調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インド経済

「インド経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

【インドGDP】10-12月期は前年同期比+7.5%~原油安の追い風で景気回復トレンドは鮮明に~

【インドGDP】10-12月期は前年同期比+7.5%~原油安の追い風で景気回復トレンドは鮮明に~ | ニッセイ基礎研究所 【インドGDP】10-12月期は前年同期比+7.5%~原油安の追い風で景気回復トレンドは鮮明に~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら インド中央統計機構(CSO)は1月30日に、国家会計の基準年度を2004-05年度

原油安の恩恵を受けるインド~中央銀行は緊急利下げを実施

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月16日原油安の恩恵を受けるインド~中央銀行は緊急利下げを実施 インド準備銀行(中央銀行)は、15日に臨時の金融政策決定会合を開催、政策金利であるレポ金利の引き下げ(8.00%→7.75%)を決定し、即日実施しました。2013年5月以来となる利下げを実施した主な背景として、足元の原油安に伴ない国内の物価上昇圧力が緩和したことが挙げられます。想定外のタイミングでの利下げが、インドの経済成長を後押しするとの期待が高まり、15日の同

2015年1月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド準備銀、先月の『約束』通り緊急利下げを決断 ~原油安は勢いを失いかけたインド経済の「光明」になりつつある~

インド準備銀、先月の『約束』通り緊急利下げを決断 ~原油安は勢いを失いかけたインド経済の「光明」になりつつある~

2014年12月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

生まれ変わりかけのインド経済 ~依然として景気の勢いは乏しいが、構造転換は着実に前進の方向へ~

生まれ変わりかけのインド経済 ~依然として景気の勢いは乏しいが、構造転換は着実に前進の方向へ~

政権発足後の初の外遊先に日本を選んだインドのモディ首相~独立記念日に「強いインド」の復活を国民に訴える~

政権発足後の初の外遊先に日本を選んだインドのモディ首相 ~独立記念日に「強いインド」の復活を国民に訴える~ 2014年4月から5月にかけて行われたインドの第16回総選挙は、18歳以上の選挙民が8億3,400万人、投票者5億5,400万人、投票率66%(史上最高率)、政党数464、立候補者1万3,000人、投票所数93万5,000といったように、世界最大の民主主義選挙であった。結果は、BJP(インド人民党)が大方の予想を上回る圧勝で30年振りの単独過半数議席を獲得し、2期10年続いた国民会議派

2014年7月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

インドのモディノミクスに過度な期待は禁物

リサーチ TODAY2014 年 7 月 10 日インドのモディノミクスに過度な期待は禁物常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創インドでは2014年5月16日に開票された下院総選挙で最大野党が大勝し、30年ぶりに単独過半数を有する安定政権が成立した。その結果、市場では前政権のもとで悪化した経済を、強力な新政権が改革によって立て直すとの期待が高揚している。特に、グジャラート州首相時代に同州の経済改革を推進した実績をもつモディ新首相の経済政策は「モディノミクス」とされて期待を集めている。みずほ総

2014年6月27日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

政権交代でインド経済は持ち直すか-景気の先行きと我が国のアジア新興国ビジネスにおけるインドの位置付けを考える

政権交代でインド経済は持ち直すか-景気の先行きと我が国のアジア新興国ビジネスにおけるインドの位置付けを考える

2014年6月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド 前政権は景気減速とともに幕を下ろす ~新政権への「期待」は大きい、「実現」力がインド経済の命運を握る~

インド 前政権は景気減速とともに幕を下ろす ~新政権への「期待」は大きい、「実現」力がインド経済の命運を握る~

2013年9月12日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

インドは景気底割れを回避できるか-ルピー建て原油価格から先行きを考える

Research Focushttp://www.jri.co.jp2013 年9月 11 日No.2013-26インドは景気底割れを回避できるか― ルピー建て原油価格から先行きを考える ―調査部 研究員 熊谷章太郎《要 点》 本レポートでは、近年のインド経済の減速の主因を整理し、景気底割れを回避できるかを展望した。 近年の景気減速には様々な要因があるが、足元にかけての急減速の主因はルピー建て原油価格の上昇である。原油価格の上昇は、①経常赤字の拡大と通貨安の悪循環、②燃料価格抑制のための補助

最近の新興国通貨下落とインド経済

http://www.nochuri.co.jp/分析レポート海外経済金融最 近 の新 興 国 通 貨 下 落 とインド経 済多田 忠義要旨先進諸国での金融緩和によって発生した過剰流動性により、新興国へのマネー流入が増大してきた。しかし、最近では米国における量的緩和第 3 弾(QE3)の規模縮小が近い将来開始されるとの見方が強まり、新興国の多くで株安、米ドル高が進んだ結果、株価の水準は11 年の欧州債務危機や米財政問題が不安視されたときの水準まで下げた。新興国は経常・財政収支ともに赤字であること

2013年7月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

弱り目に祟り目のインド経済 ~マネー縮小懸念のなか、資金取り込みに向けた構造改革の本気度が問われる~

弱り目に祟り目のインド経済 ~マネー縮小懸念のなか、資金取り込みに向けた構造改革の本気度が問われる~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ