調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インフレ率

「インフレ率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

アジア新興国・地域の経済見通し~資源安の恩恵が内需を支え、底堅い成長へ

アジア新興国・地域の経済見通し~資源安の恩恵が内需を支え、底堅い成長へ | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し~資源安の恩恵が内需を支え、底堅い成長へ 経済研究部 研究員 斉藤 誠アジア新興国・地域の2015年1-3月期の成長率は前年同期比+5.7%と、前期の同5.3%から上昇した。しかし、国・地域別に見ると、インド・タイが上昇、韓国・台湾・マレーシア・インドネシア・フィリピンが低下と、景気減速した国が多い。総じて、資源安を背景に内需が堅調に推移したが、輸出の減速が下押し圧力と

2015年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し~ユーロ圏:回復の裾野は広がりつつある/英国:回復は続く、利上げ開始は16年~

欧州経済見通し~ユーロ圏:回復の裾野は広がりつつある/英国:回復は続く、利上げ開始は16年~ | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し~ユーロ圏:回復の裾野は広がりつつある/英国:回復は続く、利上げ開始は16年~ 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆりユーロ圏経済は、原油安、金利低下、ユーロ安を追い風に個人消費主導で回復している。長期にわたって投資が低迷した原因のうち、デレバレッジの圧力は解消していないが、資金調達環境は改善、「欧州のための投資」計画も多少の呼び水となって、緩やかな回復が期待できる

ブラジルが政策金利を13.75%に引き上げ

ブラジルが政策金利を13.75%に引き上げ2015年6月4日<ブラジル中央銀行:0.50%ポイントの利上げで政策金利は13.75%に>ブラジル中央銀行は、6月3日(現地、以下同様)に金融政策委員会(Copom)を開催し、政策金利(SelicTarget Rate)である翌日物金利の誘導目標を0.50%ポイント引き上げて13.75%としました。中央銀行は2014年10月に利上げを再開し、今回で6回目の政策金利引き上げとなります。利上げ幅の合計は2.75%になります。中央銀行は声明文において、「マク

2015年5月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

南アフリカ、計画停電の余波で経済は大打撃 ~電力不足解消の道は遠いなか、外的要因による不透明感も残る~

1/3World Trends南アフリカ、計画停電の余波で経済は大打撃~電力不足解消の道は遠いなか、外的要因による不透明感も残る~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2015年5月27日(水) 第一生命経済研究所 経済調査部 徹(03-5221-4522)担当 主席エコノミスト 西濵 商品市況の動向に左右されやすい南アフリカ経済だが、年明け以降の市況底入れは好機になると期待され る一方、昨秋以降顕在化した電力不足の影響は景気の足かせとなっている。能力不足の問題も依然解消出 来ないなか、先行

ブラジルが政策金利を13.25%に引き上げ

ブラジルが政策金利を13.25%に引き上げ2015年4月30日<ブラジル中央銀行:0.50%ポイントの利上げで政策金利は13.25%に>ブラジル中央銀行は、4月29日(現地、以下同様)に金融政策委員会(Copom)を開催し、政策金利(SelicTarget Rate)である翌日物金利の誘導目標を0.50%ポイント引き上げて13.25%としました。今回の利上げは2014年10月の利上げ再開以降、5回目となります。利上げ幅の合計は2.25%ポイントになります。中央銀行は声明文において、「マクロ経済シ

2015年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】資源安による輸出入の減少とインフレ率の低下傾向が継続

【アジア新興経済レビュー】資源安による輸出入の減少とインフレ率の低下傾向が継続 | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】資源安による輸出入の減少とインフレ率の低下傾向が継続 経済研究部 研究員 斉藤 誠(実体経済)生産面の伸び率(前年同月比)の動きを見ると、タイは製造業の在庫積み増しを受けて1年11ヵ月ぶりのプラスに転じ、マレーシアは主力の電気・電子製品や原油を中心に好調を維持するなど、総じて堅調な推移が見られる。輸出・輸入の伸び率(前年同月比)は、資源価格の下落を受けて輸出入ともに

欧州経済見通し~ユーロ圏:金融緩和、ユーロ安、原油安が支える回復/英国:消費主導で成長。総選挙後の政局は不透明~

欧州経済見通し~ユーロ圏:金融緩和、ユーロ安、原油安が支える回復/英国:消費主導で成長。総選挙後の政局は不透明~ | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し~ユーロ圏:金融緩和、ユーロ安、原油安が支える回復/英国:消費主導で成長。総選挙後の政局は不透明~ 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり年半ばの踊り場を脱し、緩やかな回復基調を取り戻しつつある。ECBの金融緩和、ユーロ安、原油安などによりユーロ圏内が改善方向で一致し始めた。回復傾向は今後も続き、成長率は15年1.3%、16年1.7%と潜在成長率

2015年2月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

世界に広がるディスインフレの波

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 世界的にインフレ圧力は後退し、主要先進国でディスインフレまたはデフレ傾向が強くなっている。これは原油価格の下落によるものだけではなく、緊縮財政と各国それぞれに内在する経済の脆弱性が影響している。ユーロ圏のデフレリスクは小さいとする見方の根拠は、コアインフレ率の高さにあったが、1月は過去最低に低下。日本は消費増税分が剥落する4月以降、インフレ率が2%ポイント近く低下する。賃金上昇による後押しがなければイ

インドネシアが政策金利を0.25%ポイント引き下げ

インドネシアが政策金利を0.25%ポイント引き下げ2015年2月18日<インドネシアが予想外の利下げ>インドネシア中央銀行(以下、中銀)は17日(現地、以下同様)の金融政策決定会合で政策金利を0.25%ポイント引き下げ7.50%にすると決めました。市場の大方の予想は据え置きだったため予想外の利下げとなりました。利下げは2012年以来、およそ3年ぶりとなります。<利下げの背景>中銀は昨年11月18日の臨時会合で、政府が前日17日に補助金付き燃料価格の引き上げを実施したことによるインフレ懸念に対応す

2015年2月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

原油安でアジアのインフレ率は一段と低下(Asia Weekly (2/1~2/6)) ~タイと台湾のインフレ率はマイナス圏に突入~

原油安でアジアのインフレ率は一段と低下(Asia Weekly (2/1~2/6)) ~タイと台湾のインフレ率はマイナス圏に突入~

2015年2月6日参議院フィードバック数:0社会/政治

量的・質的金融緩和の効果とこれからの課題

「量的・質的金融緩和の効果とこれからの課題」調査情報担当室 2014 年 10 月 27 日、 「量的・質的金融緩和の効果とこれからの課題」をテー マとした講演会が開催されたので、その内容を紹介する1。 なお、本稿に掲載されているデータ等は、講演会開催時点の情報に基づくも のであり、講演会の資料(スライド)は末尾に添付している。基調講演 左三川 郁子 氏(日本経済研究センター主任研究員) 兼 コメンテーターコーディネーター 後藤 康雄氏(三菱総合研究所主席研究員、企画調整室客員調査員)○後藤氏(

2015年2月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪準備銀、市場予想に反し利下げ決定 ~不動産市場の懸念抑制を図る一方、資源安で弱った内需喚起を優先~

1/3Asia Trends豪準備銀、市場予想に反し利下げ決定~不動産市場の懸念抑制を図る一方、資源安で弱った内需喚起を優先~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2015年2月3日(火) 第一生命経済研究所 経済調査部 徹(03-5221-4522)担当 主任エコノミスト 西濵 昨年後半以降の資源価格の調整を背景に資源国の景気に下押し圧力が懸念されるなか、豪州も中国経済の 減速などによる影響を免れない。先月のカナダの利下げ実施を受け、国際金融市場では豪州も利下げに動 くとの見方が出ていた。

2015年2月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシア中銀、予想外の利下げで何処に向かうのか ~先月のS&P社に続いて格下げの動きが広がるリスクも~

1/3World Trendsロシア中銀、予想外の利下げで何処に向かうのか~先月のS&P社に続いて格下げの動きが広がるリスクも~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2015年2月2日(月) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) ロシア中銀は先月30日の定例会合で200bpの利下げを決定した。同行は昨年12月にルーブル安によるイン フレを阻止すべく『通貨防衛』の観点から大幅利上げに追い込まれた。足下のインフレ率は依然10%超の 高水準に

2015年2月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】原油安の影響でインフレ率と輸入が鈍化

【アジア新興経済レビュー】原油安の影響でインフレ率と輸入が鈍化 | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】原油安の影響でインフレ率と輸入が鈍化 経済研究部 研究員 斉藤 誠(実体経済)1月は、原油安の影響でインフレ率に加えて、輸入にも明らかな鈍化傾向が見られた。また、韓国・台湾・フィリピンで10-12月期GDPが発表された。韓国は輸出の減少、台湾は個人消費・投資の鈍化が響き、それぞれ成長率が鈍化した。フィリピンは復興の進展で政府消費・建設投資を中心に成長率が加速した。(インフレ率)12

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 予想下振れも米経済は堅調さを維持(14年10-12月期実質GDP:速報) ~一方でインフレ率はさらに低下~

米国 予想下振れも米経済は堅調さを維持(14年10-12月期実質GDP:速報) ~一方でインフレ率はさらに低下~

2015年1月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 インフレ率低下も現時点でFRBのスタンスに変化はみられない(15年1月27、28日FOMC) ~利上げ開始は経済指標次第とのスタンスは継続~

米国 インフレ率低下も現時点でFRBのスタンスに変化はみられない(15年1月27、28日FOMC) ~利上げ開始は経済指標次第とのスタンスは継続~

2015年1月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は輸出が低調

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は輸出が低調 | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は輸出が低調 経済研究部 研究員 斉藤 誠(実体経済)生産面の伸び率(前年同月比)の動きを見ると、タイは回復力が弱く、1年8ヵ月連続のマイナスとなっている。その他の国・地域では、台湾・マレーシア・インドネシア・フィリピンが好調(もしくは堅調)を維持、韓国・インドが軟調に推移している。貿易面では、輸出入ともに全体的に見て生産面よりも低調に推移してい

原油価格の下落で恩恵を受ける国・地域

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月15日2014年6月以降、米国におけるシェール・オイルの生産増加などを背景とした需給悪化懸念から下落傾向が続いている原油価格は、OPEC(石油輸出国機構)による減産見送りや、原油需要見通しの引き下げなどを受け、足元で下げ足を強めています。原油価格の下落は、原油輸出国から原油純輸入国への実質的な所得移転をもたらすことから、日米欧などの先進国をはじめとする原油の純輸入国では、ガソリン価格や原材料コストの低下を通じた企業収益や消費

【アジア新興経済レビュー】ASEAN4・インドの景気に減速感

【アジア新興経済レビュー】ASEAN4・インドの景気に減速感 | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】ASEAN4・インドの景気に減速感 経済研究部 研究員 斉藤 誠(実体経済)11月はマレーシア・タイ・インドネシア・フィリピン・インドで7-9月期のGDPが公表された。実質GDP成長率はタイを除く国で減速したほか、タイも0%台の低成長となるなど、景気に減速感が見られた。これらの国では、消費・投資が好調もしくは堅調さを維持する一方、輸出が伸び悩み、輸入が内需拡大を背景に拡大したため、成

2014年12月1日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(リサーチラボ)わが国のマクロ的な賃金決定の特徴は何か?

ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ ENGLISHわが国のマクロ的な賃金決定の特徴は何か?:賃金版ニューケインジアン・フィリップス曲線の日米比較新谷 幸平、武藤 一郎(日本銀行)Research LAB No.14-J-2, 2014年12月1日キーワード:賃金、失業率、ニューケインジアン理論、フィリップス曲線JEL分類番号:E24、E31、E32Contact:kouhei.shintani@boj.or.jp(新谷幸平)要旨当論文では、わが国におけるマクロ的な賃金決定の特徴を

足元のブラジル・レアルと今後の見通し

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月12日9月以降のブラジル・レアルは、金融市場が大統領選挙での政権交代を期待していたことから、現職ルセフ大統領の再選観測の高まりとともに下落基調となり、10月26日の決選投票でルセフ大統領が再選されると、大幅に下落しました。その後、ブラジル中央銀行が7ヵ月ぶりに予想外の利上げを決定したことから反発しましたが、足元では軟調な展開が続いています。ただし、対円では10月末の日銀の追加金融緩和により為替市場で円安が進んだことから下値は

2014年11月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシア中銀、ルーブル安阻止へ大幅利上げを決断 ~経済・政治に対する不信は拭えず、ルーブル安基調は続くであろう~

1/3World Trendsロシア中銀、ルーブル安阻止へ大幅利上げを決断~経済・政治に対する不信は拭えず、ルーブル安基調は続くであろう~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2014年11月4日(火) 第一生命経済研究所 経済調査部 徹(03-5221-4522)担当 主任エコノミスト 西濵 欧米の経済制裁や原油市況の調整がロシア経済の足かせとなるなか、資金流出によりルーブル相場は最安 値を更新。多くの消費財を欧州に依存し、制裁による需給ひっ迫やルーブル安による輸入物価高騰でイン フレ率は

2014年10月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国のインフレ率は一段と低下(Asia Weekly (10/10~10/16)) ~インドのインフレ率は依然予想以上のペースで低下~

中国のインフレ率は一段と低下(Asia Weekly (10/10~10/16)) ~インドのインフレ率は依然予想以上のペースで低下~

【アジア新興経済レビュー】生産活動がやや伸び悩み

【アジア新興経済レビュー】生産活動がやや伸び悩み | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】生産活動がやや伸び悩み 経済研究部 研究員 斉藤 誠(実体経済)生産面の伸び率(前年同月比)の動きを見ると、タイでは減少幅が着実に縮小してきている。その他の国・地域では、台湾を除いた韓国・マレーシア・インドネシア・フィリピン・インドが3ヵ月・6ヵ月平均を下回るなどやや伸び悩んでいる。(インフレ率)8月のインフレ率は、燃料価格の下落の影響もあって、年明けから続いた上昇傾向は落ち着きを取り戻しつつあ

2014年9月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドのインフレ率は一段と低下(Asia Weekly (9/13~9/19)) ~ニュージーランド景気は内・外需の低迷で減速~

インドのインフレ率は一段と低下(Asia Weekly (9/13~9/19)) ~ニュージーランド景気は内・外需の低迷で減速~

2014年8月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税率の引き上げがフィリップス曲線に与える3つの影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税率の引き上げがフィリップス曲線に与える3つの影響 2014年8月25日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎消費税率が引き上げられて4ヶ月が経過した。消費税率引き上げの影響は今後の政策運営に大きな影響を与えるため、注視が必要である。今回のコラムでは金融政策運営に影響を与える物価について、フィリップス曲線(横軸:GDPギャップ、縦軸:インフレ率)の形状変化を中心に消費税

2014年8月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア 景気の「底」みえるも力強さなし(Asia Weekly (8/4~8/8)) ~フィリピンのインフレ率は先週の利上げ実施を肯定する内容~

インドネシア 景気の「底」みえるも力強さなし(Asia Weekly (8/4~8/8)) ~フィリピンのインフレ率は先週の利上げ実施を肯定する内容~

2014年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【7月米FOMC】タカ派の声が強まる?

【7月米FOMC】タカ派の声が強まる? | ニッセイ基礎研究所 【7月米FOMC】タカ派の声が強まる? 研究員 高山 武士米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が7月29-30日(現地時間)に開催され、資産購入ペースの縮小(100億ドル/月の減額)が決定された。資産購入額の減額は事前の市場予想の通りだった。声明文では、景気の現状判断と見通しが若干変更されたが、フォワードガイダンスについては変更されず、大きなサプライズはなかった(声明の詳細はPDFを参照)。FOMCで決定された金融政策におけるテー

2014年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】再びルピア安が進行

【アジア新興経済レビュー】再びルピア安が進行 | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】再びルピア安が進行 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (実体経済)生産面の動きを見ると、フィリピン・インドが加速し、先行きへの期待が持てる結果となった。一方、タイは軍事クーデターで国内の混乱が最高点に達して14ヵ月連続のマイナス、韓国は輸出

2014年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】インド再加速への期待が高まる

【アジア新興経済レビュー】インド再加速への期待が高まる | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】インド再加速への期待が高まる 経済研究部 研究員 斉藤 誠(実体経済)5月は、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、インドで1-3月期のGDPが発表された。マレーシアは成長率が加速したものの、その他の国では冴えない結果となった。特に政局の混乱が続くタイでは、内需の冷え込みでマイナス成長となった。また、フィリピンは、大型台風の影響による農業生産の減速や食品加工などのサプライチェーンの乱

2014年5月25日タワーズワトソンフィードバック数:0キャリアとスキル

タワーズワトソン昇給率調査: 2014年のアジア地域昇給率は6.9%

タワーズワトソン昇給率調査: 2014年のアジア地域昇給率は6.9%日本はインフレ調整後の昇給がゼロにとどまる一方で、中国が地域を牽引2014年5月22日 インド, インドネシア, カンボジア シンガポールタイニュージーランドパキスタンフィリピンベトナムマレーシア中国日本韓国 (大韓民国) 香港 【東京】 2014年5月22日(木)-- グローバルにコンサルティングサービスを展開するタワーズワトソン(NYSE、NASDAQ:TW)が実施した調査によると、インフレ調整後の2014年アジア太平

2014年5月12日内閣府フィードバック数:0社会/政治

『ESPフォーキャスト調査』のインフレ率に関する分布予測の個票データを用いた「ケインズの美人投票」の定量化

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper No.309 『ESPフォーキャスト調査』のインフレ率に関する分布予測の個票データを用いた「ケインズの美人投票」の定量化 『ESPフォーキャスト調査』のインフレ率に関する分布予測の個票データを用いた「ケインズの美人投票」の定量化日本語要旨本研究は、ケインズが『一般理論』(1936)で「美人投票」に譬えた高次の期待について、デフレ期における『ESPフォーキャスト調査』のインフレ率に関する分布予測の個票データに相対エントロピー指標

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】韓国・台湾が内外需ともに改善

【アジア新興経済レビュー】韓国・台湾が内外需ともに改善 | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】韓国・台湾が内外需ともに改善 経済研究部 研究員 斉藤 誠(実体経済)4月は韓国・台湾で1-3月期のGDPが公表された。両国とも内需・外需揃って改善が見られ、景気の回復傾向が続いていることが明らかになった。タイでは、先行き不透明な国内政局の混乱で消費が冷え込んでおり、緩やかな輸出の増加だけでは経済が上向かなくなってきた。(インフレ率)インド・インドネシアでは度重なる利上げによってインフレ率

2014年4月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド準備銀、当面は追加引き締め回避の見方 ~インフレ率低下に加えて、総選挙の結果を見定めたいとの思惑も~

インド準備銀、当面は追加引き締め回避の見方 ~インフレ率低下に加えて、総選挙の結果を見定めたいとの思惑も~

2014年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】政治の動きに注目が集まる

【アジア新興経済レビュー】政治の動きに注目が集まる | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】政治の動きに注目が集まる 経済研究部 研究員 斉藤 誠(実体経済)タイは輸出に改善が見られるものの、内需の不振が続き、生産が低迷している。台湾は1-2月の経済指標では輸出主導型の回復の兆候が見え始めている。インドは10-12月期の経常赤字(GDP比)が0.9%となり、前期1.2%と比べて改善した。金の輸入関税の引き上げなど貿易収支改善に向けた政府の取り組みが奏効している。(インフレ率)インフレ

アジア新興国・地域の経済見通し~成長率は冴えない状況、注目は政策実行力

アジア新興国・地域の経済見通し~成長率は冴えない状況、注目は政策実行力 | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し~成長率は冴えない状況、注目は政策実行力 研究員 高山 武士経済研究部 研究員 斉藤 誠アジア新興国・地域の低成長は長期化している。外需の弱さはいずれの国・地域にも共通しており、これが成長率の伸び悩みの要因となっている。また、インドやタイでは外需に加えて内需も弱く、景気の弱さが鮮明になっている。今年に入り米国における量的緩和策の縮小が開始されたが、金融市場において株や為

米国経済の見通し-寒波の影響は限定的、テーパリングは淡々と

米国経済の見通し-寒波の影響は限定的、テーパリングは淡々と | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し-寒波の影響は限定的、テーパリングは淡々と 研究員 高山 武士米国経済は、寒波の影響により経済活動が一時的に低迷している。最近の経済指標も寒波の影響でかく乱されており、米国経済の「実力」を読み取ることは難しい状況である。そのため、当面は寒波の影響が解消された後、順調に回復を続けるのか、それとも「実力」も弱含んでいるのかという点が注目される。メインシナリオは、米国の「実力」は弱まっておらず、経済は

2014年3月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】輸出主導経済の改善も足踏みか

【アジア新興経済レビュー】輸出主導経済の改善も足踏みか | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】輸出主導経済の改善も足踏みか 研究員 高山 武士(実体経済)前月は輸出主導経済に回復の兆しが見られたが、今月はそれほど良好な指標は見あたらず、足踏み状況にあると考えられる。また、ASEANの一部やインドでGDPが発表された。タイで景気鈍化が深刻となっていることが明らかになる一方で、マレーシアは比較的高い成長を維持しており、インドネシアも市場予想を上回る結果となった。(インフレ率)インフレ率

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(週次)予測(2014年2月21日)<米経済はゼロ成長にまで減速、一方インフレ率は 2%にまで上昇!>

米国経済(週次)予測(2014年2月21日)<米経済はゼロ成長にまで減速、一方インフレ率は 2%にまで上昇!>2014-02-24 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】輸出主導経済で回復感が強まる

【アジア新興経済レビュー】輸出主導経済で回復感が強まる | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】輸出主導経済で回復感が強まる 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (実体経済)1月は韓国、台湾、フィリピンで2013年10-12月期のGDPが公表された。韓国、台湾では、7-9月期より成長率が加速しており、輸出主導経済の回復が明らかになってき

2014年1月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド、生鮮食料価格の下落でインフレ率鈍化(Asia Weekly (1/13~1/17)) ~豪州では失業率横這いも、正規雇用者を中心に雇用環境は厳しい~

インド、生鮮食料価格の下落でインフレ率鈍化(Asia Weekly (1/13~1/17)) ~豪州では失業率横這いも、正規雇用者を中心に雇用環境は厳しい~

2013年11月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

インフレ目標の理論的実現可能性 ~既存の経済構造下では、日本の適正インフレ率は1%台半ば~

インフレ目標の理論的実現可能性 ~既存の経済構造下では、日本の適正インフレ率は1%台半ば~

2013年10月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、製造業景況感は緩やかな改善が続く(Asia Weekly (9/30~10/4)) ~インドネシア、食料品価格の上昇一服でインフレ率は予想外の減速~

中国、製造業景況感は緩やかな改善が続く(Asia Weekly (9/30~10/4)) ~インドネシア、食料品価格の上昇一服でインフレ率は予想外の減速~

【アジア新興経済レビュー】インド・インドネシアで利上げ実施、実体経済は輸出改善の兆しも

【アジア新興経済レビュー】インド・インドネシアで利上げ実施、実体経済は輸出改善の兆しも | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】インド・インドネシアで利上げ実施、実体経済は輸出改善の兆しも 研究員 高山 武士(実体経済)9月はインドネシアを除き、輸出の改善が確認できた。ただし、生産や自動車販売にはバラツキが目立ち、内需については国・地域ごとの差が目立った。(インフレ率)インフレ率はインドネシアとインドで深刻な問題となっている。8月のインフレ率は、インドネシアで9%近くを記録、インドで

2013年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】インド、インドネシアで通貨防衛策相次ぐ、しかし効果は見られず

【アジア新興経済レビュー】インド、インドネシアで通貨防衛策相次ぐ、しかし効果は見られず | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】インド、インドネシアで通貨防衛策相次ぐ、しかし効果は見られず 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (実体経済)8月にはASEAN主要国およびインドで4-6月期のGDPが公表され、フィリピンのみ堅調で、他の国は減

米国経済(週次)予測(2013年8月16日)<インフレ率は2.5%に上昇、一方景気は成長モーメンタムを失い始めた米経済>

米国経済(週次)予測(2013年8月16日)<インフレ率は2.5%に上昇、一方景気は成長モーメンタムを失い始めた米経済>2013-08-19 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年8月23日日本総研フィードバック数:0社会/政治

消費税の引き上げと市場のインフレ予想-消費税の影響を除いたブレーク・イーブン・インフレ率の算出

消費税の引き上げと市場のインフレ予想-消費税の影響を除いたブレーク・イーブン・インフレ率の算出

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3減額には13年後半の成長率加速と持続性の確認が必要に(13年7月30、31日FOMC) ~成長率・インフレ率の下振れを受け、早期のQE3減額に慎重な意見が増加している模様~

米国 QE3減額には13年後半の成長率加速と持続性の確認が必要に(13年7月30、31日FOMC) ~成長率・インフレ率の下振れを受け、早期のQE3減額に慎重な意見が増加している模様~

2013年7月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、製造業の景況感は11 ヶ月ぶりの低水準(Asia Weekly (7/22~7/26)) ~豪州、インフレ率の低下で追加利下げのハードルは低下~

中国、製造業の景況感は11 ヶ月ぶりの低水準(Asia Weekly (7/22~7/26)) ~豪州、インフレ率の低下で追加利下げのハードルは低下~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ