調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インド市場

「インド市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

進むアジアの統合と日本企業への影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 進むアジアの統合と日本企業への影響ASEANを生産拠点としたインド市場へのアクセス拡大か ◆ASEAN経済共同体の発足は、東アジア地域における経済統合の深化へと波及するものとして期待されている。その代表例が、RCEPである。東アジアにおけるサプライチェーンの拡大により、2国間FTAを超えた包括的な経済統合の必要性が高まっている。特に、日本、中国、韓国、ASEANがつながることで現地調達率の基準を満たし

2013年7月12日富士通★フィードバック数:0マーケティング海外

小売業と消費者についてのレポートです。

インドのBtoC市場開拓に必要な現地消費者の理解 ~現地の消費者調査から~

インドのBtoC市場開拓に必要な現地消費者の理解~現地の消費者調査から~2013年7月11日(木曜日)1. はじめにインドは人口動態や経済成長に伴う所得の増加といった需要サイドの条件を考えれば、非常に有望な市場である。にもかかわらず、日本企業の進出は現時点で約1,000社にとどまっている。これは中国に進出している企業数が約20,000社あることを考えると、非常に低い水準と言わざるを得ない。背景には、道路や電力などのインフラ不足、複雑な商習慣・税制、政府による規制など、様々な要因がある。しかし、こ

インド経済の現状と今後の展望

インド経済の現状と今後の展望~ 鈍化するインド経済は、高成長軌道に復帰するのか? ~ ○インド経済は、2000年代半ばに、1947年の独立以来初めての高成長局面を迎えた。また、リーマンショック直後には、多くの新興国で経済成長率がマイナス転落する中、インドは、中国とともに経済が堅調に推移し、世界から注目された。しかし、2011年以降、インド経済は急速に鈍化している。○インド経済を足元で減速させている直接的な要因のひとつは、金利上昇である。金利上昇の背景となったのはインフレ率の上昇であった。金利上昇

2011年9月5日電通★フィードバック数:16マーケティング海外

インドの消費財購買についての調査結果です。

インドの中小個人商店主および消費者への定量調査

平成23年9月5日電通総研がインドの中小個人商店主および消費者への定量調査を実施~インド市場は「昭和40年型のマス・マーケティング」が有効~電通総研では、今夏(7-8 月)インドのデリーとムンバイ両都市で、中小個人商店主と一般消費者を対象にアンケート調査を実施しました。若者が多数を占める人口構成と中間層の急速な成長を背景に、インドの消費財市場、なかでも FMCG(Fast Moving Consumer Goods、日用消費財などの製品)市場の魅力に注目が集まっています。これまでわが国企業のイン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ