調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インフレ圧力

「インフレ圧力」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

雇用堅調だが、インフレ圧力は顕在化せず~利上げ開始時期の見方は交錯~

雇用堅調だが、インフレ圧力は顕在化せず~利上げ開始時期の見方は交錯~

2015年3月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アジアも「利下げ競争」の様相に(Asia Weekly (3/8~3/13)) ~景気見通しの下方修正、インフレ圧力の後退を理由に利下げドミノへ~

アジアも「利下げ競争」の様相に(Asia Weekly (3/8~3/13)) ~景気見通しの下方修正、インフレ圧力の後退を理由に利下げドミノへ~

2015年3月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

原油安の長期化でインフレ圧力は一段と後退(Asia Weekly (2/28~3/6)) ~春節の時期はアジアの貿易動向に影響~

原油安の長期化でインフレ圧力は一段と後退(Asia Weekly (2/28~3/6)) ~春節の時期はアジアの貿易動向に影響~

2015年2月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

原油安を追い風にアジア景気の底入れ進む(Asia Weekly (2/16~2/20)) ~原油安によりインフレ圧力の一段の後退も進んでいる~

原油安を追い風にアジア景気の底入れ進む(Asia Weekly (2/16~2/20)) ~原油安によりインフレ圧力の一段の後退も進んでいる~

原油安の恩恵を受けるインド~中央銀行は緊急利下げを実施

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月16日原油安の恩恵を受けるインド~中央銀行は緊急利下げを実施 インド準備銀行(中央銀行)は、15日に臨時の金融政策決定会合を開催、政策金利であるレポ金利の引き下げ(8.00%→7.75%)を決定し、即日実施しました。2013年5月以来となる利下げを実施した主な背景として、足元の原油安に伴ない国内の物価上昇圧力が緩和したことが挙げられます。想定外のタイミングでの利下げが、インドの経済成長を後押しするとの期待が高まり、15日の同

2014年8月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 対策での景気底入れを裏付ける景況感(Asia Weekly (7/28~8/1)) ~比中銀、インフレ圧力を警戒して約3年ぶりに利上げを実施~

中国 対策での景気底入れを裏付ける景況感(Asia Weekly (7/28~8/1)) ~比中銀、インフレ圧力を警戒して約3年ぶりに利上げを実施~

2014年7月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

需給ギャップとインフレ圧力

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 インフレ圧力を測る際の代表的な指標の一つである需給ギャップは、実際のGDPと供給力を表す潜在GDPとの乖離を表したものである。しかし、潜在GDPは推計方法によって変わり得るため、真の需給ギャップの測定は難しい。内閣府は1-3月期の日本の需給ギャップをマイナス0.2%と推計しているが、日銀はすでにプラスになったと推計している。今年10月にQE3による資産買い入れを終了するとされるFRBの次の政策の焦点は

2014年7月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 製造業は広がりを伴った緩やかな拡大持続(14年6月ISM製造業景気指数) ~新規受注、生産が牽引。インフレ圧力は限定的~

米国 製造業は広がりを伴った緩やかな拡大持続(14年6月ISM製造業景気指数) ~新規受注、生産が牽引。インフレ圧力は限定的~

2014年6月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 製造業は広がりを伴って緩やかに拡大(14年5月ISM製造業景気指数) ~雇用は低下したものの、新規受注、生産が牽引。インフレ圧力は限定的~

米国 製造業は広がりを伴って緩やかに拡大(14年5月ISM製造業景気指数) ~雇用は低下したものの、新規受注、生産が牽引。インフレ圧力は限定的~

2014年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、景況感改善も景気回復の裾野は狭い(Asia Weekly (4/28~5/2)) ~タイでは外需の回復力が乏しいなか、インフレ圧力は徐々に高まる~

中国、景況感改善も景気回復の裾野は狭い(Asia Weekly (4/28~5/2)) ~タイでは外需の回復力が乏しいなか、インフレ圧力は徐々に高まる~

2014年5月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 広がりを伴った製造業の拡大を示唆(14年4月ISM製造業景気指数) ~新規受注、生産の拡大が雇用に波及。インフレ圧力は限定的~

米国 広がりを伴った製造業の拡大を示唆(14年4月ISM製造業景気指数) ~新規受注、生産の拡大が雇用に波及。インフレ圧力は限定的~

他の先進国に先駆けた利上げにより注目集まるニュージーランド

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月13日他の先進国に先駆けた利上げにより注目集まるニュージーランド ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は13日、政策金利を0.25ポイント引き上げることを金融政策決定会合で決定しました。2011年3月に過去最低水準となる2.50%に引き下げて以来、据え置かれていた政策金利は2.75%となりました。なお、利上げは、2010年7月以来、約3年8ヵ月ぶりです。政策金利が歴史的低水準に維持される中、堅調な国内景気の拡大を背景として、

2013年12月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 製造業の景況は世界的な改善のなか良好(13年11月ISM製造業景気指数) ~新規受注・生産・雇用が拡大する一方で、インフレ圧力は低下~

米国 製造業の景況は世界的な改善のなか良好(13年11月ISM製造業景気指数) ~新規受注・生産・雇用が拡大する一方で、インフレ圧力は低下~

2013年10月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の「バブル」は再びインフレ圧力を招くか ~「影の銀行」の問題も燻るなか、景気過熱を招く投資偏重は避けられよう~

中国の「バブル」は再びインフレ圧力を招くか ~「影の銀行」の問題も燻るなか、景気過熱を招く投資偏重は避けられよう~

2013年7月19日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

QE3縮小の影響がアジアを直撃

リサーチ TODAY2013 年 7 月 19 日QE3縮小の影響がアジアを直撃常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創米国FRBのバーナンキ議長による5月22日の議会証言を契機に米国の量的緩和第3弾(いわゆるQE3)が近く縮小されるとの見方が強まり、リスクマネーの供給鈍化につながるとの観測からアジア各国においてトリプル安(株安・自国通貨安・債券安)が生じた。みずほ総合研究所ではQE3縮小のアジア地域への影響についてリポートを発表した1。QE3縮小にともなうリスクマネー縮小の影響は、①為替政策

2013年4月26日みずほ総合研究所フィードバック数:4社会/政治海外

ベトナムの不良債権問題は本当に深刻か

リサーチ TODAY2013 年 4 月 26 日ベトナムの不良債権問題は本当に深刻か常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は、ベトナムの不良債権問題にフォーカスしたみずほ総合研究所のリポートで示された、不良債権比率の比較である1。2012年4月頃から、ベトナムの不良債権増加が大きな問題となっており、同年9月にはムーディーズによる国債の格下げが行われた。同時に経済成長に悪影響が生じるとの観測が強まった。ただし、図表に示されるように、かつてアジア諸国で生じた危機状況時と較べてベトナム

2013年4月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ中銀、資金流入抑制と景気下支えへ利下げ実施 ~経常赤字やインフレへの懸念より、資金流入による悪影響を重視~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコ中銀、資金流入抑制と景気下支えへ利下げ実施~経常赤字やインフレへの懸念より、資金流入による悪影響を重視~発表日:2013年4月19日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 16日、トルコ中銀は政策金利を4ヶ月ぶりに引き下げるとともに、短期金利のコリドーを4回連続で引き下げる金融緩和を実施した。中銀は資金流入がインフレ圧力に繋がることへの警戒に加えて、国内景気を下支えするべく利

2013年3月26日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治海外

ベトナムの不良債権問題はどこまで深刻か~景気減速の主因は長引くインフレ圧力~

ベトナムの不良債権問題はどこまで深刻か~景気減速の主因は長引くインフレ圧力~

2013年3月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪ドル相場は上値を追いにくい展開が予想される ~景気は依然底這いの中、追加利下げの可能性は燻る

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪ドル相場は上値を追いにくい展開が予想される~景気は依然底這いの中、追加利下げの可能性は燻る~発表日:2013年3月6日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 5日、豪準備銀は金融政策委員会において政策金利を2回連続で3.00%に据え置いた。世界経済が改善しつつある中、同国の景気は潜在成長率をやや下回る伸びに留まるものの、現時点では過去に実施した利下げの景気に対する効果を見定める姿

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ