調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インフラ投資

「インフラ投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国のインフラ投資は加速するか~資金不足問題への対応が進むも、残る先行き不安~

中国のインフラ投資は加速するか~資金不足問題への対応が進むも、残る先行き不安~

2015年6月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:インフラ投資増強と高まる銀行依存度

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:インフラ投資増強と高まる銀行依存度やりすぎれば低効率の投資と無駄な借金が増加 ◆景気下支えを目的に、中国政府はインフラ投資や民生改善のための投資を一段と加速させようとしている。国家発展改革委員会によると、2011年~2014年合計の軌道交通向けの投資額は8,600億元(年平均2,150億元)だったが、2015年は3,000億元以上を投じるという。6月17日に開催された国務院常務会議では、今後3年

2015年3月19日PIMCOフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の鉄鋼需要は長年の過剰建設期を経て減少に向かうか

中国の鉄鋼需要は長年の過剰建設期を経て減少に向かうか​中国においてインフラ支出が頭打ちとなり、これまでの住宅建設の増加ペースが持続不能となる中で、鉄鋼需要の下振れリスクは今後も顕在化するとPIMCOでは予想しています。また、その他の鉄鋼消費部門が国全体の鉄鋼需要拡大の原動力になる可能性は低いでしょう。鉄鉱石と原料炭の市場情勢も厳しく、価格が大きく回復する可能性は低いとみられます。中国の鉄鋼業界では、国内の鉄鋼需要が伸び悩む中で生産能力が過剰な状態が続き、輸出の下押し圧力を受けるグローバルな製鉄企

日本のインフラ投資市場規模の推計

日本のインフラ投資市場規模の推計 <要約・概要>ビジネスとして日本のインフラ投資市場への参入を考える際、おそらく最初に検討することになるのは収益性であろう。そして、その際に必要となるのが全体の市場規模である。大まかにでも市場規模が推計できれば、その中で期待できるシェアと配分可能なリソースなどから、当該ビジネスの収益性を評価できるためである。しかし、日本のインフラ投資市場はまさにこれから誕生しようとしているところであるため、個別の取引データなどの情報がほとんど存在しない。従って今回のレポートでは、

欧米生保市場定点観測(8)資産運用 欧米生保会社のインフラ投資-国策に応じ、利回り向上を求めてインフラ投資に乗り出す-

欧米生保市場定点観測(8)資産運用 欧米生保会社のインフラ投資-国策に応じ、利回り向上を求めてインフラ投資に乗り出す- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 保険 > 欧米保険事情 > 欧米生保市場定点観測(8)資産運用 欧米生保会社のインフラ投資-国策に応じ、利回り向上を求めてインフラ投資に乗り出す-欧米生保市場定点観測(8)資産運用 欧米生保会社のインフラ投資-国策に応じ、利回り向上を求めてインフラ投資に乗り出す- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司基礎研 Rep

2014年7月17日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

【特集 経済改定見通し】アジア経済見通し

アジア経済見通し調査部目   次1.アジア全体(1)2014年入り後も、景気は総じて減速(2)年後半は緩やかな持ち直し2.中国経済(1)マクロコントロール下の景気減速(2)景気冷え込みが深刻な地域も(3)先行き景気減速に歯止め3.インド─景気は今後徐々に持ち直し(1)景気を取り巻く環境は足元好転(2)景気の持ち直し速度は緩やかなものにとどまる見込み70 J R Iレビュー2014 Vol.8, No.18アジア経済見通し1.アジア全体(1)2014年入り後も、景気は総じて減速A.成長押し上げ要因

2014年2月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

海外のインフラ投資では自家運用に移行する動きも

海外のインフラ投資では自家運用に移行する動きも | ニッセイ基礎研究所 海外のインフラ投資では自家運用に移行する動きも 金融研究部 主任研究員 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 海外の年金基金の資産配分において、不動産やインフラなどの「その他資産」の比率が拡大している。インフラ投資では自家運用に移行する動きがみられ、外部委託運用を基本とする国内の年金基金

2013年12月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

景気回復が遅れるロシア経済~ビジネス環境ランキングは急上昇~

みずほインサイト欧 州2013 年 12 月 24 日景気回復が遅れるロシア経済政策調査部主任研究員ビジネス環境ランキングは急上昇03-3591-1317金野雄五yugo.konno@mizuho-ri.co.jp○ ロシア経済は、投資を中心に減速が続いている。投資減速の背景には、原油価格の下落に加えて、資源エネルギー関連プロジェクトの遅れ、緊縮的な財政政策がある○ 2014年には、国家規制価格の引き上げ抑制や、国民福祉基金によるインフラ建設プロジェクト実施などの政策措置によって、投資の回復が見

2013年12月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスと東京五輪 ~第二、第三の矢を後押しも課題山積~

Economic Trendsテーマ:アベノミクスと東京五輪~第二、第三の矢を後押しも課題山積~マクロ経済分析レポート2013年12月4日(水)第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531) (要旨) ● 1992 年のバルセロナ以降の先進国で開催されたオリンピックの場合、 開催が決まってから開催 までの7年間の経済成長率は、 開催が決まる前の7年間に比べて年平均+0.3%ポイント押し上 げられた。 それを今の日本に当てはめると、 GDPの押し上げ金額は

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度アジア産業基盤強化等事業(アジアものづくり生産性向上のための基礎調査),成果報告書

平成 23 年度アジア産業基盤強化等事業 (アジアものづくり生産性向上のための基礎調査)報告書株式会社三菱総合研究所 平成 24 年 3 月 15 日目次内容1. (1) (2) (3) 2. (1) ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ (3) ① ② (1) ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ 調査の概要 .............................................................................................

インド経済の現状と今後の展望

インド経済の現状と今後の展望~ 鈍化するインド経済は、高成長軌道に復帰するのか? ~ ○インド経済は、2000年代半ばに、1947年の独立以来初めての高成長局面を迎えた。また、リーマンショック直後には、多くの新興国で経済成長率がマイナス転落する中、インドは、中国とともに経済が堅調に推移し、世界から注目された。しかし、2011年以降、インド経済は急速に鈍化している。○インド経済を足元で減速させている直接的な要因のひとつは、金利上昇である。金利上昇の背景となったのはインフレ率の上昇であった。金利上昇

2013年4月23日日本総研フィードバック数:1社会/政治

【特集 地域からの日本再生】今後のインフラ投資の在り方を考える

ただいまサイトのメンテナンスを実施しております。ご迷惑をお掛けいたしますが、メンテナンス終了まで今しばらくお待ちください。The Japan Research Institute, Limited

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ