調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ウェブアクセシビリティ

「ウェブアクセシビリティ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ウェブアクセシビリティの全ページ調査【国(府省庁等)】

アライド・ブレインズは技術と人との関係を見つめて、これからのビジネス社会を提案するコンサルティング・ファームです。 【プレスリリース】 報道関係者各位2015年3月12日アライド・ブレインズ株式会社 印刷用リリース(PDF形式、267KB)この度、国(府省庁、国会、裁判所等)のホームページ50サイトの全ページを対象に、高齢者・障害者のホームページ利用への配慮(ウェブアクセシビリティ)に関するJIS規格(JIS X 8341-3:2010)への対応状況について検証プログラムを用いて調査しました。

政党ホームページの8割以上がJIS規格最低基準を満たさず

アライド・ブレインズは技術と人との関係を見つめて、これからのビジネス社会を提案するコンサルティング・ファームです。 【プレスリリース】 報道関係者各位2013年7月2日アライド・ブレインズ株式会社 印刷用リリース(PDF形式、394KB)アライド・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:大野勝利、以下、アライド・ブレインズ)は、この度、政党のホームページ11サイトの全ページを対象に、高齢者・障害者のホームページ利用への配慮(ウェブアクセシビリティ)に関するJIS規格(JIS X 834

ウェブアクセシビリティの全ページ調査結果【都道府県編】

アライド・ブレインズは技術と人との関係を見つめて、これからのビジネス社会を提案するコンサルティング・ファームです。 【プレスリリース】 報道関係者各位2013年6月27日アライド・ブレインズ株式会社 印刷用リリース(PDF形式、445KB)アライド・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:大野勝利、以下、アライド・ブレインズ)は、この度、都道府県のホームページの全ページを対象に、高齢者・障害者のホームページ利用への配慮(ウェブアクセシビリティ)に関するJIS規格(JIS X 8341-

ウェブアクセシビリティの全ページ調査【国(府省庁等)】

アライド・ブレインズは技術と人との関係を見つめて、これからのビジネス社会を提案するコンサルティング・ファームです。 【プレスリリース】 報道関係者各位2013年6月20日アライド・ブレインズ株式会社 印刷用リリース(PDF形式、485KB)アライド・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:大野勝利、以下、アライド・ブレインズ)は、この度、国(府省庁、国会、裁判所等)のホームページ50サイトの全ページを対象に、高齢者・障害者のホームページ利用への配慮(ウェブアクセシビリティ)に関するJI

国のホームページのウェブアクセシビリティに関するJIS規格への対応状況

アライド・ブレインズは技術と人との関係を見つめて、これからのビジネス社会を提案するコンサルティング・ファームです。 【プレスリリース】 報道関係者各位2012年7月3日アライド・ブレインズ株式会社アライド・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:大野勝利、以下、アライド・ブレインズ)は、この度、国(府省庁、国会、裁判所等)のホームページ49サイトの全ページを対象に、高齢者・障害者のホームページ利用への配慮(ウェブアクセシビリティ)に関するJIS規格(JIS X 8341-3:2010)

自治体ウェブサイトの改正JIS規格対応、多くの団体で問題あり

アライド・ブレインズは技術と人との関係を見つめて、これからのビジネス社会を提案するコンサルティング・ファームです。 【プレスリリース】 報道関係者各位2010年9月30日アライド・ブレインズ株式会社アライド・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:内田 斉、以下アライド・ブレインズ)は、「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 自治体編第5回」を実施し、この度調査結果を発表いたします。本年8月20日にウェブアクセシビリティ(高齢者や障害者を含めた誰もがウェブを利用できること)に

官公庁・独立行政法人・特別民間法人ウェブサイトのクオリティ調査

アライド・ブレインズは技術と人との関係を見つめて、これからのビジネス社会を提案するコンサルティング・ファームです。 【プレスリリース】 報道関係者各位2010年7月23日アライド・ブレインズ株式会社アライド・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:内田 斉、以下アライド・ブレインズ)は、2010年6〜7月に実施した「A.A.O.ウェブサイトクオリティ実態調査 官公庁編 第4回」の調査結果を発表いたします。この度の調査では、対象179サイト中98サイト(約55%)が、アクセシビリティ

自治体ウェブサイト運営状況の実態調査

アライド・ブレインズは技術と人との関係を見つめて、これからのビジネス社会を提案するコンサルティング・ファームです。 【プレスリリース】 報道関係者各位2009年12月1日アライド・ブレインズ株式会社アライド・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:内田 斉、以下アライド・ブレインズ)は、2009年6月から8月にかけて、「第1回 公共機関ウェブサイトの運営に関するアンケート調査」を実施し、全国853の自治体を対象に、ウェブサイトの運営体制やアクセシビリティに関する取り組み、運営上の課

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ