「インフラ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年9月9日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

クラウドインフラに関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年6月27日から8月3日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「クラウドインフラに関する読者調査」を実施した。調査結果からは、パブリッククラウド、プライベートクラウドの導入状況や導入後の課題などが明らかとなった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的: TechTargetジャパン会員のクラウドインフラの導入、検討、業務利用の状況について調査するため方法:Webによるアンケ

2015年6月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業セルビアにおける送配電ロス低減および系統安定化に係る事業実施可能性調査

平成26年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業セルビアにおける送配電ロス低減および系統安定化に係る事業実施可能性調査

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査:カンダル州スマート工業団地開発の事業可能性調査)

平成26年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査:カンダル州スマート工業団地開発の事業可能性調査)

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査:インドグジャラート州における電力系統安定化)

平成26年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査:インドグジャラート州における電力系統安定化)

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度新エネルギー等導入促進基礎調査再生可能エネルギー導入拡大のための広域連系インフラの強化等に関する調査業務報告書

平成26年度新エネルギー等導入促進基礎調査再生可能エネルギー導入拡大のための広域連系インフラの強化等に関する調査業務報告書

2015年3月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成24年度インフラ・システム輸出促進調査等委託費(アジアリサイクルビジネス展開可能性調査事業)中国(天津市)における廃自動車からの鉄および非鉄金属等回収リサイクル事業報告書

平成24年度インフラ・システム輸出促進調査等委託費(アジアリサイクルビジネス展開可能性調査事業)中国(天津市)における廃自動車からの鉄および非鉄金属等回収リサイクル事業報告書

インフレ懸念の後退を受け、景気の底上げに動いたインドネシア中央銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月26日インフレ懸念の後退を受け、景気の底上げに動いたインドネシア中央銀行 インドネシア中央銀行は、17日の月例理事会で約3年ぶりに政策金利の引き下げ(7.75%→7.50%)を決定しました。昨年11月、政府が燃料補助金を削減し、ガソリンやディーゼル燃料の公定価格を引き上げることを発表した際、中央銀行は、インフレ率の急激な上昇を抑制することなどを目的として、緊急利上げ(7.50%→7.75%)を実施しました。しかしながら今回の

2015年1月8日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業モザンビーク共和国における先進型高効率ガス発電設備に係る事業実施可能性調査

平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業モザンビーク共和国における先進型高効率ガス発電設備に係る事業実施可能性調査

2014年12月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(次世代自動車分野(マレーシアに関する調査))

平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(次世代自動車分野(マレーシアに関する調査))

東京オリンピックの開催と日本の超長期景気波動

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月4日東京オリンピックの開催と日本の超長期景気波動 日本では、7-9月期のGDP(1次速報値)が2四半期連続のマイナス成長となるなど、消費税率引き上げに伴なう駆け込み需要の反動に加え、天候不順の影響などもあり、デフレ脱却・経済再生は未だ道半ばの状況です。ただし、少し先を見渡すと、2020年の東京オリンピック/パラリンピック開催を契機とした日本再生に向けた動きが、人々の気持ちの高揚につながるだけでなく、株価の押し上げ要因にもな

2014年10月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(ベトナム国における揚水発電分野の事業化検討調査)

平成25年度 エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(ベトナム国における揚水発電分野の事業化検討調査)

2014年10月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度インフラ・システム輸出促進調査等委託費(アジアリサイクルビジネス展開可能性調査事業)フィリピンにおける電気電子機器廃棄物のリサイクル事業に関する実施可能性調査報告書

平成25年度インフラ・システム輸出促進調査等委託費(アジアリサイクルビジネス展開可能性調査事業)フィリピンにおける電気電子機器廃棄物のリサイクル事業に関する実施可能性調査報告書

2014年10月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(日本型緊急時対応システムモデル構築調査)

平成25年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(日本型緊急時対応システムモデル構築調査)

2014年8月26日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度インフラ・システム輸出促進調査等委託費(アジアリサイクルビジネス展開可能性調査事業)マレーシアにおける廃電気・電子機器リサイクル事業に関する実施可能性調査報告書

平成25年度インフラ・システム輸出促進調査等委託費(アジアリサイクルビジネス展開可能性調査事業)マレーシアにおける廃電気・電子機器リサイクル事業に関する実施可能性調査報告書

2014年8月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(インドネシア共和国における中小規模分散型発電事業に係る事業実施可能性調査)

平成25年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(インドネシア共和国における中小規模分散型発電事業に係る事業実施可能性調査)

2014年7月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(次世代自動車分野)メキシコ合衆国に関する調査

平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(次世代自動車分野)メキシコ合衆国に関する調査

2014年7月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(次世代自動車分野(エストニア共和国に関する調査))エストニア国における次世代自動車普及政策調査及び欧州・南米・アジアへの展開可能性調査

平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(次世代自動車分野(エストニア共和国に関する調査))エストニア国における次世代自動車普及政策調査及び欧州・南米・アジアへの展開可能性調査

2014年5月28日IBMフィードバック数:0企業情報システム

最新テクノロジーに対応するITインフラの必要性が明らかに

最新テクノロジーに対応するITインフラの必要性が明らかに TOKYO - 28 5 2014:2014年5月28日IBM Study:最新テクノロジーに対応するITインフラの必要性が明らかにクラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャルに関連するITインフラの課題に直面する企業[米国ネバダ州ラスベガス、2014年5月19日(現地時間)発]IBM(本社:米国ニューヨーク州アーモンク、会長、社長兼CEO:バージニア・M・ロメッティ、NYSE:IBM) は本日、拡大するクラウド、アナリティクス、モバイ

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

成長資金獲得に向けたアジアの金融協力

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 成長資金獲得に向けたアジアの金融協力「守り」から「攻め」の姿勢へ ◆アジア通貨危機の反省から生まれたアジア金融協力は、従来、危機の再来を防ぐという「守り」の姿勢が重視されてきた。しかし、最近ではアジア各国の経済成長を念頭に置いた「攻め」に主眼を置いた取組みが徐々に増えてきたようにみえる。◆背景にはアジア各国が外貨準備の積み上げ等で危機への耐性を強化させてきたことや域内への外国投資の促進という意図がある

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(インドネシアにおける低品位炭ガス化技術の利用推進可能性調査事業)(平成22年度事業に係るもの)成果報告書

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(インドネシアにおける低品位炭ガス化技術の利用推進可能性調査事業)(平成22年度事業に係るもの)成果報告書

2014年4月28日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国:固定資産投資の動向

今週の指標 No.1095 中国:固定資産投資の動向 ポイント2014年4月28日中国では投資主導の成長が続いているが、固定資産投資は、14年3月に前年比17.5%増(3か月移動平均ベース)となっており、伸びが低下してきている(図1)。その内訳をみると、ウエイトの高い製造業(注1)の寄与度が縮小しており、伸び率低下の要因となっていることが分かる。製造業を業種別にみると、13年末以降、全般的に伸びが低下しているが、特に鉄金属加工業では、伸びがマイナスに転じるなど、落ち込みが大きくなっている(図2)

2013年12月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成24年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(インド南部における開発実現可能性調査)(平成23年度事業に係るもの) 報告書(日本語版・英語版)

平成24年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(インド南部における開発実現可能性調査)(平成23年度事業に係るもの) 報告書(日本語版・英語版)

2013年11月22日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

TechTargetがビッグデータについての調査結果を公表しました。

ビッグデータインフラに関する読者調査リポート

TechTargetジャパンは2013年10月29日〜11月11日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に、ストレージやデータウェアハウス(DWH)といったビッグデータ活用を支えるインフラ(ビッグデータインフラ)に関するアンケート調査を実施した。本稿は、アンケート調査から明らかになったビッグデータ活用やインフラ構築に関する実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできる。調査概要目的:TechTargetジャパン会員の企業におけ

2013年11月20日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年10月インフラエンジニア職採用動向

[] <要旨> 先月に続きインフラ構築のニーズが高く、求人数は増加傾向を維持しています。これに伴い、面接回数が通常2回の企業でも1回で済ませ、原石となり得る人材を早めに抱え込もうという動きが活発化しました。売り手市場なので、全くの未経験の方は別として「ある程度ネットワークに関する実務経験がある」という方であれば十分チャンスがあるでしょう。なお、自社の教育体制を充実させて入社後の育成に力を注ぐ企業が増えているため、運用・保守の経験しかない方でも「下流から上流へ」「スキルアップしたい」といった希望を

2013年9月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:インフラ増強など一連の政策発表の真意

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:インフラ増強など一連の政策発表の真意 ◆国務院は2013年7月以降、バラック地域の住宅補修、省エネ環境保護、情報消費、鉄道、大気汚染防止、高齢者向けサービス、都市インフラなどに関する政策を矢継ぎ早に発表している。しかし、これを以て、中国が投資を牽引役とする力強い景気拡大路線に舵切りを行ったと判断するのは早計である。◆この時期に政策が矢継ぎ早に発表されたのは、中国政府が景気下振れリスク軽減に配慮し

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(モロッコ・リン鉱石鉄道輸送力増強に関する調査)(和文・英文・仏文)

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(モロッコ・リン鉱石鉄道輸送力増強に関する調査)(和文・英文・仏文)

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等委託事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査)

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等委託事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査)

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(パナマ・パナマシティ3号線事業化調査)(和文・英文・仏文)

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(パナマ・パナマシティ3号線事業化調査)(和文・英文・仏文)

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(マレーシア・廃棄物発電・熱供給プロジェクト事業化調査)(和文・英文)

平成23年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(マレーシア・廃棄物発電・熱供給プロジェクト事業化調査)(和文・英文)

2013年6月26日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

静かに広がる水のリスク 第7回(最終回)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 静かに広がる水のリスク 静かに広がる水のリスク 第7回(最終回)水のこれから 水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性があ

重要インフラ分野におけるIT依存度に関する調査

重要インフラ分野におけるIT依存度に関する調査

2013年6月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度 インフラ・システム輸出促進調査等事業(アセアン国際連系整備に伴う最適電源計画策定支援 及び 基幹系統整備検討事業調査)(平成23年度事業に係るもの)

平成24年度 インフラ・システム輸出促進調査等事業(アセアン国際連系整備に伴う最適電源計画策定支援 及び 基幹系統整備検討事業調査)(平成23年度事業に係るもの)

2013年6月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治

国土強靭化の焦点

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 国土強靭化の焦点~大規模な更新投資が必要なインフラ群~『大和総研調査季報』 2013年春季号(Vol.10)掲載 自公政権による予算編成では公共投資の増額が注目されている。その基礎理念ともいえる自民党の「国土強靭化」、公明党の「防災・減災ニューディール」は、共に公共投資を志向したものと捉えられるが、単なる新規投資ではなく、維持補修や更新投資を視野に入れた考え方である。足元の予算においては、維持補修や更

2013年5月23日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度インフラ・システム輸出促進調査等事業インドネシア信用情報システム整備に係る実現可能性調査報告書

平成24年度インフラ・システム輸出促進調査等事業インドネシア信用情報システム整備に係る実現可能性調査報告書

2013年5月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

静かに広がる水のリスク 第6回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 静かに広がる水のリスク 静かに広がる水のリスク 第6回水への取り組み 水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また

2013年4月12日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

水を取り巻く状況の変化についてのレポートです。

静かに広がる水のリスク 第5回 水と時の流れ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 静かに広がる水のリスク 静かに広がる水のリスク 第5回水と時の流れ 水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また、

2013年3月25日マカフィーフィードバック数:3セキュリティ/ネットワーク

重要インフラへのサイバー脅威とマカフィーの取り組み ― グローバル調査レポート

重要インフラへのサイバー脅威とマカフィーの取り組み ― グローバル調査レポート 日本語版公開 ※本ブログは、マカフィー株式会社サイバー戦略室 兼 グローバルガバメントリレイションズ 佐々木弘志によるものです。2010年に制御システムを標的とした世界初のマルウェアであるStuxnetが発見されたのを契機に、重要インフラに対する脅威が現実のものとなっています。その実態は、マカフィーの年次重要インフラ保護レポート Vol. 2 (※1)で報告されています。このレポートでは、世界14ヶ国の電力、ガス、石

2013年3月13日大和総研フィードバック数:3社会/政治

静かに広がる水のリスク 第4回 水の力とふるまい

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 静かに広がる水のリスク 静かに広がる水のリスク 第4回水の力とふるまい 水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。ま

2013年2月15日大和総研★フィードバック数:3社会/政治

水源、水道についてのレポートです。

静かに広がる水のリスク 第3回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 静かに広がる水のリスク 静かに広がる水のリスク 第3回水はどこから 水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また、

2013年2月6日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治

堅調続く日本の対ベトナム投資~インフラが整い現実的な投資先としての魅力高まる~

堅調続く日本の対ベトナム投資~インフラが整い現実的な投資先としての魅力高まる~

2013年1月25日アイティメディア★フィードバック数:29企業情報システム

TechTargetがビッグデータについての調査結果を公開しました。

ビッグデータインフラに関する読者調査リポート

TechTargetジャパンは2012年11月26日から12月18日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に、ストレージやデータウェアハウス(DWH)といったビッグデータ活用を支えるインフラ(ビッグデータインフラ)に関するアンケート調査を実施した。本稿は、アンケート調査から明らかになったビッグデータ活用やインフラ構築に関する実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできる。調査概要目的:TechTargetジャパン会員の企業にお

2013年1月25日大和総研★フィードバック数:4社会/政治

水資源の利用状況についてのレポートです。

静かに広がる水のリスク 第2回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 静かに広がる水のリスク 静かに広がる水のリスク 第2回水の使われ方 水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また、

2013年1月8日大和総研★フィードバック数:5ライフスタイル

日本におけるリスクについてのレポートです。

静かに広がる水のリスク 第1回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 静かに広がる水のリスク 静かに広がる水のリスク 第1回偏在する水と人 水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また

2012年5月14日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)決済インフラを巡る国際的な潮流とわが国への含意

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 決済インフラを巡る国際的な潮流とわが国への含意2012年5月11日決済機構局 武田憲久、武井愛、二宮拓人要旨世界各国では、金融市場のグローバル化と金融危機の教訓を踏まえながら、決済インフラの強化・拡充が進んでいる。米国では、金融危機の経験を踏まえ、レポ取引の決済インフラの改善が進められている。欧州では、域内の金融市場統合と決済の安全性向上の観点から、証券決済インフラのITプラットフォームの統合が進められている。アジアで

2012年2月22日アイティメディア★フィードバック数:21企業情報システム

TechTargetがクラウドについての調査結果を発表しました。

クラウドインフラの導入に関するアンケート調査

昨今、日本におけるクラウドインフラが目覚ましい発展を遂げている。外資系クラウド事業者による東京リージョンの開設、国産クラウド事業者による相次ぐ郊外型データセンターの設立、仮想化ベンダーやハードウェアベンダー、SIerによるプライベートクラウドやクラウド連携サービスの提供などが挙げられる。 クラウドインフラが技術的に整いつつある中、ユーザー企業は徐々にクラウドの導入を検討し始めるのではないか。 このような仮説の下、TechTargetジャパンでは2012年1月24日から2月9日にかけて、プライベー

2009年3月9日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資の削減の幅が大きいです。

世界不況下の国内IT投資 2009年4月以降のIT予算は20%~30%削減

プロフェッショナルのためのビジネスキュレーションサイト 旬な話題をビジネス、テクノロジー、トレンドなど多角的に解説。日経BP社のメディア横断ダイジェストです。ビジネス デジタル IT ライフ テクノロジー 環境 建設 医療 世界不況下の国内IT投資2009年4月以降のIT予算は20%~30%削減回復早いのは「インフラ」「保守・開発」2009.03.03  『日経マーケット・アクセス』が国内企業・団体などのシステム担当者を対象に実施した調査によると、情報システム投資が最も冷え込むのは2009

2008年7月22日日経BPフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インフラ系の認知,「SaaS」と「データセンター」はNTTデータがトップ

インフラ系の認知,「SaaS」と「データセンター」はNTTデータがトップ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ