調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インフレ目標

「インフレ目標」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月29日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスはどの程度包括的か

アベノミクスはどの程度包括的か過去2年間、日本はデフレ脱却と経済再生を目指し、野心的ないわゆるアベノミクスに取り組んでいる。一方、世界中の政策立案者や研究者は格差について議論している。本稿では、成長と所得分配双方を考慮した指標を用いて、アベノミクスが包括的な成長に与える影響について評価する研究を紹介したい。我々の分析の主要な政策的含意は、日本において成長を促進し格差を縮小するためには、構造改革の本格的な実施が必要であるということである。 日本も、先進国で近年拡大しつつある格差と無縁ではない。事例

米国経済(週次)予測(2014年5月2日)<2%インフレ目標の達成に固執する連銀、これが経済へのリスクに!>

米国経済(週次)予測(2014年5月2日)<2%インフレ目標の達成に固執する連銀、これが経済へのリスクに!>2014-05-05 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年11月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

インフレ目標の理論的実現可能性 ~既存の経済構造下では、日本の適正インフレ率は1%台半ば~

インフレ目標の理論的実現可能性 ~既存の経済構造下では、日本の適正インフレ率は1%台半ば~

2013年3月11日大和総研フィードバック数:5社会/政治

第176回日本経済予測(改訂版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第176回日本経済予測(改訂版)「アベノミクス」で日本経済は再生するか? :2012年10-12月期GDP二次速報を受け、2012-14年度の成長率見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2012年度が前年度比+1.0%(前回:同+0.9%)、2013年度が同+2.7%(同:同+2.7%)、2014年度が同+0.4%(同:同+0.4%)である。「アベノミクス」で日本経済は再生するか?:本予測では、安

2011年12月27日内閣府フィードバック数:1社会/政治

ブラジル:金融政策の転換とブラジル経済の課題

今週の指標 No.1018 ブラジル:金融政策の転換とブラジル経済の課題ポイント2011年12月26日ブラジルでは、鉱物資源や農作物など輸出資源となる一次産品価格の高騰などから、10年後半以降、物価上昇率は高い伸びで推移した。これに対し、ブラジル中央銀行(以下、中銀)は、物価上昇率をインフレ目標値の範囲内(4.5%±2.0%)に抑えるべく、11年に入ってから8月まで、5回連続して政策金利を引き上げるなど金融引締めを実施してきた(図1)。しかし、8月の金融政策委員会では、インフレが未だ治まっていな

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ