調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ウクライナ危機

「ウクライナ危機」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年5月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年5月)ウクライナ危機と中国リスクをどう見るか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2014年5月)ウクライナ危機と中国リスクをどう見るか~新興国の経常収支は中期的に改善の方向~ ◆短期的なアップダウンはさておき、グローバルなリスク許容度は好転の方向にあり、新興国を取り巻く外部環境は改善している。多くの国で見られ始めている経常収支赤字の縮小は、中期的なトレンドとなる可能性が高い。緊縮財政等を背景とする欧米の経常収支黒字化(赤字縮小)の圧力が緩和しつつあるからだ。◆ウ

2014年3月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナ危機により、東(アジア)へ向かうロシアマネー

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ウクライナ危機により、東(アジア)へ向かうロシアマネー追加制裁への対策を急ぐロシア金融市場 2014年3月28日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆3月16日、クリミア自治共和国で、ロシアへの編入の是非を問う住民投票が開票され、圧倒的多数で編入が支持される結果となった。直前まで大きく下落していたロシア株式市場では、(住民投票直前の)米露会談の中で西側の明確な制裁内容が提示されなか

2014年3月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年3月)ウクライナ危機の敗者はロシア

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2014年3月)ウクライナ危機の敗者はロシア~進む「フラジャイル5」の死語化~ ◆プーチン政権の本質はポピュリズムにあり、ロシアに「経済よりも政治」を貫く余裕はない。「ウクライナ危機」が「ロシア危機」に転化するリスクは回避しよう。◆「ウクライナ危機」が「ウクライナ危機」に留まる限り、新興国全般へのインパクトは軽微である。むしろ最近は、インド、インドネシアなど「フラジャイル」脱却の動き

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ