調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インドシナ半島

「インドシナ半島」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月21日GMOリサーチ★フィードバック数:0ライフスタイル

健康についての調査です。

健康意識に関する調査(ベトナム・ラオス・カンボジア)

『健康意識に関する調査』をベトナム・ラオス・カンボジアで実施 ~インドシナ半島は共通して健康維持に関心~2015年05月21日 GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ株式会社(代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、GMOリサーチのベトナム・ラオス・カンボジアの提携モニターを対象に「健康意識に関する調査」を実施いたしました。 ●調査テーマ:健康意識に関する調査について ●調査地域:ベトナム・ラオス・カンボジア ●調査対象:16歳以上の男女 

2013年10月6日気象庁フィードバック数:0社会/政治海外

2013年9月以降のインドシナ半島の多雨について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年9月以降のインドシナ半島の多雨について報道発表日概要9月以降、インドシナ半島の広い範囲で多雨となっており、タイやベトナムでは洪水の被害が発生している。タイのチャオプラヤ川流域での9月1日以降の積算雨量(10月1日現在)は、2000年以降では2005年に次いで2番目に多くなっている。原因は、南西からの湿った空気の流入が平年より多かったこと、台風第21号の上陸などである。本文天候の経過と被害状況インドシナ半島では、9月以降、広い範囲で平年よ

カンボジア経済の現状と今後の展望

カンボジア経済の現状と今後の展望~ インドシナ半島の新たな投資フロンティアとなるカンボジア ~ ○カンボジアは、1970~80年代の長期にわたる戦乱で大きな痛手を受けたが、近年、政治経済情勢が安定し、インドシナ半島の新たな投資フロンティアとして注目されつつある。カンボジアの足元の経済成長率は6%を超え、ベトナムやタイを上回る勢いである。また、ここ数年、労働集約型業種を中心に日本企業のカンボジア進出も活発化している。○カンボジア経済の高成長を牽引してきたのは、サービス業と製造業の拡大であった。サー

2013年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

全解説ミャンマー経済

リサーチ TODAY2013 年 2 月 25 日「全解説ミャンマー経済」常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創「ミャンマーと日本の時差は2時間半だが、ミャンマーに着いたら時計の針を50年前に戻してください。」これは我々の同僚が地場の経営者から聞いた話である。みずほ総合研究所ではミャンマーに関する綿密な現地調査を積み重ね、その成果を盛り込む形で『全解説ミャンマー経済』と題する書籍を今年2月に発表した。タイトルが示す通りミャンマー経済に関する全面的な解説を行ったもので、類書は存在しないだろう。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ