調査のチカラ TOP > タグ一覧 > エコノミスト

「エコノミスト」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ミャンマーとカンボジアにおけるCQM構築の可能性調査(2014年度)

この研究成果の研究プロジェクト研究プロジェクト日米の超短期経済予測 [ 2014年度/アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 ]Abstract/Keywords景気転換点、超短期予測、数値、トレンドリサーチリーダー 主席研究員 熊坂侑三 ITeconomy CEO 研究目的 日米の超短期予測の精度をより高め、今四半期・次四半期の経済動向を他のエコノミストができない「数値」と「トレンド」で常に語ることを目的とする。 研究内容 日米の超短期予測を週次ベースで実施する。超短期予測による簡潔でタイムリー

2015年5月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP一次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年1-3月期GDP一次速報内需の二本柱を中心に景気回復を確認させる内容 2015年5月20日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2015年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.4%(前期比+0.6%)となった。プラス成長は2四半期連続であり、日本経済が緩やかな持ち直しを続けていることを再確認させる結果と言える。①経済の成長ペースが前期より加速したこと、②市場

2015年4月30日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年3月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月鉱工業生産輸出主導による一旦の底入れを示唆する内容 2015年4月30日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 小林 俊介◆2015年3月の生産指数は、前月比▲0.3%と2ヶ月連続の低下となったものの、市場コンセンサス(同▲2.3%)や前月時点での予測調査(同▲1.4%)に比べれば大きく上振れした。2014年8月を底とした緩やかな生産の増加傾向を確認させるポジティブな内容である。予測

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年1月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年2月27日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2015年1月の生産指数は、前月比+4.0%と2ヶ月連続の上昇となった。ヘッドラインが市場コンセンサス(同+2.7%)を上回る高い伸びとなったことに加えて、内訳を見ても幅広い業種で生産が増加するポジティブな内容であった。生産指数の3ヶ月移動平均値は前月比+1.4%と5ヶ月連続の上昇、上昇幅は前月から拡大しており、20

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する ここから本文です日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する景気は緩やかな回復軌道を辿る見通しだが、4つのリスクに要注意調査本部 常務執行役員 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸ニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 久後 翔太郎 サマリー◆:日本経済は、2014年1月をピークに景気後退局面入りしたとみられるものの、今回の景気後退は極めて短期間で終了した可能性が高い。

2014年10月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/9/20~10/21発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年10月21日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎永井 寛之◆8月の企業関連の指標は、弱い動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲1.9%と2ヶ月ぶりに低下した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比▲0.9%と低下した。機械受注(船舶・電力を除く民需。季節調整値)は、前月比+4.7%と3ヶ月連続で増加した。◆8月の家計関連の指標は、個人消費では

2014年8月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7月全国消費者物価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 7月全国消費者物価物価は底堅く推移、今後は頭打ち 2014年8月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年7月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+3.3%と、市場コンセンサス(同+3.3%)通りの結果となった。消費税を除くベース(大和総研による試算値、以下同様)でみると、前年比+1.4%と前月(同+1.3%)から上昇幅が小幅に拡大。季節調整値の推

2014年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

拡大しつつ変容するアメリカ人

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 拡大しつつ変容するアメリカ人アメリカ経済を知る! 第14回(最終回) 2014年6月26日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平上野 まな美1950年に約1億5,200万人であったアメリカの人口は増加が続き、2010年の国勢調査によると、約3億900万人となっています。この人口は世界第3位で、世界の5%程度に相当します。PRB(Population Reference Bureau)は

2014年6月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

エコノミストの視点:1-3月期に急増した設備投資の中身

エコノミストの視点:1-3月期に急増した設備投資の中身

2014年6月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

連邦政府の財政の概要

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 連邦政府の財政の概要アメリカ経済を知る! 第13回 2014年6月5日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平上野 まな美第11回では大統領制と連邦議会について、第12回では三大教書について説明をしてきました。今回は、連邦政府の財政の概要を見ていきます。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PD

2013年12月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

物価は経済の体温計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 物価は経済の体温計アメリカ経済を知る! 第8回 2013年12月5日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平上野 まな美消費者が購入する商品やサービスの価格は常に変動しており、日常生活と密接な関係があります。たとえば、ガソリンの値段が下がれば、値段が下がったことで余ったお金を他の消費に回すこともできます。企業にとっても、原材料の価格が下がれば生産コストが低下するため収益環境の改善につなが

2013年11月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

企業の景況感を表すISM指数

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 企業の景況感を表すISM指数アメリカ経済を知る! 第6回 2013年11月14日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平上野 まな美企業の景況感を知るための経済指標はいくつかありますが、代表的なものとして、非営利団体の全米供給管理協会(ISM :Institute for Supply Management)が発表するISM指数が挙げられます。 この記事を「お気に入りレポート」に登録して

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカンドリームを表す住宅市場

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカンドリームを表す住宅市場アメリカ経済を知る! 第4回 2013年10月31日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平上野 まな美アメリカンドリームとは何でしょう?アメリカでは、住宅を所有することもアメリカンドリームの一つと言われてきました。人々にとって住宅は一生で最も高額な買い物であり、最大の財産になり得ます。アメリカ経済においては、2012年の実質GDPに占める住宅投資の割合が

2013年10月10日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

エコノミストの視点:通貨急落国の外貨準備高

エコノミストの視点:通貨急落国の外貨準備高

2013年9月9日三菱東京UFJ銀行★フィードバック数:0エンタテインメント

GDPとオリンピックの関係を見ています。

エコノミストの視点:経済面からみた2020年東京オリンピックの期待度

エコノミストの視点:経済面からみた2020年東京オリンピックの期待度

2011年8月26日ダイヤモンド社フィードバック数:13社会/政治

【緊急特集】世界経済 複合危機!~連鎖暴落を引き起こした“構造問題”の正体 Part3 エコノミスト緊急アンケート

不安は瞬く間に伝播する。欧米債務問題を引き金としたリスク資産からの逃避の動きは世界を駆け巡り、同時株安を引き起こした。市場はその後、落ち着きを取り戻したかに見えるが、先行き不安の根は深い。欧米、新興国それぞれが構造問題とジレンマを抱え、抜け出すのは容易ではない。世界経済は複合危機に陥っている。 (「週刊ダイヤモンド」編集部 小栗正嗣、河野拓郎、竹田孝洋、前田 剛)欧米のソブリン危機がマーケットを襲い、世界経済を揺るがしつつある。エコノミストへの緊急アンケートを基に、2012年にかけての景気、株、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ