「インフレ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【インドGDP】1-3月期は前年同期比+7.5%~インフレ沈静化で消費が牽引役に

【インドGDP】1-3月期は前年同期比+7.5%~インフレ沈静化で消費が牽引役に | ニッセイ基礎研究所 【インドGDP】1-3月期は前年同期比+7.5%~インフレ沈静化で消費が牽引役に 経済研究部 研究員 斉藤 誠インドの2015年1-3月期の実質GDP成長率は前年同期比+7.5%の増加と、前期(同+6.6%)とBloomberg調査の市場予想(同+7.2%)を上回った。1-3月期の景気回復は、GDPの約6割を占める個人消費が牽引役になった。消費者物価指数は1-3月平均で前年比5.3%と、年

2015年6月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 マイナス成長でFOMC予想の達成は困難に(15年1-3月期実質GDP:改定) ~国内最終需要の基調は堅調さを維持。PCEコアはインフレ鈍化を示した~

米国 マイナス成長でFOMC予想の達成は困難に(15年1-3月期実質GDP:改定) ~国内最終需要の基調は堅調さを維持。PCEコアはインフレ鈍化を示した~

2015年4月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

黒田日銀2年間、大きな第一歩だが道のりはまだまだ長い

リサーチ TODAY2015 年 4 月 1 日黒田日銀2年間、大きな第一歩だが道のりはまだまだ長い常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創黒田日銀体制で2年が経過し、市場では過去2年を振り返る議論が生じている。筆者は、この2年は、異次元の金融緩和で、金融市場に「麻酔」をかけるほどの金利低下を促した結果、株価は2倍以上になり、為替も50%近い円安になる程、金融市場は変化したと評価している。ただし、インフレとデフレに対処する上で「非対称性」を打ち破るまでにはならなかったと考えている。すなわち、政

2015年3月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

春といえば芽 芽といえばインフレ

春といえば芽 芽といえばインフレ

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国ではインフレ鈍化で利上げ先送り観測も

情勢判断海外経済金融米 国 ではインフレ鈍 化 で利 上 げ先 送 り観 測 も木村 俊文要旨米国では、雇用は概ね堅調な動きが続いているが、消費や生産など一部の経済指標が下振れたほか、原油安・ドル高でインフレ圧力が抑制される動きも見られ、市場では利上げ先送りを想定する見方も出ている。経済指標は強弱まちまちガソリン安が追い風となっており、個人消費の拡大が期待される(図表 1)。15 年初に発表された米経済指標は、強弱まちまちの内容であった。まず、雇用企業部門では、12 月の鉱工業生産指数関連では、

カナダが予想外の利下げ

カナダが予想外の利下げ2015年1月22日<予想外の利下げ>カナダ銀行(中央銀行)は1月21日(現地、以下同様)、政策金利(翌日物金利の誘導目標)を0.25%ポイント引き下げ0.75%にすると発表しました。声明文では、原油価格急落が経済成長とインフレに与えるネガティブな影響への対応のための利下げ決定としています。カナダでは、2010年6月、7月、9月に各0.25%ポイントの利上げが続けて実施された以降は、政策金利は据え置かれていました。カナダ銀行は2014年10月の政策金利発表時に、将来の金融政

2014年12月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 慎重に声明文を変更

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 慎重に声明文を変更最初の利上げと同時に2回目以降の利上げも主要テーマか 2014年12月18日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆12月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。声明文を、金融政策の正常化を開始するまで「忍耐強く」なれる、という表現に変更したが、過去の声明文を引用する形で「相当な期間継続する」との文言も残した。◆

7ヵ月ぶりに利上げを決定したブラジル中央銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月30日7ヵ月ぶりに利上げを決定したブラジル中央銀行 ブラジル中央銀行は29日の金融政策委員会で、政策金利の引き上げ(11.00%→11.25%)を決定しました。前回の利上げは今年4月初めで、今回は約7ヵ月ぶり(4会合ぶり)となります。中央銀行は声明で、数ある要因の中でも特に、前回(9月初め)の金融政策委員会以降のブラジル・レアル安に伴ない、インフレ・リスクが高まったことを踏まえて、今回、政策金利を引き上げたとしています。同

2014年10月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:9月英国消費者物価 ~さよならインフレ~

欧州経済指標コメント:9月英国消費者物価 ~さよならインフレ~

2014年9月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FOMCのインフレ見通しを下回る動き(14年8月消費者物価) ~物価の安定感が強まる~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 FOMCのインフレ見通しFOMCのインフレ見通しを下見通しを下回を下回る動き(1動き(14(14年8月消費者物価)消費者物価)発表日:20142014年9月19日(金)~物価の物価の安定感安定感が強まる~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001消費者物価(Consumer Price Index)消費者物価総合コア食品住宅アパレル運輸医療商品コアサービスコアエネルギー13/11 +0.

2014年9月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年利2%で運用しても資産は目減りする?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 年利2%で運用しても資産は目減りする?インフレ下で重要性を増す「非課税」の意義 総務省によると、消費者物価指数(生鮮食品除く総合)は、2013年6月以後、直近2014年7月まで14ヵ月連続で対前年同月比でプラスとなっており、いよいよデフレ脱却が近づいている。デフレの時代が終わりインフレが続くようになると、家計が持っている預貯金の実質的な価値が目減りする、とよく言われる。政府・日銀が目標とする年2%の物

2014年9月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

好調なフィリピン経済に忍び寄るインフレの影 ~旺盛な資金流入が内需を押し上げる一方、安定成長には物価抑制が急務~

好調なフィリピン経済に忍び寄るインフレの影 ~旺盛な資金流入が内需を押し上げる一方、安定成長には物価抑制が急務~

ROEの改善を通じて上昇が期待される日本株式

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月19日ROEの改善を通じて上昇が期待される日本株式 政府の成長戦略の中で、企業の収益力向上を通じて国民を潤すため、企業統治(コーポレート・ガバナンス)の強化が掲げられたことを受けて、金融庁と東証が企業統治の指針作りを8月から開始しました。成長戦略では、ROE(自己資本利益率)を世界水準に高めることが、企業統治強化の一つの目安とされています。ROEは企業が資本を効率的に使っているかどうかを表す指標で、数値が高いほど収益力が高い

2014年8月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド準備銀 インフレへの警戒感が滲む政策対応 ~モンスーン後期や中東情勢を警戒しつつ、資金需給ひっ迫に対応~

インド準備銀 インフレへの警戒感が滲む政策対応 ~モンスーン後期や中東情勢を警戒しつつ、資金需給ひっ迫に対応~

低インフレ問題からみたユーロ圏経済~改めて浮き彫りになった成長の「非対称性」~

○ユーロ圏の低インフレ問題は、ユーロ圏経済が抱え続ける成長の「非対称性」を反映した現象である。本レポートは、主要4ヶ国(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン)の低インフレ問題を比較・分析することで、その構造的特徴を確認する。○低インフレは景気の低迷を反映した現象であるが、それがデフレに悪化し、経済活動に制約を科して景気を一段と停滞させることを政策当局は警戒している。日本の経験に基づけば、経済活動への制約は主に4つのチャネル(【1】ゼロ金利制約と実質金利の高止まり、【2】為替高と輸出型産業の外国移

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済 ~インフレ安定を背景に早期引き締め回避~

海外経済 ~インフレ安定を背景に早期引き締め回避~

2014年7月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 インフレは一部の押し上げ圧力の収まりにより安定(14年6月消費者物価) ~特殊要因の影響も弱まり、緩やかな上昇トレンド~

米国 インフレは一部の押し上げ圧力の収まりにより安定(14年6月消費者物価) ~特殊要因の影響も弱まり、緩やかな上昇トレンド~

2014年7月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ 悩める中銀がここにもひとり… ~独立性を巡る政府内対立もあるなか、インフレ下でも利下げ実施へ~

トルコ 悩める中銀がここにもひとり… ~独立性を巡る政府内対立もあるなか、インフレ下でも利下げ実施へ~

トルコ:3カ月連続の利下げを実施

トルコ:3カ月連続の利下げを実施2014年7月18日<トルコの金融政策:1週間物レポ金利、翌日物借入金利をそれぞれ0.50%ポイント引き下げ>トルコ中央銀行は、7月17日(現地、以下同様)に行われた金融政策決定会合で、1週間物レポ金利を0.50%ポイント引き下げ8.25%とし、3カ月連続で利下げを行いました。事前の市場予想では0.50%∼0.75%の引き下げが見込まれており、市場予想通りとなりました。また翌日物借入金利(コリドー下限金利)についても市場予想通りに、0.50%ポイント引き下げ、7.

2014年6月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 米インフレ2%に向けて

Global Market Outlook 米インフレ2%に向けて

2014年4月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:3月英国消費者物価 ~さよなら高インフレ、またきて中インフレ~

欧州経済指標コメント:3月英国消費者物価 ~さよなら高インフレ、またきて中インフレ~

2014年4月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

課題が多いECBの量的緩和~QEは年後半以降のインフレ動向次第~

課題が多いECBの量的緩和~QEは年後半以降のインフレ動向次第~

2014年4月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

4月ECB政策理事会:低インフレ超長期化リスクに非伝統的手段も用いることで全員一致

4月ECB政策理事会:低インフレ超長期化リスクに非伝統的手段も用いることで全員一致 | ニッセイ基礎研究所 4月ECB政策理事会:低インフレ超長期化リスクに非伝統的手段も用いることで全員一致 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり欧州中央銀行(ECB)が3日に4月の政策理事会を開催した。今回は具体的な行動は見送ったが、「低インフレ超長期化リスクに非伝統的手段も用いる約束をすることで全員一致(声明文)」し、ドラギ総裁は、国債購入による量的緩和について協議したことを積極的に認めるなど、追加緩和への強

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国のインフレ鈍化要因と今後の見通し

米国のインフレ鈍化要因と今後の見通し

2014年2月21日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

最低賃金引き上げ論争 ~インフレの亡霊に怯える必要はなさそう~

最低賃金引き上げ論争 ~インフレの亡霊に怯える必要はなさそう~

2014年2月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:1月英国消費者物価 ~高インフレ体質からの脱却~

欧州経済指標コメント:1月英国消費者物価 ~高インフレ体質からの脱却~

2014年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 インフレが加速し難い経済構造 ~緩和的な金融政策の長期化を支援~

米国 インフレが加速し難い経済構造 ~緩和的な金融政策の長期化を支援~

2013年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2014年の欧州経済見通し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年の欧州経済見通し低成長&低インフレで金融政策は緩和継続 ◆2014年のユーロ圏経済は2013年半ばに始まった緩やかな景気の持ち直しが継続するとみている。GDP成長率は2013年の-0.4%(推定値)から2014年は+0.9%へ転じると予想する。景気回復を牽引するのは内外需の回復が見込まれるドイツで、これに中東欧諸国や、オランダ、ベルギー、オーストリアなどドイツの近隣諸国が追随しよう。一方、ス

12月ECB政策理事会:インフレ見通しを下方修正、日本型デフレのリスクは否定

12月ECB政策理事会:インフレ見通しを下方修正、日本型デフレのリスクは否定 | ニッセイ基礎研究所 12月ECB政策理事会:インフレ見通しを下方修正、日本型デフレのリスクは否定 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が5日に12月の政策理事会を開催、大方の予想通り、現状維持を決めた。同日発表の経済見通しでは

2013年10月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、外需の回復に一服感(Asia Weekly (10/11~10/18)) ~インド、高インフレが続く中で内需を中心に一段と減速模様~

中国、外需の回復に一服感(Asia Weekly (10/11~10/18)) ~インド、高インフレが続く中で内需を中心に一段と減速模様~

2013年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【ブラジルGDP】成長率は大幅改善、だが懸念も残る

【ブラジルGDP】成長率は大幅改善、だが懸念も残る | ニッセイ基礎研究所 【ブラジルGDP】成長率は大幅改善、だが懸念も残る 研究員 高山 武士ブラジルの地理統計院(IBGE)は8月30日、2013年4-6月期の国内総生産(GDP)を公表した。4-6月期の実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で3.3%の増加となり、前期の+1.9%を上回った。また、前期比(季節調整済)の伸び率も+1.5%となり、前期(同+0.6%)から大きく改善している。4-6月期のGDPからは、ブラジルの成長回復が順調に

2013年9月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

消費税増税やインフレによる家計のダメージは意外と大きい - アベノミクスと家計の関係を超シンプルに考えるとこうなるPART2

消費税増税やインフレによる家計のダメージは意外と大きい - アベノミクスと家計の関係を超シンプルに考えるとこうなるPART2 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 暮らし > 消費者行動 > 消費税増税やインフレによる家計のダメージは意外と大きい - アベノミクスと家計の関係を超シンプルに考えるとこうなるPART2消費税増税やインフレによる家計のダメージは意外と大きい - アベノミクスと家計の関係を超シンプルに考えるとこうなるPART2 金融研究部 チーフ株式ストラテ

2013年8月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド、インフレ再燃懸念で政策対応は隘路に(Asia Weekly (8/12~8/16)) ~シンガポール政府は今年の成長率見通しを上方修正~

インド、インフレ再燃懸念で政策対応は隘路に(Asia Weekly (8/12~8/16)) ~シンガポール政府は今年の成長率見通しを上方修正~

米国経済(週次)予測(2013年8月9日)<連銀エコノミスト達は再び9 月の資産購入縮小に言及、しかし3%インフレの可能性を見逃している>

米国経済(週次)予測(2013年8月9日)<連銀エコノミスト達は再び9 月の資産購入縮小に言及、しかし3%インフレの可能性を見逃している>2013-08-12 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年8月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【インドネシアGDP】通貨安で景気の下押し圧力は強い

【インドネシアGDP】通貨安で景気の下押し圧力は強い | ニッセイ基礎研究所 【インドネシアGDP】通貨安で景気の下押し圧力は強い 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら インドネシア中央統計庁(BPS)は8月2日、2013年4-6月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDPは前年同期比(原系列)で5.8%の増加となり、前期の2013年1-3月期

2013年5月16日大和総研フィードバック数:4社会/政治

名目GDPの低下と「デフレ感」

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 先般、1998年を節目とした日本経済の変貌について論じたところである。そこでは紹介しなかったが、実は、下図のように、名目GDPも1997年度までは基本的に増加を続けていた。しかし、デフレーターやCPI(消費者物価指数)の継続的低下が始まった1998年度に名目GDPも減少し、その後、はかばかしくない状態が続いてきている。一方、実質GDPはデフレーターの低下もあって、リーマン・ショック後を除き、緩やかなが

2013年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 資産購入ペースの維持決定、今後は減額と増額の両睨みへ(13年4月30日、5月1日FOMC) ~労働市場だけでなくインフレ見通しの変化に応じて購入ペースを増減する方針~

米国 資産購入ペースの維持決定、今後は減額と増額の両睨みへ(13年4月30日、5月1日FOMC) ~労働市場だけでなくインフレ見通しの変化に応じて購入ペースを増減する方針~

2013年4月26日大和総研フィードバック数:10社会/政治海外

100兆元を超えた中国の貨幣供給量

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年3月末の中国の広義マネーサプライ残高(M2、中国では‘広義貨幣供应量余額’と呼ばれており、マネーストックよりマネーサプライが訳語としては近い)が103兆6,100億元(直近レートで約1,600兆円)、対前年同期比15.7%増と、初めて100兆元の大台を突破(破百、超百)したことから、改めて中国国内で、歴史的に高い伸び率を続け高水準となっているマネーサプライが話題になっている。M2の対名目GD

2013年4月17日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

2年で2%のインフレは本当か?(中編) ~労働需給だけでは不十分~

2年で2%のインフレは本当か?(中編) ~労働需給だけでは不十分~

2013年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

堅調な景気が続くインドネシアの新たな苦悩 ~大統領選を控える中、対外収支の悪化や為替安、インフレなど課題は山積~

堅調な景気が続くインドネシアの新たな苦悩 ~大統領選を控える中、対外収支の悪化や為替安、インフレなど課題は山積~

2013年3月29日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

2年で2%のインフレは本当か?(上編) ~2014~2016年度は機械的に計算すれば累計11%の上昇~

2年で2%のインフレは本当か?(上編) ~2014~2016年度は機械的に計算すれば累計11%の上昇~

2013年2月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の対ベトナム投資は堅調続く

リサーチ TODAY2013 年 2 月 15 日日本の対ベトナム投資は堅調続く常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創ベトナムでは2008年の世界金融危機を契機に、それまで8%台で推移していた実質GDP成長率が5~6%台に大きく減速するなど経済不振が続いている。欧米景気の低迷に伴う輸出の伸び悩みと、国内インフレや経常収支赤字抑制のための金融引き締めが続いたことによるものである。その結果、2009年以降、下記の図表に示されるように、世界全体の対ベトナム直接投資も伸び悩んでいるが、一方、日本の対

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ