調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インバウンド消費

「インバウンド消費」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年2月18日TRUE DATAフィードバック数:0社会/政治

ドラッグストア12月のインバウンド消費調査

〈ドラッグストア12月のインバウンド消費調査〉 インバウンドで「グレーのマスク」が売上げ急上昇~購買件数は前月に続いて過去最多を更新~購買ビッグデータ分析の株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は2018年1月30日(火)、全国ドラッグストアのPOSデータによる2017年12月のインバウンド消費動向調査を発表します。2017月12月のドラッグストアにおけるインバウンド消費購買件数は、当社が調査を開始した2015年1月以降過去最多となる1店舗あた

ドラッグストア2017年5月のインバウンド消費調査

<ドラッグストア2017年5月のインバウンド消費調査>インバ...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > <ドラッグストア2017年5月のインバウンド消費調査> インバウンド消費購買件数2ヶ...<ドラッグストア2017年5月のインバウンド消費調査> インバウンド消費購買件数2ヶ月連続で前年同月比増加~購買単価は減少ながら、全体平均比8倍以上をキープ~ 購買ビッグデータ分析のカスタマー・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代

ドラッグストア12月のインバウンド消費

ドラッグストア12月のインバウンド消費 「コロロ」、「チーズ...| ドラッグストア12月のインバウンド消費「コロロ」、「チーズおやつ」がランキングTOP5に登場 購買ビッグデータ分析のカスタマー・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、ドラッグストアにおけるインバウンド消費※動向をお知らせします。12月は上位にランクインするお菓子カテゴリ商品が増え、売上個数ランキングのトップ5に「コロロ」、「チーズおやつ」の2商品がランクインしました。インバウンド

ドラッグストア2016年11月のインバウンド消費

ドラッグストア11月のインバウンド消費 チーズ鱈にカルパスも...| ドラッグストア11月のインバウンド消費チーズ鱈にカルパスも?!訪日外国人に「子どもの珍味」人気 購買ビッグデータ分析のカスタマー・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、ドラッグストアにおけるインバウンド消費※動向をお知らせします。11月はチーズ鱈やカルパスなどの人気が上昇し、トップ30にランクインするお菓子カテゴリ数がさらに増加しました。インバウンド消費全体では、購入件数が前年同

2016年9月15日ホットリンクフィードバック数:0大型消費/投資

「国慶節」での訪日中国人の消費動向

ソーシャル・ビッグデータ活用のクラウドサービス 「国慶節」での訪日中国人の消費動向を発表~買いたいランキング1位「コスメ・美容」、中国各地に広がる日本旅行人気~ 概 要ホットリンクグループである、株式会社トレンドExpress(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 桧野安弘、以下 トレンドExpress)は、中国のSNS上のクチコミを基に、約半月後に迫った「国慶節」(10月1日~7日)の訪日中国人の消費予測を発表します。国慶節に日本でしたいことランキング、1位は「買い物」2位は「日本料理」

2016年8月9日ホットリンクフィードバック数:0大型消費/投資

中国のSNS上のクチコミ分析から訪日中国人に“次に人気になりそうな”体験やスポットを予測

ソーシャル・ビッグデータ活用のクラウドサービス 中国のSNS上のクチコミ分析から訪日中国人に“次に人気になりそうな”体験やスポットを予測 概 要ホットリンクグループである、株式会社トレンドExpress(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 桧野安弘、以下 トレンドExpress)は、中国のSNS上のクチコミを収集、分析し、これから訪日中国人の間で人気を集めそうな体験やスポットに関する消費予測を発表します。背 景日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2016年上半期の訪日中国人数は30

2016年7月8日マクロミルフィードバック数:0社会/政治

インバウンド消費が盛り上がる夏到来!訪日外国人は日本でどんな体験をしてる?

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2016年5月 インバウンド消費 実売動向レポート<ドラッグストア>vol.02 カスタマー・コミュニケーションズ

インバウンド消費 5月の第1位は「目薬」~「2016年5月 ...| インバウンド消費 5月の第1位は「目薬」 ~「2016年5月 インバウンド消費 実売動向レポート <ドラッグストア>vol.02」 6月27日(月)発売~カスタマー・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)と、株式会社カーツメディアワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:村上 崇)が発行する「2016年5月 インバウンド消費 実売動向レポート<ドラッグストア>vol.02」より、

2016年5月3日ホットリンクフィードバック数:0ライフスタイル

「労働節」での訪日中国人の消費動向予測

ソーシャル・ビッグデータ活用のクラウドサービス 「労働節」での訪日中国人の消費動向予測を発表 ~爆買いは「ベビー用品」に注目!「日本人と友達になりたい」という声も!~ 概 要ホットリンクグループである、株式会社トレンドExpress(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 桧野安弘、以下 トレンドExpress)は、訪日を予定している中国人のSNS上のクチコミを分析し、まもなくやってくる中国の「労働節」(2016年5月1日)時期の訪日中国人の消費動向予測を発表いたします。トレンドExpres

2016年3月8日ホットリンク★フィードバック数:0マーケティング

最大商戦「春節」での訪日中国人の消費動向

ソーシャル・ビッグデータ活用のクラウドサービス ホットリンク、最大商戦「春節」での訪日中国人の消費動向を発表 ~「服飾」人気が旅行スタイルの変化を象徴!~ ホットリンクグループである、株式会社トレンドExpress(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 桧野安弘、以下 トレンドExpress)が提供しているレポートサービス「図解中国トレンドExpress」は、訪日中国人のクチコミを分析し、今年の「春節(中国のお正月)」での、訪日中国人の消費動向を発表します。日本で「○○を買った」というクチ

台湾ネットユーザーの訪日旅行に関する意識調査

モニプラGlobal、「台湾ネットユーザーの訪日旅行に関する意識調査」結果を公開旅行の情報収集は「ブログ」「SNS」から?台湾向けインバウンド集客に役立つ最新データをご紹介2016年01月26日 アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、証券コード:6081)は、インバウンド集客プロモーション支援サービス「モニプラGlobal」で、台湾のネットユーザーを対象に「訪日旅行に関する意識調査」を行い、その結果を公開しましたのでお知らせいたします。近年、台湾からの訪日観

2015年12月1日電通★★フィードバック数:0マーケティング

電通総研『話題・注目商品2015』レポート

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通総研『話題・注目商品2015』レポート2015年11月26日「生活者が選ぶ話題・注目商品2015ランキング」 1位は「爆買い / インバウンド」 「生活者が選ぶ有望商品2016ランキング」 1位は「水素自動車」 _________________________

2015年10月9日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

化粧品市場に関する調査結果 2015

化粧品市場に関する調査結果 2015 ~消費マインドの復調と訪日外国人観光客のインバウンド消費活況により前年度実績をクリア~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の化粧品市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年6月~9月2.調査対象:化粧品ブランドメーカー、化粧品受託製造事業者、化粧品原材料メーカー・商社、流通業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査併用調査結果サマリー◆2014年度の国内化粧品市場規模は、前年度比100.5

2015年8月20日帝国データバンク★★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足に対する企業の動向調査

2015/8/20人手不足に対する企業の動向調査「飲食店」での人手不足、非正社員で7割超〜 正社員でも小売業やサービス業で人手不足強まる 〜はじめに景気回復が緩やかに続き、リーマン・ショックによる不況で急落した有効求人倍率は年々増加しているなか、8月に解禁された採用活動も活発になるなど、企業において人材の獲得競争が依然続いている。また、独立行政法人労働政策研究・研修機構が2014年5月に発表した労働力需給の将来推計 によれば、経済成長と労働参加が適切に進まない場合、2030年には労働力人口が最大

2015年7月12日博報堂★★フィードバック数:0大型消費/投資

春節期における訪日中国人観光客の消費行動調査

NEWS博報堂「インバウンド・マーケティング・ラボ」、 春節期における訪日中国人観光客の消費行動調査結果発表 2015年07月10日-中国人観光客の消費のキーワードは、「普段購入している物を日本でリーズナブルに」株式会社博報堂のインバウンド消費に関する研究を行う社内横断チーム、博報堂「インバウンド・マーケティング・ラボ」は、春節期における東アジア4地域(中国・韓国・台湾・香港)の訪日観光客のインバウンド消費行動調査「IMBA(Inbound Marketing Breakdown Analyze

日米経済(週次)予測(2015年6月22日)<日本:民間消費の停滞に加え、純輸出も縮小。4-6 月期成長率予測は3 週連続で低下し0%へ><米国:フォワードガイダンスによる金融政策を排除したが、data-dependentな金融政策に戻れないYellen連銀>

日米経済(週次)予測(2015年6月22日)<日本:民間消費の停滞に加え、純輸出も縮小。4-6 月期成長率予測は3 週連続で低下し0%へ><米国:フォワードガイダンスによる金融政策を排除したが、data-dependentな金融政策に戻れないYellen連銀>2015-06-22 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.55-景気は足下やや横ばいだが、先行きは緩やかな改善の見込- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywo

インバウンドについてのレポートです。

増加するインバウンド消費

【プレスリリース】 増加するインバウンド消費~都道府県別推計から見る地方への広がりと課題~ 2015年06月17日三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区 社長:藤井 秀延)は、「増加するインバウンド消費~都道府県別推計から見る地方への広がりと課題」を発表いたします。詳細は、全文資料をご参照ください。本件に関するお問い合わせ三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 調査部 藤田 隼平 (chosa-report@

2015年6月10日国土交通省★★フィードバック数:0大型消費/投資

白書です。

「平成26年度観光の状況」及び「平成27年度観光施策」(観光白書)

「平成26年度観光の状況」及び「平成27年度観光施策」(観光白書)について 最終更新日:2015年6月9日 本年の観光白書は、(1)平成26年度の国内外の観光の動向、(2)近年のインバウンド消費拡大の要因の分析やインバウンド消費を取り込むための各産業、地域の取組等について重点的に記載した。 2014年(平成26年)の国際観光客到着数は11億3800万人(対前年比4.7%増)となり、初めて年間11億人を突破した。訪日外国人旅行者数は1,341万人と、この2年間で500万人の増加となった。 2.拡大

2015年6月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日米経済(月次)予測(2015年5月)<日本:4-6 月期生産は緩やかな回復だが消費の基調は弱い><米国:2016 年大統領選動向: スキャンダルにも崩れないHillary の 支持率、失言でつまずいたBush、Rubio にチャンスか?>

日米経済(月次)予測(2015年5月)<日本:4-6 月期生産は緩やかな回復だが消費の基調は弱い><米国:2016 年大統領選動向: スキャンダルにも崩れないHillary の 支持率、失言でつまずいたBush、Rubio にチャンスか?>2015-06-01 関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を

2015年6月1日GMOインターネット★フィードバック数:0大型消費/投資

訪日中国人の消費です。

訪日中国人の消費行動調査

2015年6月1日~嗜好品、ぜいたく品などのショッピングに高い期待~  GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ株式会社(代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、GMOリサーチが保有する中国の提携モニターを対象に「訪日中国人の消費行動調査」を実施いたしました。過去3年以内に訪日旅行経験のある男女 552名過去に訪日経験はないものの、 今後3年以内に訪日旅行予定のある男女 540名  近年、アジアにおける中間所得者層の増加や円安といった背景を受

日米経済(週次)予測(2015年4月13日)<日本:家計と企業の景況感にねじれ、1-3 月期の景気回復は緩やかにとどまる><米国:1-3月期の景気のスローダウンはソフトパッチの可能性が高い>

日米経済(週次)予測(2015年4月13日)<日本:家計と企業の景況感にねじれ、1-3 月期の景気回復は緩やかにとどまる><米国:1-3月期の景気のスローダウンはソフトパッチの可能性が高い>2015-04-13 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.51-景気は足下改善が続くも、先行きは足踏みの兆し- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下改善が続くも、先行きは

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

関西経済月次分析(2015年1月-2月)

<要旨>12月の鉱工業生産指数は前月比+0.3%と2カ月ぶりの上昇。結果、10-12月期は前期比+0.1%と2期ぶりに小幅増産となった。1月関西の貿易は、輸出は23カ月連続で増加、輸入は2カ月ぶりに減少。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から-83.6%縮小した。1月の景気ウォッチャー現状判断DIは小幅ながら2カ月連続の改善。訪日外国人の消費の拡大が改善に寄与。先行き判断DIは原油安や賃上げ期待もあり2カ月連続の大幅改善。消費者心理に下げ止まりの動きがみられる。10、11月の現金

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

Kansai Economic Insight Quarterly No.25 <緩やかな回復基調にある関西 さらなる力強い成長には好循環の持続が不可欠>

Kansai Economic Insight Quarterly No.25 <緩やかな回復基調にある関西 さらなる力強い成長には好循環の持続が不可欠>2015-02-27 <要旨>1. 2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%で、3四半期ぶりのプラス成長となった。成長率の内訳は、内需が+1.4%ポイント、純輸出が+0.9%ポイントであった。内需の増加に寄与したのは民間最終消費支出と民間在庫品増加で、これら以外の内需項目は成長に対する貢献がほとんどなく、自律的な力強い

関西経済月次分析(2014年12月-2015年1月)

<要旨>11月の鉱工業生産指数は前月比-4.6%と3カ月ぶりの下落。在庫は高水準であり、今後生産調整が行われる可能性がある。加えて海外需要が停滞すれば、生産に対する影響は大きい。11月関西の貿易は、輸出は21カ月連続で増加した。輸入は3カ月ぶりに減少した。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から改善。12月の景気ウォッチャー現状判断DIは3カ月ぶりの改善。先行き判断DIは6カ月ぶりの改善。同月の消費者態度指数も5カ月ぶりに前月比改善。消費者心理に下げ止まりの動きがみられる。10月の

2015年1月21日あとらす二十一フィードバック数:0大型消費/投資

2016年に訪日旅行を予定している中国人の「爆買い」に関するアンケート調査

2016年1月19日2016年に訪日旅行を予定している中国人の「爆買い」に関するアンケート調査株式会社あとらす二十一は、2016年に日本を訪れる予定の中国人に対して、日本での「爆買い」に関するアンケート調査を実施しました。当社ではインバウンド(訪日外国人旅行者)向けのプロモーション支援として、外国語サイトの制作や海外リスティング広告などの集客ソリューションのほか、訪日中国人旅行者向けに東京エリアのショッピングや観光・グルメに関する様々な情報を紹介するWebメディア『东京攻略』(日本語:東京攻略、

日本経済(週次)予測(2014年12月22日)<12 月短観は先行きを悲観的に見るが、出始めた大幅円安と原油安の効果>

日本経済(週次)予測(2014年12月22日)<12 月短観は先行きを悲観的に見るが、出始めた大幅円安と原油安の効果>2014-12-22 関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0%(前期比+1

日本経済(月次)予測(2014年11月)<10-12月期、消費増税の影響薄らぐ民間需要>

日本経済(月次)予測(2014年11月)<10-12月期、消費増税の影響薄らぐ民間需要>2014-12-01 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.54-景気は足下、先行きともに緩やかな成長が見込まれる- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな成長が見込まれる- ・8月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から上昇したが、7-8月平均は4-6月

第102回景気分析と予測<7-9月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度-0.8%、15年度+1.8%、16年度+1.4%と予測>

第102回景気分析と予測<7-9月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度-0.8%、15年度+1.8%、16年度+1.4%と予測>2014-11-27 予測のハイライト1. GDP1次速報値によれば、7-9月期実質GDP成長率は前期比年率-1.6%と2期連続のマイナス成長となった。マーケットにとっては予想外のネガティブサプライズとなり、改めて消費増税の影響の大きさを確認した結果といえよう。景気は1月をピークに後退局面に入った可能性も否定しがたく、実質成長率の2期連続マイナ

日本経済(週次)予測(2014年11月18日)<10-12月期は成長牽引役が不在、前期比年率+1.1%の緩やかな成長にとどまる>

日本経済(週次)予測(2014年11月18日)<10-12月期は成長牽引役が不在、前期比年率+1.1%の緩やかな成長にとどまる>2014-11-19 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.57-景気は足下、先行きともに悪化の兆し- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに悪化の兆し- ・11月の鉱工業生産指数は2カ月連続の前月比上昇だが、10-11月

日本経済(週次)予測(2014年9月9日)<7-9月期の実質GDP成長率2%台に減速>

日本経済(週次)予測(2014年9月9日)<7-9月期の実質GDP成長率2%台に減速>2014-09-09 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- ・7月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から下落し、4-6月平均と比べても下落した。近畿経済

第23回 関西エコノミックインサイト<全国に比して反動減の影響が軽微な関西経済―回復基調を維持し家計部門と企業部門の好循環を実現できるか―>

第23回 関西エコノミックインサイト<全国に比して反動減の影響が軽微な関西経済―回復基調を維持し家計部門と企業部門の好循環を実現できるか―>2014-08-27 <要 旨>1. 関西経済は、消費増税に伴う駆け込み需要からの反動減の影響があったものの、緩やかながら立ち直りの動きを見せており、その足取りは全国よりも順調である。14年4-6月期の経済指標は一時的な停滞を示しているが、先行き7-9月期以降には回復が見込まれている。2. 企業部門では、生産活動は、停滞する全国と異なり増産が続いている。ま

日本経済(週次)予測(2014年8月18日)<7-9 月期の実質成長率は前期比年率+4.0%程度>

日本経済(週次)予測(2014年8月18日)<7-9 月期の実質成長率は前期比年率+4.0%程度>2014-08-18 関連論文訪日外国人消費の経済効果 -爆買いから新たな拡張局面へ:比較2013-16年- [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywordsインバウンド消費, 経済効果, 爆買いから新たな拡張局面, 観光消費ベクトル, 関西地域間産業連関表, GRP早期推計 2015年は「爆買い」という言葉に象徴されるような圧倒的な外国人消費の拡大により、関西経済の所得や雇用に歴史的

日本経済(週次)予測(2014年7月8日)<意外と大きい民間消費の反動減、4-6月期は-7%超のマイナス成長へ>

日本経済(週次)予測(2014年7月8日)<意外と大きい民間消費の反動減、4-6月期は-7%超のマイナス成長へ>2014-07-08 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.65 – 景気は足下先行きともに悪化傾向が続く - [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM - 景気は足下先行きともに悪化傾向が続く- ・7月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月比マイナス。4-6月平均比でも

日本経済(週次)予測(2014年6月23日)<純輸出の改善は緩やか、公共投資拡大は期待薄となり、4-6 月期の成長率予測は先週から下方修正>

日本経済(週次)予測(2014年6月23日)<純輸出の改善は緩やか、公共投資拡大は期待薄となり、4-6 月期の成長率予測は先週から下方修正>2014-06-23 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.57-景気は足下、先行きともに悪化の兆し- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに悪化の兆し- ・11月の鉱工業生産指数は2カ月連続の前月比上昇だが、

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第22回 関西エコノミックインサイト<所得環境の見通しは厳しく消費増税後の関西経済の基調は見極めにくい―設備投資計画の実現と外需の回復がカギ―>

第22回 関西エコノミックインサイト<所得環境の見通しは厳しく消費増税後の関西経済の基調は見極めにくい―設備投資計画の実現と外需の回復がカギ―>2014-05-28 関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第99回景気分析と予測<1-3月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.7%、15年度を+1.2%と予測>

第99回景気分析と予測<1-3月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.7%、15年度を+1.2%と予測>2014-05-28 関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0

日本経済(週次)予測(2014年3月17日)<円安効果が薄まるにつれ、1-3月期純輸出は成長率をさらに押し下げる>

日本経済(週次)予測(2014年3月17日)<円安効果が薄まるにつれ、1-3月期純輸出は成長率をさらに押し下げる>2014-03-17 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.57-景気は足下、先行きともに悪化の兆し- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに悪化の兆し- ・11月の鉱工業生産指数は2カ月連続の前月比上昇だが、10-11月平均を7-9月

日本経済(週次)予測(2014年3月11日)<駆け込み需要の影響により、1-3月期成長率は引き続き上方修正>

日本経済(週次)予測(2014年3月11日)<駆け込み需要の影響により、1-3月期成長率は引き続き上方修正>2014-03-11 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- ・7月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から下落し、4-6月平均と比べ

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

関西経済月次分析(2014年1月-2月)

関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.65 – 景気は足下先行きともに悪化傾向が続く - [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM - 景気は足下先行きともに悪化傾向が続く- ・7月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月比マイナス。4-6月平均比でも低下し、7-9月期の最初の月としては低調であったが、近畿経産局は生産の基調判断を前月から据え置いた。 ・8月の貿易収支は7カ月連続の黒字

日本経済(週次)予測(2014年2月18日)<1-3月期は駆込み需要を主因として成長率は加速>

日本経済(週次)予測(2014年2月18日)<1-3月期は駆込み需要を主因として成長率は加速>2014-02-18 関連論文訪日外国人消費の経済効果 -爆買いから新たな拡張局面へ:比較2013-16年- [ トレンドウォッチ ] Abstract/Keywordsインバウンド消費, 経済効果, 爆買いから新たな拡張局面, 観光消費ベクトル, 関西地域間産業連関表, GRP早期推計 2015年は「爆買い」という言葉に象徴されるような圧倒的な外国人消費の拡大により、関西経済の所得や雇用に歴史的な影

2013年度補正予算は消費増税の激変を緩和できるか

2013 年度補正予算は消費増税の激変を緩和できるか2013-12-27 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.54-景気は足下、先行きともに緩やかな成長が見込まれる- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな成長が見込まれる- ・8月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から上昇したが、7-8月平均は4-6月平均比小幅上昇にとどまった。近畿経産

第20回 関西エコノミックインサイト<消費増税の影響の表れ方に差はあるか ― 影響の出方の比較:関西vs.全国 ―>

第20回 関西エコノミックインサイト<消費増税の影響の表れ方に差はあるか ― 影響の出方の比較:関西vs.全国 ―>2013-11-29 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.55-景気は足下やや横ばいだが、先行きは緩やかな改善の見込- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/KeywordsKEIM, 関西経済, 月次レポート -景気は足下やや横ばいだが、先行きは緩やかな改善の見込み- ・9月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月

日本経済(週次)予測(2013年11月18日)<7-9月期は一時的に減速したが、年度後半には成長率は再び加速>

日本経済(週次)予測(2013年11月18日)<7-9月期は一時的に減速したが、年度後半には成長率は再び加速>2013-11-18 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.62-景気は足下、先行きともに悪化基調- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに悪化基調- ・4月の鉱工業生産指数は前月比大幅上昇し、3カ月連続のプラス。また、1-3月平均比でも大

日本経済(月次)予測(2013年10月)<7-9月期実質GDP成長率予測:CQM予測は市場コンセンサスより高めに>

日本経済(月次)予測(2013年10月)<7-9月期実質GDP成長率予測:CQM予測は市場コンセンサスより高めに>2013-11-05 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.62-景気は足下、先行きともに悪化基調- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに悪化基調- ・4月の鉱工業生産指数は前月比大幅上昇し、3カ月連続のプラス。また、1-3月平均比で

2013年9月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第96回 景気分析と予測<4-6月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.6%、 14年度0.0%、15年度を+0.8%と予測>

第96回 景気分析と予測<4-6月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2013年度+2.6%、 14年度0.0%、15年度を+0.8%と予測>2013-08-26 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.39 <緩やかな改善を継続できるか、岐路に立つ関西> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計緩やかな改善を継続できるか、岐路に立つ関西-足下は踊り場、山積するリ

関西経済月次分析(2013年5月、6月)

関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.65 – 景気は足下先行きともに悪化傾向が続く - [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM - 景気は足下先行きともに悪化傾向が続く- ・7月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月比マイナス。4-6月平均比でも低下し、7-9月期の最初の月としては低調であったが、近畿経産局は生産の基調判断を前月から据え置いた。 ・8月の貿易収支は7カ月連続の黒字

日本経済(週次)予測(2013年4月8日)

日本経済(週次)予測(2013年4月8日)<大胆な金融緩和で先行き期待は大きく改善しているが、実物経済はジャンプスタートできない>2013-04-08 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- ・7月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から下落

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ