調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インドネシアベトナム

「インドネシアベトナム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月3日富国生命保険★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドです。

アジアを中心とする訪日客の動向

国 内 外 経 済 の 動 向アジアを中心とする訪日客の動向【ポイント】1. 2014 年に訪日客数は 1,300 万人を超え、過去最高を更新した。その背景には中国や ASEAN といった新興国の成長や訪日ビザの緩和などの要因がある。2. 各国の経済発展度や観光目的によって、訪日客の消費動向は異なるものの、免税制度の拡大は今後の消費額の増大に寄与する可能性がある。3. 訪日客数の政府目標を達成するためには、買物客の取り込みだけでなく、地方観光地などを活用したリピーターの増大が必要不可欠である。外

2013年11月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

12年下期以降の対中・ASEAN投資~加速し始めた日本企業のチャイナ・プラスワン戦略~

みずほインサイトアジア2013 年 11 月 11 日12 年下期以降の対中・ASEAN 投資アジア調査部主任研究員加速し始めた日本企業のチャイナ・プラスワン戦略03-3591-1375酒向浩二koji.sako@mizuho-ri.co.jp○ 中国における人件費の上昇に2012年下期以降の日中関係の緊張が重なり、日本企業は中国に替わる投資先としてASEANを選好するようになっており、大企業に比べて特に中小企業でその傾向が強い○ 業種別にみると、「精密機械」ではタイ・ベトナム、「電気機械」では

グローバル化による食の変化と穀物貿易―東南アジアの小麦輸入急増―

〈レポート〉農林水産業グローバル化による食の変化と穀物貿易─東南アジアの小麦輸入急増─主席研究員 阮 蔚1  パンや麺の消費が急増する東南アジア東南アジアの伝統的な主食と言えば当然コメである。タイ、ベトナムは世界のトップを国の需要増はめざましい。東南アジアの小麦輸入は今や世界の10%近くを占めるまでになった(第1図)。競うコメ輸出国であり、インドネシアもナシゴレンのような炒飯やバリ島の棚田をみれば、2  日系企業が後押しする東南アジア食文化のコメが食と農業の大黒柱であることは間違いない。変化興味

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ