「イーロン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月24日日経BPフィードバック数:0ビジネス

緊急調査から見えた「働き方改革」の実態

緊急調査から見えた「働き方改革」の実態※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となりますclose  長時間労働の是正を旗印に行われている「働き方改革」。厚生労働省が労働基準法違反への対応を厳格化している影響で、経営者の危機意識が高まっていることもあるのだろう。今や、国内で取り組んでいない企業を探すほうが難しい状態だ。 肝心なのは、改革を推進する現場がどのように捉えているかだ。そこで、日経ビジネスは3月末、インターネットで働き方改革の実態に関する緊急調査を実施した。1026人もの回答を得た

2011年9月21日日経BPフィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

「電力使用制限令、正しかった」53%

「電力使用制限令、正しかった」53%【15】「エネルギーを考える良い機会になった」が理由のトップ※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となりますclose ここから先は「日経ビジネスオンライン」の 会員の方(登録は)のみ、ご利用いただけます。日経ID(日経電子版と共通)で 1クリック登録 会員登録(無料)のメリットメリット1日経ビジネスオンラインの記事が全て読める メリット2会員限定のアプリが使える メリット3Evernoteで記事保存等、多様なビジネスツールと連携 メリット4厳選さ

2011年6月8日日経BP★★フィードバック数:3社会/政治

BPによる消費者対象の震災調査です。

消費者はこう変わる 全国5000人意識調査

消費者はこう変わる 全国5000人意識調査このコラムについて 震災で消費はどうなるのか。日々伝えられる震災特需の好調ぶりと裏腹に、マクロ経済予測では個人消費の悲観論が台頭している。ミクロの視点で消費の実相を検証するのを目的に、日経ビジネス6月6日号では「消費者はこう変わる-全国5000人意識調査」を特集した。そこで浮かび上がったのが「利他消費」とでも呼べる新しい消費の形だった。特集では定量的な変化も捉えようと5000人を超える消費者を対象に、ボストン コンサルティング グループと共同で意識調査を

2010年5月31日日経BPフィードバック数:0大型消費/投資

第2回 日経ビジネス自動車ブランド調査

第2回 日経ビジネス自動車ブランド調査このコラムについて 2010年初頭の自動車業界は、トヨタ自動車の大規模リコール(回収・無償修理)に揺れた。一連のリコールは、消費者の自動車ブランドのイメージにどう影響したのか。日経ビジネスでは、2009年に次いで2回目の独自調査を日本で実施。さらに今回は、世界最大の自動車市場となった中国でもアンケートを行った。 記事一覧ビジネストレンド ビジネストレンド記事を探す 名言~日経ビジネス語録これからは製品だけではなく、工場そのものも「商品」になる。イーロン・マス

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ