調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ウイスキー

「ウイスキー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

旅好きが選ぶ!工場見学&社会科見学 ランキング 2017

トリップアドバイザーの口コミ情報をテーマごとに再編集。旅のヒントが詰まったキュレーションマガジン! 旅好きが選ぶ!工場見学&社会科見学 ランキング 2017 今年の工場見学&社会科見学は、大人がつい夢中になってしまうような施設がいっぱい。マニアが訪れても、焙煎体験など新しいことが学べると評判のUCCコーヒー博物館や時速500Kmを体験できるリニア見学センターなど、乗り物系、飲食系、お酒などの工場や博物館のランキングになりました。子供の付き添いで訪れた大人たちが、思わず童心に返って興奮してしまう

2017年7月12日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

酒類市場に関する調査を実施(2017年)

2017年07月03日 酒類市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の酒類市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年3月~6月2.調査対象:酒類メーカー各社、卸、輸入事業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面接取材、アンケート調査、電話等による間接調査及び文献調査併用<酒類市場とは>本調査における酒類市場とは、ビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)、清酒、甲類焼酎、乙類焼酎、ウイスキー、ワイン、低アルコール飲料、その他の10分野(カテゴリー

2017年2月23日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 洋酒(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 洋酒 】に関するアンケート調査(第4回)洋酒の購入者は4割強。購入時の重視点は「銘柄」「価格」「味」が上位3位。「銘柄」は男性や50代以上で比率高い マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、4回目となる『洋酒』に関するインターネット調査を2016年12月1日〜5日に実施し、10,425件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 ■洋酒の飲用者は3割弱、「ジャパニーズ・ウイ

2016年11月2日WineBazaarフィードバック数:0ライフスタイル

モテるかどうか、飲むお酒で決まる!? モテ男は「焼酎」「ウイスキー」、モテ女は「ワイン」が好きだった

INDEX調査のポイント調査詳細調査方法調査のポイント・交際経験ゼロの男女、3人に1人がお酒を「まったく飲まない」 ・モテ男は「焼酎」「ウイスキー」、モテ女は「ワイン」が好き調査詳細前回、お酒を飲む頻度や好きなお酒と年収との関係について調査したレポートを公開しました。今回はお酒を飲む頻度や好きなお酒の種類がこれまでの交際人数と関係があるかどうか、調べてみました。・交際経験ゼロの男女、3人に1人がお酒を「まったく飲まない」 男女別に交際したことがある人数を聞き、お酒を飲む頻度とクロス集計した結果が

2015年3月24日主婦と生活社フィードバック数:0エンタテインメント

『マッサン』好きな男性キャラ1位はマッサン押さえあの人

ついに最終週に突入した朝ドラ『マッサン』。エリーを一途に愛したマッサンが素敵だったのは言うまでもない。しかし、ほかにも個性的で魅力的な男性キャラクターが次々と登場し、盛り上がりと高視聴率にひと役買っていたのは間違いない。 そこで本誌は、「マッサンをよく見ていた」という1000人にアンケートを実施。魅力的だった男性キャラクターについて調査した。 調査結果は、アンケート調査を行うジャストシステムと本誌ニュースサイト『週刊女性PRIME』で回答してもらったもの。 1位に輝いたのは、大阪編で『鴨居商店』

2015年3月15日アサヒビール★フィードバック数:0ライフスタイル

ウイスキーについての調査です。

ここ最近、ウイスキーを飲む機会が増えた?

ここ最近、ウイスキーを飲む機会が増えた? ここ数年で、居酒屋メニューの中に「ハイボール」を目にする機会が増えました。おそらく外飲みでも、ご自宅の晩酌でもハイボールをはじめ、水割りやロックなど、多様な飲み方でウイスキーを楽しんでいるという人が結構増えているのではないでしょうか。そこで今回は「ウイスキー」をテーマに、日ごろの皆さんの飲用頻度やシーンなど、ウイスキーの魅力について聞きました。調査概要調査対象:全国の20歳以上の男女有効回答数:1,314人調査方法:インターネット調査調査期間:2015年

2014年1月29日日経BPフィードバック数:0大型消費/投資

バレンタイン、チョコ以外で喜ばれるのは?

前回に引き続き、バレンタインデーにまつわる男性の本音に迫ります。働き女子としては、手軽で喜ばれるアイテムが見つかれば準備がラクラク。今回のアンケート結果に注目です。<アンケート概要>年齢:19歳以下 0%/20~24歳 2.9%/25~29歳 5.7%/30~34歳 5.7%/35~39歳 17.1%/40~44歳 12.9%/45~49歳 20.0%/50~54歳 15.7%/55~59歳 8.6%/60歳以上 11.4% 実施期間:2013年12月04日(水)~2014年01月05日(日)有

2013年12月25日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 洋酒(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ洋酒飲用者は3割強。「ジャパニーズ・ウイスキー」「スコッチ・ウイスキー」「バーボン」などが上位。飲用頻度は男性の方が高い 洋酒を自宅で飲むことが多い人は6割強。自宅で洋酒を飲みたい気分なのは「リラックスしたい」が最も多く、「気持ちを軽くしたい」「ストレスを解消したい」が続く 洋酒購入者は全体の5割弱。購入時の重視点は「価格」「味」「銘柄」が上位3位。「銘柄」は男性が女性を約15ポイント上回る ハイボール飲用経験者は3割強。ハイボール認知者が

2013年8月9日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

世界に飛躍する日本の酒

酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ8月】 2013年8月9日 酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ8月】 2013.08.10株式会社酒文化研究所「世界に飛躍する日本の酒」(酒文化研究所モニターアンケート調査より “酒飲みのミカタ”~8月号 タイトル 「世界に飛躍する日本の酒」今秋以降いよいよTPP交渉も本格化してきます。日本からの輸出というとハイテク製品や自動車などに重点がおかれがちですが、日本酒をはじめ日本産の酒類(ワインやウイスキーも含めて)の輸出も増えており、政府もクー

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

ウイスキーの似合う著名人は?(2004/02)

【第19回】アンケート結果:2004年1月21日〜1月27日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数) 4,217人 皆さんは、ウイスキーの似合う「大人」へ憧れを感じたことはありませんか?都会的な香りのするスマートさ、落ち着きや色気など、自分にはない「何か」をそこに見いだすのかもしれません。そこで今回は、琥珀色に隠されたウイスキーのイメージを探るべく、皆さんにウイスキーの似合う著名人についてお尋ねしました。 男性1位は、誰もが納得の「高倉健」さんでした。「飾らないところ」(男

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

ウイスキーが飲みたくなる時とは?(2005/02)

【第72回】アンケート結果:2005年2月9日〜2月15日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)6,188人 ビール派、焼酎派、日本酒派にワイン派、えー、それから忘れはならないのがウイスキー派。ウイスキーといえば、以前は海外旅行の土産ぐらいでしか手に入らなかった高級品でしたが、ここ最近では酒税法の改正等で比較的安く入手できるようになり、より身近なお酒に近づいたのではないでしょうか?とはいえ度数の高いお酒ですから、ビールやチューハイ感覚で飲むわけにはいきませんよね。そこで今回は

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

蒸溜酒は好き?(2006/01)

【第120回】アンケート結果:2006年1月25日〜1月31日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数) 5,570人 酒類業界ではウイスキー、特に熟成させた原酒「シングルモルト」の販売量が前年に比べて大幅に増加しています。一時期はアルコール度数の高い「蒸溜酒」離れが進む傾向があったものの、ここ最近では20度、25度以上の焼酎が若い女性たちに大人気になっているなど、酒類の嗜好にも大きな変化が起きていることがうかがえます。そこで今回は、皆さんに蒸溜酒の代表である「焼酎」と「ウイスキ

2013年7月16日酒文化研究所フィードバック数:2ライフスタイル

酒飲みのミカタ7月【アフター晩酌の酒】

酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ7月】 2013年7月12日 酒文化研究所アンケート調査【酒飲みのミカタ7月】 2013.7.12.株式会社酒文化研究所酒飲みのミカタ7月【アフター晩酌の酒】酒文化研究所 “酒飲みのミカタ”~7月号酒文化研究所が実施するアンケート調査「酒飲みのミカタ第7回」は、「アフター晩酌の酒」を取り上げました。「サザエさん」の時代は、つまみを食べながら晩酌をスタートし締めでご飯という流れが多かったようですが、現代では晩酌と同時に食事もする方が一般的です。むしろ食

2012年1月5日マイボイスコムフィードバック数:3ライフスタイル

マイボイスコム 洋酒(第2回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ洋酒飲用者は3割。飲用者のうち月1回以下飲用者が半数弱。家で飲む人は、洋酒飲用者の6割 洋酒のおつまみは「チーズ類」「ナッツ類、豆類」「チョコレート、チョコレート菓子」「サラミ、ソーセージ、ハム、ジャーキーなど」などが上位 直近1年間のハイボール飲用経験は4割弱。2009年調査時より飲用経験、認知率ともに増加。「男性向け」のイメージは大幅減 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネッ

2010年10月26日アイシェアフィードバック数:3ライフスタイル

ハイボールに関する意識調査

ハイボールに関する意識調査 女性の多くが「ハイボールは流行以降から!」~女性と若い世代にハイボールの“チョイ飲み”派多数近ごろ、昭和に流行したウイスキーの「ハイボール(ソーダ割り)」に、再び人気が集まっていると言われているが、実際のところはどうだろうか?ネットユーザーに調査を実施し、20代から40代の男女495名の回答を集計した。頻度や場所を問わず、お酒を飲むことが「ある」とした279名(56.4%)に、ハイボールを飲むことがあるか尋ねたところ、44.4%(124名)が「ある」と回答。女性の35

2009年8月24日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

ウイスキーについての調査

2009年08月17日アサヒビール株式会社ウイスキー市場に復調の兆し 2人に1人が「ウイスキー好き」愛飲者の3人に1人が「最近ウイスキーを飲む機会が増えた」〜 アサヒビール(株) お客様生活文化研究所が調査を実施 〜  アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 荻田伍)のお客様生活文化研究所は、本年8月5日(水)〜8月11日(火)にインターネットでウイスキーについて調査を実施し、3706人の有効回答を得ました。結果は下記のとおりです。 ウイスキーは、年齢とともに「憧れのお酒」から「実際に飲むお酒」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ