調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インドネシア女性

「インドネシア女性」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

インドネシア/フィリピン/ベトナムにおける消費者意識に関する調査

インドネシア/フィリピン/ベトナムにおける消費者意識に関する...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース インドネシア/フィリピン/ベトナムにおける 消費者意識に関する調査結果を発表 株式会社日本能率協会総合研究所(JMAR)(本社:東京都港区、代表取締役社長:加藤 文昭)では、このたび東南アジアの3ヶ国(インドネシア、フィリピン、ベトナム)の男女20歳から49歳、都市部在住者を対象に、主に製品カテゴリー別の購入状況と購入時の重視項目、生産国別の製品イメージに関する自主調

2014年11月19日インテージフィードバック数:0大型消費/投資

アジアインサイトレポート第11弾『インドネシア市場実態調査 日本への関心編』

3ヵ月以内に「日本食」を外食した人は、ジャカルタ女性の54.4%旅行してみたい国のTOP2は隣国、3位に「日本」観光ビザ免除なども追い風となり、日本への関心が高まっている株式会社インテージは、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査をもとにした「アジアインサイトレポート」を発行しています。第11弾のレポートでは、『インドネシア市場実態調査 日本への関心編』を発表します。今回は、当社と海外グループ会社が共同で

2014年11月19日インテージフィードバック数:0ライフスタイル海外

アジアインサイトレポート第10弾『インドネシア市場実態調査 女性・ヘルスケア編』

日系企業の進出は中国に次ぎ2番目に多い女性の社会進出が盛ん薬はドラッグストアで購入する女性が多いヘルスケア商品の情報はTVから得ている日本製のヘルスケア商品を買いたい女性は4割株式会社インテージは、アジアの人々の意識や行動を探るため、インテージグループ各社と協力し、アジア地域の人々を対象にさまざまなテーマで実施した自主企画調査「アジアインサイトレポート」を発行しています。 第10弾のレポートでは、『インドネシア女性のヘルスケア事情』を紹介します。調査方法インテージの自主企画調査「アジア・マーケテ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ