報告書

2013年7月8日MMDLabo★フィードバック数:21モバイル

フィーチャーフォンユーザーの調査です。

フィーチャーフォンユーザーの携帯端末に関する利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > フィーチャーフォンユーザーの約6割がスマートフォンに必要性を感じていない フィーチャーフォンユーザーの約6割がスマートフォンに必要性を感じていない MMD研究所は、2013年6月21日~6月24日にかけてフィーチャーフォンを所有している15歳~69歳の男女992人(docomoユーザー N=331、auユーザー N=330 、SoftBa

タブレットの利用についての調査です。

タブレット端末で利用しているコンテンツは?

タブレット端末で利用しているコンテンツは? インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:五十嵐 達)は、スマートデバイスでのコンテンツ利用状況等を把握する調査レポート「SmartPhone Contents Report(vol.04)」をもとに、タブレット端末ユーザーの同デバイス上でのコンテンツ利用状況や、スマートフォンを含めたマルチデバイスでのコンテンツ利用状況をまとめました。<2013年2月時点のタブレット端

2013年4月23日内閣府★フィードバック数:15セキュリティ/ネットワーク

青少年のネット利用についてのレポートです。

インターネット上のレイティング・ゾーニングに関する青少年のインターネット環境整備状況等調査報告書

インターネット上のレイティング・ゾーニングに関する青少年のインターネット環境整備状況等調査報告書目次第1部 調査の概要第2部 調査の結果第1章 アメリカ(1)概要ア 青少年を取り巻くインターネット環境の変化イ 教育におけるインターネット活用の増加ウ 有害情報への接触エ 個人情報保護の必要性オ 子どものオンライン被害対策への取組概況(2)青少年のインターネット利用環境の実態ア 青少年のインターネット利用実態イ 青少年のインターネット利用内容(1)法的規制に対する世論の動向ア 規制強化に関する議論と

2013年3月14日イード★フィードバック数:6セキュリティ/ネットワーク

モバイルルータ―やテザリングの利用意向についても聞いています。

新生活のインターネット環境に関する意識調査

News 2013年3月13日 「新生活のインターネット環境に関する意識調査」 新生活(引っ越し)の際に見直したいもの1位は「インターネット」 高速通信が外出時でも長時間使えるモバイルWi-Fiルーターの利用が人気モバイルデータ通信は2年連続WiMAXが1位 2013年3月13日 各位 「新生活のインターネット環境に関する意識調査」新生活(引っ越し)の際に見直したいもの1位は「インターネット」高速通信が外出時でも長時間使えるモバイルWi-Fiルーターの利用が人気モバイルデータ通信は2年連続Wi

2013年3月9日総務省★フィードバック数:11マーケティング

平成23年度通信利用動向調査を基にした分析です。

「平成23年度通信利用動向調査」にみるインターネット利用の現状―世帯編の探索的分析―

「平成23年度通信利用動向調査」にみるインターネット利用の現状―世帯編の探索的分析―

2013年3月6日NHKフィードバック数:1マーケティング

2011年11月「全国接触者率調査」 単純集計結果

2011年11月「全国接触者率調査」 単純集計結果  1.調査目的6.調査有効数(率)    デジタル化の進展に伴い、放送以外のさまざまな   2,528人(70.2%)    媒体による番組の提供が進む中、インターネット7.曜日ごとの調査有効数(率)    など放送以外の媒体による番組への接触も含めた   11月14日(月)‥‥2,527人(70.2%)     メディアへの接触状況を把握する。   11月15日(火)‥‥2,524 (70.1) 2.調査時期   11月16日(水)‥‥2,5

若者のネットを中心としたメディア利用の変化とそれを受けての購買行動についてのレポートです。

若年層の購買行動要因~マスメディア離れ、価値観・ライフスタイルの変化がもたらす影響は?

若年層の購買行動要因~マスメディア離れ、価値観・ライフスタイルの変化がもたらす影響は? | ニッセイ基礎研究所 若年層の購買行動要因~マスメディア離れ、価値観・ライフスタイルの変化がもたらす影響は? 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――捉えにくい若年層マーケット~マスメディア離れと価値観・ライフスタイルの変化2――若年層のイ

2013年2月20日野村総合研究所フィードバック数:5マーケティング

O2O(Online to Offline)市場とO2Oソリューション

NRI K NOWLEDGE INSIGHT2013 JAN. VOL.28当レポートに掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製を禁じます。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約により保護されています。O2O(Online to Offline)市場とO2O ソリューション伊部和晃Copyright ⓒ 2013 Nomura Research Institute,Ltd. All rights reserved. No reproduction orrepublication withou

2013年2月2日NHK★フィードバック数:1マーケティング

テレビを中心とした調査です。

ロンドンオリンピック視聴時におけるメディア利用について

ロンドンオリンピック視聴時におけるメディア利用について史上最多38個のメダルを獲得したロンドンオリンピック。今回のオリンピックの見られ方や,視聴メディアについて電話世論調査を実施しました。ロンドンオリンピックは,「週に1日でも見たり聴いたり」した人が93%で,6割以上が「ほとんど毎日」オリンピック中継を見たと回答しています。オリンピック中継をどのメディアで見たかについては,テレビでの視聴をあげる人が最も多く,テレビやそれ以外のメディアと併用した人もあわせると9割近くがテレビ利用者でした。また、番

2012年12月21日マイボイスコムフィードバック数:1大型消費/投資

マイボイスコム 医療保険の加入(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ医療保険加入者は7割強。加入・見直し意向は半数弱。「アメリカンファミリー生命」は加入者・意向者とも最も多い 医療保険は、営業職員、販売員を通じて加入した人が多い 商品選定ポイントは「月々の保険料が安い」がトップ、「病気での入院給付金日額が十分である」「十分な額の手術給付金がある」などが続く 「情報はネットで集めたいが、最終的には販売員などに相談して決めたい」が4割弱、すべてインターネットを利用したい人は2割 【調査対象】 「MyV

2012年12月5日インプレス★フィードバック数:26モバイル

個人・法人それぞれを調査しています。

スマートフォン利用動向調査報告書2013

契約数は、2012年度の4878万台から、2017年度には9174万台に到達―― 黎明期から続く7年目の実績 『スマートフォン利用動向調査報告書2013 [市場動向と展望/ケータイとの比較から分析するユーザー動向]』発売 ―契約数は、2012年度の4878万台から、2017年度には9174万台に到達―[市場動向と展望/ケータイとの比較から分析するユーザー動向]』発売インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表

2012年12月3日マイボイスコムフィードバック数:3大型消費/投資

マイボイスコム 損害保険会社のホームページ(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ損害保険会社ホームページ閲覧経験は3割強。「ソニー損害保険」「三井ダイレクト損保」「SBI損保」などが上位。「商品の案内・説明」「保険料のシミュレーションや見積」、サイトからの手続きなどをする人が多い。「損害保険会社の公式Facebookページを見る」は1.3% 損害保険会社のホームページ閲覧手段は「パソコン」が大半。「スマートフォン」は閲覧者の3.2%、「タブレット端末」は2.5% 直近1年間に見たサイトで最も充実していると思うのは「ソニ

時間別の利用状況を見ています。

ロンドンオリンピック開催期間中のスマートフォンユーザーのソーシャルメディア利用動向

五輪期間中のiPhoneユーザーの主要ソーシャルメディア利用率は、毎時平均で13.5%。男女サッカーなど注目度の高かった競技時間帯周辺で活発だった点を検証。 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:五十嵐 達)は、スマートフォンによるインターネット視聴データサービス「Smart M3(iPhoneユーザー版)」の結果を中心に、この夏のロンドンオリンピック開催期間中のスマートフォンユーザーのソーシャルメディア利用

2012年5月24日パイプドビッツフィードバック数:5社会/政治

インターネット選挙に関する意識調査

政治情報プラットフォーム「政治山」、インターネット選挙に関する意識調査結果を公開|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ2012年5月24日 政治情報プラットフォーム「政治山」、インターネット選挙に関する意識調査結果を公開~ インターネット調査では賛成多数、電話調査では反対多数、賛否が別れる結果に ~株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区 代表取締役社長 CEO:佐谷宣昭 証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)が運営する、政治情報プラットフォーム「政治山」は

TwitterとFacebookの重複利用者についてのデータです。

PCのTwitterとFacebookの重複訪問者は、商品購入検討時の情報収集活動が活発な傾向に

PCのTwitterとFacebookの重複訪問者は、 商品購入検討時の情報収集活動が活発な傾向に。〜 「WebPAC2」を活用した分析結果より 〜 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:五十嵐 達)は、Webサイト接触状況データとパネルアンケートデータを組み合わせたユニークなサービス「WebPAC2」を活用して、TwitterとFacebookの重複訪問状況や、その訪問パターン別の特徴についてまとめました。<

2012年4月27日Ipsosフィードバック数:4エンタテインメント

音楽ダウンロード利用者は日本が最下位-イプソス「Global @dviser調査」より

[] グローバル・マーケティング・リサーチ会社のイプソスは、世界24カ国でインターネット利用者の実態調査を実施いたしました。 <主な調査結果>1. インターネット利用者の過半数(57%)は趣味や興味のあることについてネットで情報収集する2. 音楽などのダウンロードやストリーミングでは日本は最下位。トップは中国3. オンラインゲームの利用でもトップは大差で中国(61%)。日本は18%で下位グループ<調査概要>調査実施機関: イプソス実施時期: 2012年2月7日~21日調査手法:イプソス・オンライ

2012年3月27日マイナビフィードバック数:22セキュリティ/ネットワーク

意識調査からひも解く、インターネット詐欺への対抗手段

あなたも「自分だけは大丈夫」だと、思っていたら大間違いです昨今、インターネットを利用した犯罪が猛威を振るっているのは、みなご承知のことだろう。海外では、本物そっくりに作られた銀行のオンラインバンキングのページを通じて多額の金銭被害が発生した事例も。また、「なう」でお馴染みのマイクロブログサービスの偽ログイン画面にてIDやパスワードを“抜かれて”しまい、悪用されたといったケースもニュースとしてご存知の方も多いことだろう。そういった“脅威・リスクに晒されている”という背景から、“セキュリティ対策は行

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ