調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インフレ期待

「インフレ期待」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月7日経済産業研究所★★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスについてのレポートです。

内外経済の展望 ―アベノミクスの課題を検証する―

内外経済の展望 ―アベノミクスの課題を検証する―湯元 健治 (株式会社日本総合研究所副理事長) 松永 明 (RIETIコンサルティングフェロー/経済産業省経済産業政策局審議官(経済産業政策局担当)) 2015年度の日本経済を展望する。その前提として、米国、欧州、中国を中心に世界経済が抱えるリスクについて、幅広い角度から分析。同時に、過去2年間のアベノミクスの成果を3本の矢に沿って検証。今後、日本経済がデフレから脱却し、少子高齢化、人口減少の下でも持続的な成長を続けるための課題を成長戦略に焦点を当

2014年11月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

デフレ転落回避の防止弁 ~インフレ期待はアンカーされているか?~

デフレ転落回避の防止弁 ~インフレ期待はアンカーされているか?~

企業業績についてのレポートです。

消費税率引き上げ後の企業業績~現状と今後の展望

1.今月のグラフ ~インフレ期待は高まっているのか?2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:消費税率引き上げ後の企業業績~現状と今後の展望 (1)悪化した企業業績~経常利益は減少へ(2)企業を取り巻く環境(3)企業業績の先行き~今年度中は弱い動きが続く

2013年7月24日内閣府フィードバック数:1社会/政治

我が国家計のインフレ期待形成における異質性とバイアス

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper Series No.300 我が国家計のインフレ期待形成における異質性とバイアス 我が国家計のインフレ期待形成における異質性とバイアス上野 有子内閣府経済社会総合研究所景気統計部難波 了一内閣府経済社会総合研究所景気統計部要旨本稿の目的は、消費者のインフレ期待がどのようなメカニズムで形成されているのかに関する手掛かりを、期待インフレ率の予測誤差のマイクロデータを用いて検証することにある。我が国では、名目利子率がゼロ近傍にある環

2013年6月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

家計のインフレ期待をどうみるか

家計のインフレ期待をどうみるか | ニッセイ基礎研究所 家計のインフレ期待をどうみるか 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎アベノミクスへの期待、金融緩和姿勢の強化に伴う円安、株高を背景として、このところ消費者心理は大幅に改善しており、家計のインフレ期待にも変化の兆しが見られる。「消費動向調査」、「生活意識に関するアンケート調査」では、1年後の物価上昇を予想する家計の割合が2013年に入って急上昇している。ただし、家計のインフレ期待にはもともと上方バイアスがあり、1年後の物価上昇を予想する家計

第21回 マンション購入に対する意識調査

「今は買い時」という意識は大幅に上昇、調査開始以来の最高となった「購入意欲」も上昇しており、「今は買い時」と同様に過去最高を更新した物件価格の上昇懸念も過去最高となり、インフレ期待で前倒し購入を考える層は4割を超えた不動産マーケティングのアトラクターズ・ラボ株式会社(東京都千代田区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を行ったので公表する。供給者側の分譲価格・初月契約率・在庫数は公表されているものがあるため、弊社は購入者側の価格への意識などを中心に購入検討者心理を四半期単位

家計のインフレ期待をどうみるか

家計のインフレ期待をどうみるか | ニッセイ基礎研究所 家計のインフレ期待をどうみるか 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎アベノミクスへの期待、金融緩和姿勢の強化に伴う円安、株高を背景として、このところ消費者心理は大幅に改善しており、家計のインフレ期待にも変化の兆しが見られる。「消費動向調査」、「生活意識に関するアンケート調査」では、1年後の物価上昇を予想する家計の割合が2013年に入って急上昇している。ただし、家計のインフレ期待にはもともと上方バイアスがあり、1年後の物価上昇を予想する家計

2013年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:3社会/政治

市場のインフレ期待は高まっているのか?

市場のインフレ期待は高まっているのか? | ニッセイ基礎研究所 市場のインフレ期待は高まっているのか? 新美 隆宏昨年末の衆議院議員選挙で自民党が勝利し、安倍内閣が発足してから3ヶ月が経過した。また、日銀総裁が黒田氏に決まり、いよいよ金融政策、財政政策、成長戦略を3本の矢とするアベノミクスが本格的に動き出す。そこで、2014年4月、2015年10月に予定される消費税率引き上げや、物価目標を2%とする金融政策の決定などが、市場の期待インフレ率に及ぼしている影響を物価連動国債を通じて見てみたい。

2013年3月26日みずほ総合研究所★フィードバック数:1社会/政治

景気拡大についてのレポートです。

1930年代に学ぶデフレ脱却・景気拡大メカニズム~インフレ期待だけではなかった回復要因~

1930年代に学ぶデフレ脱却・景気拡大メカニズム~インフレ期待だけではなかった回復要因~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ