調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ウクライナ

「ウクライナ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシア、主要3社中2社の格付が『投資不適格』に ~ウクライナを巡る動きも不透明な中、一段と苦境に立たされる可能性~

ロシア、主要3社中2社の格付が『投資不適格』に ~ウクライナを巡る動きも不透明な中、一段と苦境に立たされる可能性~

2014年11月20日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

【ウクライナ】紛争下で改革に取り組む

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【ウクライナ】紛争下

「独り勝ち」ドイツのマイナス成長の波紋

「独り勝ち」ドイツのマイナス成長の波紋 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 「独り勝ち」ドイツのマイナス成長の波紋「独り勝ち」ドイツのマイナス成長の波紋 経済研究部 上席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今年4~6月期のユーロ圏の実質GDPは前期比ゼロとなり、13年4~6月期からの回復が途切れた過剰債務問題で深刻な

2014年9月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナ不安のなか原油価格はなぜ下がるのか

リサーチ TODAY2014 年 9 月 8 日ウクライナ不安のなか原油価格はなぜ下がるのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創足元の原油価格を見ると、ウクライナ問題等の地政学的なリスクが高まるなかでも、軟調相場が続いている。一般的に、これまでの原油市場では地政学的不安が原油の供給減の要因として意識され、価格上昇という反応がみられることが多かった。一方、最近のウクライナ問題は、不安の高まりに伴い世界の需要の低下が懸念され、価格低下の要因として受け止められていることが注目される。下記の図表は

足元の欧州景気について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月15日14日に発表されたユーロ圏の4-6月期GDP成長率(速報値)は、前期比横ばいにとどまりました。ドイツやイタリアでマイナス成長となったことが、全体での景気回復の勢い鈍化につながりました。ただし、ユーロ圏景気のけん引役となってきたドイツが今回、マイナス成長に転じた主な背景は、暖冬の影響で1-3月期に高めの成長となった反動の影響と考えられています。また、スペインのように、これまで金融支援を受けてきた国で成長加速を続ける国も確認

2014年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナとロシアからは大幅な資金流出

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ウクライナとロシアからは大幅な資金流出BIS報告銀行による国際与信残高統計 ◆2014年3月末の国際与信残高は26兆1,151億ドルと前期差+9,076億ドル(前期比+3.6%)で2四半期ぶりの増加となった。◆与信側(銀行側)から見ると、前期と比べて欧州の銀行、米銀、邦銀共に与信残高を増加させた。欧州の銀行、米銀の現時点の貸出基準は、歴史的に見て緩和された状態にある。◆与信受入側では、懸念されるウクラ

コモディティ・レポート (2014年5・6月)

I.コモディティ市況全般: 5月にやや下落後、6月は再び上昇ドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・ジェフリーズCRB指数は、再び上昇してきている。マクロ経済的な要因に加えて、イラクやウクライナなど地政学要因や、インドネシアの禁輸措置や中国の青島港での不正取引の捜査といった個別要因も相場変動の材料となっている。強弱様々な要因が混在しているが、世界景気が回復する中で、地政学要因も意識され、商品市況はやや上昇しやすい状況が続きそうだ。II.エネルギー市況: イラク情勢の緊迫化を受けて上昇ブレン

けいざい早わかり 2014年度第3号:足元の欧州の経済・金融情勢について

Q1.欧州の景気は順調に回復しているのでしょうか? Q2.信用不安はどのような状況にあるのでしょうか? Q3.他にも懸念材料はありませんか? Q4.ECBの金融政策とユーロの見通しについて教えて下さい Q5.ウクライナ情勢は欧州経済にどのような影響を与えるでしょうか?

2014年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 ウクライナ・ドブロトブリスカ石炭火力発電所 増設プロジェクト調査

平成25年度 ウクライナ・ドブロトブリスカ石炭火力発電所 増設プロジェクト調査

2014年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年5月7日~) ~頭の重いウクライナ~

Weekly Market Report(2014年5月7日~) ~頭の重いウクライナ~

コモディティ・レポート (2014年3・4月)

I.コモディティ市況全般: 3月に一進一退後、4月は上昇ドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・ジェフリーズCRB指数は、上昇傾向で推移している。マクロ的な要因に加えて、ウクライナ情勢などの地政学要因や、インドネシアの禁輸措置やLME倉庫の規制改革の動向といった個別要因も相場変動の材料となっている。強弱様々な要因が混在しているが、世界景気が回復する中で、地政学要因も意識されるため、総じて言えば、やや上昇しやすい状況が続きそうだ。II.エネルギー市況: ブレント原油は一進一退、WTI原油はや

マーケットレター【ロシアの格下げと最近のウクライナ情勢について】

マーケットレター【ロシアの格下げと最近のウクライナ情勢について】

寒波の影響が和らぐ米国経済

情勢判断海外経済金融寒 波 の影 響 が和 らぐ米 国 経 済木村 俊文要旨米国では、住宅関連など弱い指標も散見されるが、消費や生産関連の経済指標が復調するなど、寒波による悪影響が和らぎ、景気に対する楽観的な見方も出てきた。一方、金融市場では、FOMC 議事要旨や FRB 議長の発言を受けて早期利上げ観測が後退した。経済指標は一部復調の動きった。天候要因による反動増の側面があ最近発表された米経済指標は、寒波のるとはいえ、引き続き生産の増勢が続け影響が和らぎ、回復の動きを示すものがば、設備稼働率が

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済3 月 18∼19 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル)、14 年 2 月(650 億ドル)に続けて縮小し、4 月から 550 億ドルとすることを決めた。一方、政策金利(0∼0.25%)については、労働市場のほか、インフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情報を幅広く考慮し、インフレ率が引き続き FOMC の中長期目標である

2014年4月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナ問題は長期化 ~まだ気は抜けない~

ウクライナ問題は長期化 ~まだ気は抜けない~

ロシア:エネルギーから見たウクライナ問題

エラーが発生しました。オペレーションエラー。不正なアクセスです。ページは存在しないか、表示権限がありません。 エラー番号:-999

Weekly金融市場 2014年4月18日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 4 月 18 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫消費税増税後の物価動向が明らかに7∼8 日に開催された日銀金融政策決定会合後の記者会見で、黒田総裁はほぼ想定通りの物価で推移しているとし、現時点で追加緩和の必要性を否定した。同時に、日銀独自で物価動向をモニタリングしていることも表明し、4 月分から日銀金融経済月報や展望レポートの発表に合わせて消費税増税の影響を除いたベースの数値を公表する予定であり、物価に対する

ドル高再開はいつか?~マーケット・カルテ5月号

ドル高再開はいつか?~マーケット・カルテ5月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル高再開はいつか?~マーケット・カルテ5月号 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ドル円相場は月初に104円間際に達した後反転、足元では101円台に下落している。ウクライナ情勢の緊迫化や米株価の調整で、リスク回避の円買いが優勢となった。また、8日の黒

原油市場他:米国でのガソリン在庫減少に加え、ウクライナを巡る懸念が市場で再燃したこともあり、原油価格に上方圧力

エラーが発生しました。オペレーションエラー。不正なアクセスです。ページは存在しないか、表示権限がありません。 エラー番号:-999

2014年4月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

4月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 内外情勢見極める局面、金融政策に留意日経平均株価3月末14,827.83円前月末比-0.09%【先月の回顧】3月の国内株式市場は、一進一退で推移しました。ウクライナ情勢の緊迫化などで、株価は月初に下落しましたが、プーチン露大統領がウクライナへの軍事介入は当面不要との立場を示したことで、軍事衝突への懸念が後退し、株価は上昇しました。しかし中旬は、欧米諸国が反対する中、ロシアがクリミアの編入を強行したことや、中国の1~2月主

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ~経済・金融の動向~米国金融・経済3 月 18~19 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル)、14 年 2 月(650 億ドル)からさらに縮小し、4 月から 550 億ドルとすることが決まった。また、政策金利(0~0.25%)については、労働市場のほか、インフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情報を幅広く考慮し、インフレ率が引き続き FOMC の中長期目標であ

今月の経済・金融情勢2014年3月24日号

2014.3.24今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年3月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 4 年 3 月1.米国では、3月18~19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル)を、13年12月(750億ドル)、14年2月(650億ドル)からさらに縮小し、4月

Weekly金融市場 2014年3月20日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 3 月 20 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫ウクライナ情勢を巡る首脳外交が行われる24~25 日にオランダ・ハーグで開催される核安全保障サミットに併せて、ロシアを除く G8(G7)臨時首脳会議や米・EU 首脳会議などが開催される。対ロシア制裁や今後の対応について協議するものとみられるが、過度な制裁は、欧米各国のエネルギー安全保障を脅かしかねず、慎重に議論を重ねるとみられる。ウクライナ情勢はこう着した状況が

2014年3月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:3月ドイツZEW景況感 ~ウクライナ緊迫化の波紋はここにも~

欧州経済指標コメント:3月ドイツZEW景況感 ~ウクライナ緊迫化の波紋はここにも~

2014年3月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 引火しないことを祈る

Global Market Outlook引火しないことを祈る2014年3月17日(月)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:04 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値14277.6716,065.679,056.416,527.894,216.37101.53 円1.3901 ㌦0.6252.

2014年3月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

クリミア住民投票後の展開 ~経済戦争を回避できるか、ロシアの次の一手が鍵~

World Trendsクリミア住民投票後の展開発表日:2014年3月17日(月)~経済戦争を回避できるか、ロシアの次の一手が鍵~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 16日に行われたクリミアの住民投票では過半数がロシアへの編入を支持した。クリミアの帰属を巡っては、ロシアがクリミアの独立を承認する一方、ウクライナの暫定政府や欧米諸国が独立を認めないまま、事実上ウクライナから独立した状態でロシア軍による実効支配下に置かれることになろう。ロシア政府は近く

2014年3月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ロンドン報告、ウクライナ問題の本質はなにか

ロンドン報告、ウクライナ問題の本質はなにか

本日の日本株式市場の下落について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月14日14日の日本株式市場は、日経平均株価が前日比488円(3.3%)安の14,327円となるなど大幅下落で取引を終えました。前日の欧米の株式市場が、ウクライナ情勢の緊迫化などを背景に大幅下落した流れを受けたほか、投資家のリスク回避姿勢が強まり、円相場が1米ドル=101円台に上昇したことも影響しました。ウクライナ情勢の緊迫化の背景には、ウクライナ南部のクリミア自治共和国で16日にロシア編入の是非を問う住民投票が実施された場合、

Weekly金融市場 2014年3月14日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 3 月 14 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫米 FOMC 開催:今回も 100 億ドル減額の見通し、イエレン FRB 議長の記者会見に注目米 FOMC が 18~19 日に開催される。2 月の雇用統計は市場予想を上回る改善となり、寒波の影響も懸念されただけに、米雇用環境の力強さが確認される結果となった。このため、FOMC 開催のたびに減額している資産買い入れ額は、今回も 100 億ドルの減額を決定するとの

金融市場の動き(3月号)~通貨のパワーバランスを再考

金融市場の動き(3月号)~通貨のパワーバランスを再考 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(3月号)~通貨のパワーバランスを再考 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替・株) ドル円は足元103円付近まで回復してきているが、年初の105円台には距離があり、上値の重さは否めない。この原因は、主にドルの反発力が見られない

2014年3月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナ情勢緊迫化による世界経済への影響-天然ガスの供給ショックがなければ影響は軽微

ウクライナ情勢緊迫化による世界経済への影響-天然ガスの供給ショックがなければ影響は軽微

2014年3月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシアがウクライナへの介入を強める背景とは ~ロシア経済の存在感のさらなる低下に拍車を掛ける懸念も~

ロシアがウクライナへの介入を強める背景とは ~ロシア経済の存在感のさらなる低下に拍車を掛ける懸念も~

マーケットレター【ウクライナ情勢とロシア金融市場の動向について】

ウクライナ情勢とロシア金融市場の動向について2014年3月4日国内政治情勢の混乱が続いていたウクライナに対して、隣国ロシアが軍事介入も辞さない構えを示しており、事態は緊迫化の度合いを高めています。こうしたウクライナ情勢の緊迫化を受けて、ロシアの金融市場は、投資家のリスク資産回避の動きが強まり、急速な資金流出が起こったため、混乱しています。3月3日(現地、以下同様)のロシア株式市場は急落、ロシア・ルーブルは対米ドルで過去最安値を更新しました。ロシア中央銀行は、ルーブルの急落を受けて、市場予想外の主

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

EUへの加盟を目指すウクライナとロシアの思惑

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 EUへの加盟を目指すウクライナとロシアの思惑 2014年2月27日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆ウクライナではヤヌコビッチ政権が崩壊し、野党トゥルチノフ大統領代行がEU加盟を目指す旨発表しているが、国内での親欧州派・親ロシア派間の対立が続き情勢は依然として不透明である。◆ウクライナ暫定政権がEU加盟を熱望している背景はEU域内の労働市場が開放される点にあると考えられるものの

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成23年度発電用原子炉等利用環境調査(スリーマイル島及びチェルノブイリ原子力事故等に関する調査)報告書

平成 23 年度平成23年度発電用原子炉等利用環境調査(スリーマイル島及びチェルノブイリ原子力事故等に関する調査)報告書平成 24 年 3 月-i-要旨東京電力福島第一原子力発電所の事故(以下、「東電福島事故」という。)において、事故収束、除染及び廃炉作業に多くの時間及び費用が費やされることが推察される。このような商業用原子力発電所事故の前例は極めて尐なく、米国スリーマイル島原子力発電所2号機及び旧ソ連(現在のウクライナ)チェルノブイリ原子力発電所4号機の2例のみである。これら事故の進展、原因究

2013年7月4日JETROフィードバック数:2製造業/エレクトロニクス海外

ロシアCISの鉄鋼産業(2013年7月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 ロシア含むCIS圏

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ