調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インドネシア中央銀行

「インドネシア中央銀行」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

インフレ懸念の後退を受け、景気の底上げに動いたインドネシア中央銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月26日インフレ懸念の後退を受け、景気の底上げに動いたインドネシア中央銀行 インドネシア中央銀行は、17日の月例理事会で約3年ぶりに政策金利の引き下げ(7.75%→7.50%)を決定しました。昨年11月、政府が燃料補助金を削減し、ガソリンやディーゼル燃料の公定価格を引き上げることを発表した際、中央銀行は、インフレ率の急激な上昇を抑制することなどを目的として、緊急利上げ(7.50%→7.75%)を実施しました。しかしながら今回の

インドネシア新大統領による経済改革と中央銀行による利上げ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月20日インドネシア新大統領による経済改革と中央銀行による利上げ インドネシア中央銀行は、18日に臨時の金融会合を開催し、1年ぶりとなる政策金利の引き上げ(7.50%→7.75%)を決定しました。政府は前日(17日)、ガソリンやディーゼル燃料の公定価格を30%以上引き上げることを発表しており、中銀は、インフレ率の急激な上昇を抑制することなどを目的として、迅速に利上げに動きました。燃料価格の引き上げは、ウィドド大統領により選挙

2014年1月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシアの経常収支悪化に歯止めはかかったのか

みずほインサイトアジア2014 年 1 月 29 日インドネシアの経常収支悪化に歯止めはかかったのかアジア調査部主任研究員菊池しのぶ03-3591-1427shinobu.kikuchi@mizuho-ri.co.jp○ 2013年5月のQE3早期縮小観測台頭以降、新興国では大規模な資本流出からトリプル安が生じた。大幅な経常赤字を抱えていたインドネシアは、新興国の中でも特に激しいトリプル安に見舞われた○ その後、政府・中央銀行による緊縮・輸入抑制政策が奏功し、経常赤字は縮小に向かった。2013年

2013年8月15日内閣府フィードバック数:0社会/政治海外

新興国経済の動向 -最近の金融資本市場の変化とその影響-

12/4/6 10 時 17 分マンスリー・トピックスNO.22平成25年8月15日新興国経済の動向−最近の金融資本市場の変化とその影響−参事官(経済財政分析―海外担当)付須賀昭一1.はじめに‐野口美雪山本大輔大和昭広深澤優一樋田貴博加藤夕貴子※問題意識2000 年代以降、中国をはじめとした新興国経済の経済成長率は比較的高水準で推移してきた。しかし、08 年の世界金融危機後の成長率は、一時的な落ち込みから回復はしているものの、危機前より低下しつつある。そうした中、先進国は金融緩和の動きを続けてき

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ