調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インフレ目標

「インフレ目標」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月29日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスはどの程度包括的か

アベノミクスはどの程度包括的か過去2年間、日本はデフレ脱却と経済再生を目指し、野心的ないわゆるアベノミクスに取り組んでいる。一方、世界中の政策立案者や研究者は格差について議論している。本稿では、成長と所得分配双方を考慮した指標を用いて、アベノミクスが包括的な成長に与える影響について評価する研究を紹介したい。我々の分析の主要な政策的含意は、日本において成長を促進し格差を縮小するためには、構造改革の本格的な実施が必要であるということである。 日本も、先進国で近年拡大しつつある格差と無縁ではない。事例

豪州が政策金利を0.25%ポイント引き下げ

豪州が政策金利を0.25%ポイント引き下げ2015年2月3日<豪州が0.25%ポイントのサプライズ利下げ>RBA(豪州準備銀行)は政策金利(銀行間翌日物金利の誘導目標)を0.25%ポイント引き下げ、過去最低の2.25% としました。エコノミストの大半は金利の据え置きを見込んでおり大きなサプライズとなりました。本日の決定は2013年8月以来の利下げで、2011年11月から始まる今回の利下げ局面では9回目、累積で2.5%ポイントの利下げとなります。豪州の政策金利の推移(%)( 2007年初~2015

米国経済(週次)予測(2014年5月2日)<2%インフレ目標の達成に固執する連銀、これが経済へのリスクに!>

米国経済(週次)予測(2014年5月2日)<2%インフレ目標の達成に固執する連銀、これが経済へのリスクに!>2014-05-05 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年11月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

インフレ目標の理論的実現可能性 ~既存の経済構造下では、日本の適正インフレ率は1%台半ば~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:インフレ目標の理論的実現可能性2013年11月6日(水)~既存の経済構造下では、日本の適正インフレ率は1%台半ば~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● ハイパーインフレを除けば、インフレよりもデフレの方が経済的被害を受ける人が多い。デフレは実質金利を上げる。実質金利が高まれば借金がしにくくなり、消費や投資の停滞を通じて企業の売上高が圧迫される。家計の購買力を示す実質賃金も上がり

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FRBは月額850億ドルのQE3を継続(13年10月29・30日FOMC) ~景気の現状判断維持はFOMCの予想を下振れていることを示す~

Fed Watching米国 FRBはFRBは月額850月額850億850億ドルのQEドルのQE3QE3を継続(13年10月10月29、29、30日30日FOMC)FOMC)発表日:201発表日:20132013年10月10月30日30日(水)~景気の現状判断維持はFOMCの景気の現状判断維持はFOMCの予想を下振れていることを示す~予想を下振れていることを示す~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001○850億ドルの資産購入継続850億ドル

2013年5月15日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

出口論を封じる黒田総裁への注文 ~「議論するのはまだ早い」論の誤り~

BOJ Watching日本銀行分析レポート出口論を封じる黒田総裁への注文発表日:2013年5月14日(火)~「議論するのはまだ早い」論の誤り~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)黒田日銀総裁は、出口論について質問されると「議論するのはまだ早い」と応じる。しかし、出口論を考えておくことには意義がある。なぜならば、インフレ目標が成功したときには、長期金利と物価上昇がリンクする関係へと移行して、今までのように長期金利の安定を維持できなくなる可能性があるからだ。

2013年3月11日大和総研フィードバック数:5社会/政治

第176回日本経済予測(改訂版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第176回日本経済予測(改訂版)「アベノミクス」で日本経済は再生するか? :2012年10-12月期GDP二次速報を受け、2012-14年度の成長率見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2012年度が前年度比+1.0%(前回:同+0.9%)、2013年度が同+2.7%(同:同+2.7%)、2014年度が同+0.4%(同:同+0.4%)である。「アベノミクス」で日本経済は再生するか?:本予測では、安

2011年12月27日内閣府フィードバック数:1社会/政治

ブラジル:金融政策の転換とブラジル経済の課題

今週の指標 No.1018 ブラジル:金融政策の転換とブラジル経済の課題ポイント2011年12月26日ブラジルでは、鉱物資源や農作物など輸出資源となる一次産品価格の高騰などから、10年後半以降、物価上昇率は高い伸びで推移した。これに対し、ブラジル中央銀行(以下、中銀)は、物価上昇率をインフレ目標値の範囲内(4.5%±2.0%)に抑えるべく、11年に入ってから8月まで、5回連続して政策金利を引き上げるなど金融引締めを実施してきた(図1)。しかし、8月の金融政策委員会では、インフレが未だ治まっていな

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ