調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ウェアラブル端末

「ウェアラブル端末」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月18日GfKフィードバック数:0デジタル家電

ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査

「ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、ウェアラブル端末※1の販売動向※2、および購入・利用実態調査※3の結果を発表した。 【概要】・2015年度のウェアラブル端末の販売台数は前年の1.8倍。高機能モデルの伸長により平均単価は5割上昇。・今後の購入は女性、中高齢者など幅広い層へ。 【ウェアラブル端末の販売数は前年比83%増 】2015年度(2015年4月~2016年3月)のウェアラブル端末販売は、参入メーカーと発売モデルの増加により、数量前年

ウェアラブル端末の今後1年以内の購入意向率は8%。購入したいタイプは「腕時計型」が人気

ウェアラブル端末の今後1年以内の購入意向率は8%。購入したいタイプは「腕時計型」が人気。 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:遠藤 敏之)は、スマートフォンユーザーおよびタブレットユーザーにおけるアプリや専用サイトなどのコンテンツの利用状況を把握する調査レポート「スマコン(SmartDevice Contents Report)vol.09」を2015年10月中旬にリリースするにあたり、スマートデバイスユ

2015年7月16日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

マイビッグデータに関する意識調査

博報堂生活総研、“マイビッグデータ”に関する 意識調査を実施2015年7月16日博報堂生活総合研究所(所長:石寺修三)は自分自身の身体に関する大量の情報「マイビッグデータ(※)」に関する意識調査を実施いたしました。本調査は、ウェアラブル端末や遺伝子検査など、デバイスや解析技術の発展・浸透によって飛躍的に増加が見込まれる、これまで知ることができなかった自分自身の情報、マイビッグデータに対する生活者の意識について調査・分析をしています。マイビッグデータは、多くの生活者からは「自分が気づかない身体の状

2015年5月29日GfK★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握するためCookieを使用しています。 これはサイトの品質向上を目的としています。当社ウェブサイトを閲覧することにより、当社のCookie利用に同意するものとします 詳細

2015年2月25日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

ウェアラブル機器についての調査です。

2015年ウェアラブル端末に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 認知度が一番高いウェアラブル端末は「Google Glass」で70.6%、「Apple Watch」は57.6% 認知度が一番高いウェアラブル端末は「Google Glass」で70.6%、「Apple Watch」は57.6% MMD研究所は、2015年2月13日~2月15日にかけて15歳以上の男女2,203人を対象に「2015年ウェア

2015年2月5日MM総研フィードバック数:0モバイル

日米におけるウェアラブル端末の市場展望

日米におけるウェアラブル端末の市場展望――日米消費者調査の結果から 2015年02月05日■ 日本の市場規模は2015年度134万台、2020年度に573万台に拡大すると予想 ■ ウェアラブル端末の知名度は日本48.9%、米国94.2% ■ 期待する企業は日米ともにグーグル、アップル。日本ではソニーも上位に ■ 日米ともに情報漏えい・プライバシー侵害が課題に  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は2月5日、身に着けるコンピュータ「ウェアラブル端末」について、消費者調査や企業へのインタビュー

2014年6月24日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

ウェアラブル端末についての調査です。

ウェアラブル端末に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > ウェアラブル端末「知らない」が60.2%、「利用したいと思う」が1割にとどまる ウェアラブル端末「知らない」が60.2%、「利用したいと思う」が1割にとどまる MMD研究所は、2014年6月10日~6月14日にかけて、18歳以上の男女2,017人にウェアラブル端末に関する調査を実施いたしました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ ウェ

2014年5月27日野村総合研究所フィードバック数:0モバイル

2019年度までのITロードマップをとりまとめ

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 CSRの取り組みTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2014年3月5日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

メガネVS時計!「ウェアラブル端末」で使ってみたいのはどっち?

メガネVS時計!「ウェアラブル端末」で使ってみたいのはどっち? 老後に生活するなら?老後に生活するなら「都市」と答えた人は57%、「田舎」と答えた人は43%という結果になった。「都市」派のコメントで最も多かったのは、田舎における交通機関の乏しさや、商店など生活環境の不便さが、老体に厳しいのでは?と不安視するものだ。どうしても現在暮らしている都市部での生活と比較してしまい、今の快適さを手放したくない、という人が多いようだ。逆に「田舎」派の多くは、現在都市部で生活している人が、その喧噪から逃れて生

2013年情報通信業界の十大ニュース

2013年情報通信業界の十大ニュース(株)情報通信総合研究所 グローバル研究グループ 清水 憲人 2013年も残りあとわずか。いつものように、個人的に印象に残った情報通信業界の出来事を振り返りつつ、年末を締めくくりたい。第10位 ドコモがiPhone発売。そして中国移動も毎年のように「もうじき出るぞ」と噂されつつ、なかなか実現しなかったドコモのiPhone(5S及び5C)が、今年9月についに発売された。どのような販売条件が課されたのかは不明だが、ユーザー獲得競争においてソフトバンクとauに押

2013年12月25日MM総研★フィードバック数:0デジタル家電

日米の対比になっています。

日米におけるウェアラブル端末の市場展望

日米におけるウェアラブル端末の市場展望――日米消費者調査の結果から 2013年12月25日■ ウェアラブル端末の知名度は日本27.9%、米国83.4% ■ 期待する企業は日米ともにグーグル、アップル。日本ではソニーも上位に ■ 重視するデザインは日本では周囲に溶け込むもの、米国は個性的なもの ■ 日本の市場規模は2014 年度111 万台、2020 年度に604 万台に拡大すると予想  MM総研(東京都港区 代表取締役所長:中島洋)は12 月25 日、身に着けるコンピュータ「ウェアラブル端末」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ